音楽情報・サービス

新着情報

feed

【Web音遊人】J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在 ⇒⇒⇒ ウィーンの音楽といえばオペレッタ(喜歌劇)とワルツ。ワルツといえば「ワルツの父」といわれる父ヨハン・シュトラウス1世、「ワルツ王」と呼ばれる息子ヨハン・シュトラウス2世をはじめとするシュトラウス一家が有名だ…(続きをみる)
2017年5月25日
【Web音遊人】J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在 ⇒⇒⇒ ウィーンの音楽といえばオペレッタ(喜歌劇)とワルツ。ワルツといえば「ワルツの父」といわれる父ヨハン・シュトラウス1世、「ワルツ王」と呼ばれる息子ヨハン・シュトラウス2世をはじめとするシュトラウス一家が有名だ…(続きをみる)

2017年5月22日
【Web音遊人】新特集「音楽ライターの眼」がスタートしました。※ヤマハサイト内「音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~」より音楽ライター記事、特集記事が「Web音遊人」に移行しました。

【Web音遊人】スタンダードジャズから吹奏楽ナンバーまで、20人の凄腕たちが魅せた熱いステージ/Z EXPRESS BIG BAND ⇒⇒⇒ 昨年秋に行われたイベント、「2016楽器フェア」を機に結成されたビッグバンド、Z EXPRESS BIG BAND の旗揚げ公演が4月22日、ヤマハ銀座スタジオで行われた。バンドの船出にふさわしく、豪華ゲストとの共演…(続きをみる)
2017年5月22日
【Web音遊人】スタンダードジャズから吹奏楽ナンバーまで、20人の凄腕たちが魅せた熱いステージ/Z EXPRESS BIG BAND ⇒⇒⇒ 昨年秋に行われたイベント、「2016楽器フェア」を機に結成されたビッグバンド、Z EXPRESS BIG BAND の旗揚げ公演が4月22日、ヤマハ銀座スタジオで行われた。バンドの船出にふさわしく、豪華ゲストとの共演…(続きをみる)

【Web音遊人】2017年ゴールデンウィーク直前を彩った日本武道館3連戦/ポール・マッカートニー、ドゥービー・ブラザーズ、サンタナ ⇒⇒⇒ 2017年のベテラン洋楽アーティストの来日ラッシュは、凄まじいものがある。ジェフ・ベックやジャーニー、ザ・ダムド、グラハム・ボネット、イエスfeat.アンダーソン・ラビン・ウェイクマン、エリック・マーティンなど、…(続きをみる)
2017年5月18日
【Web音遊人】2017年ゴールデンウィーク直前を彩った日本武道館3連戦/ポール・マッカートニー、ドゥービー・ブラザーズ、サンタナ ⇒⇒⇒ 2017年のベテラン洋楽アーティストの来日ラッシュは、凄まじいものがある。ジェフ・ベックやジャーニー、ザ・ダムド、グラハム・ボネット、イエスfeat.アンダーソン・ラビン・ウェイクマン、エリック・マーティンなど、…(続きをみる)

【Web音遊人】エレキといえばこれ!佐野史郎とエド山口が“テケテケ”の魅力を生サウンドで大研究 ⇒⇒⇒ ハワイアンやムード歌謡、ロカビリーなど、佐野史郎がホストとなって、「音楽の愉しみ方」をあらゆる角度から発見していくトークショー『音座銀座(On The Gin Za)』。2014年にスタートしてから13回目を迎えた春の宵…(続きをみる)
2017年5月16日
【Web音遊人】エレキといえばこれ!佐野史郎とエド山口が“テケテケ”の魅力を生サウンドで大研究 ⇒⇒⇒ ハワイアンやムード歌謡、ロカビリーなど、佐野史郎がホストとなって、「音楽の愉しみ方」をあらゆる角度から発見していくトークショー『音座銀座(On The Gin Za)』。2014年にスタートしてから13回目を迎えた春の宵…(続きをみる)

2017年5月15日
【MUSIC PAL】2017 ミュージックテクノロジー教育セミナー in 九州

【Web音遊人】作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード ⇒⇒⇒ アメリカの実力派ピアニスト、リチャード・グードは、J.S.バッハからベートーヴェン、ショパン、シューマン、ブラームスまで多様なレパートリーを誇り、いずれの作品も心に響く滋味豊かなピアニズムを聴かせる人である…(続きをみる)
2017年5月11日
【Web音遊人】作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード ⇒⇒⇒ アメリカの実力派ピアニスト、リチャード・グードは、J.S.バッハからベートーヴェン、ショパン、シューマン、ブラームスまで多様なレパートリーを誇り、いずれの作品も心に響く滋味豊かなピアニズムを聴かせる人である…(続きをみる)

【Web音遊人】ジョン・コルトレーン編 vol.5|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか? ⇒⇒⇒ ジョン・コルトレーンが“ジャズにとっての踏み絵だった”と主張するからには、彼がそれまでのジャズにはない異次元のアプローチを具現していたことを指摘しなければならない。…(続きをみる)
2017年5月11日
【Web音遊人】ジョン・コルトレーン編 vol.5|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか? ⇒⇒⇒ ジョン・コルトレーンが“ジャズにとっての踏み絵だった”と主張するからには、彼がそれまでのジャズにはない異次元のアプローチを具現していたことを指摘しなければならない。…(続きをみる)

2017年5月10日
「2017年度版ヤマハ学校用楽器・機器カタログ」訂正のご案内を掲載しました。

2017年5月10日
教育研究グループ Kinder音楽グルメの会「幼稚園・保育士の先生のためのリトミック・鍵盤ハーモニカ講座」のご案内

1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 次へ

ページトップへ戻る