音楽情報・サービス

新着情報

feed

【Web音遊人】「これが新妻聖子?」と思わせる声質と表現にこだわった、新たな挑戦/新妻聖子インタビュー
2017年7月13日
【Web音遊人】「これが新妻聖子?」と思わせる声質と表現にこだわった、新たな挑戦/新妻聖子インタビュー

ミュージカル界きっての歌姫であり、多岐に渡っての活躍が目覚ましい新妻聖子。舞台やテレビ番組などで、そのパフォーマンスに釘づけになった方も多いのではないだろうか。ますます注目を集める新妻だが、2017年7月12日…続きを見る

【Web音遊人】天上の響きを自宅で楽しめるとしたら!?進化するオルガンの魅力を掘り起こす
2017年7月12日
【Web音遊人】天上の響きを自宅で楽しめるとしたら!?進化するオルガンの魅力を掘り起こす

荘厳な響きと圧倒的な表現力で世界中の人々を魅了するパイプオルガン。多数のパイプを要するとても大きな楽器のため、教会やコンサートホールなどで目にすることが多い。一方で、近年では個人でオルガンを楽しむ人が増えているという。それはいったいどういうことだろう…続きを見る

2017年7月11日
教育研究グループ 音楽グルメの会 2017年夏期「音楽教育講座」のご案内

2017年7月11日
教育研究グループ Kinder音楽グルメの会「MUSIC SUMMER SEMINAR 2017」のご案内

【Web音遊人】アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」
2017年7月10日
【Web音遊人】アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

高い静謐性とアコースティックバイオリンに近い演奏感を同時に実現する「サイレントバイオリン™」。このサイレントバイオリンの最新モデル「YSV104」が2017年5月に発売されました。
ヤマハが最初のサイレントバイオリンを発表したのは…続きを見る

【Web音遊人】なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.2
2017年7月6日
【Web音遊人】なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.2

早速、前回の原稿に反応があった。
ただし、「ハードル、あるよね~」とか「んなもん、気にしすぎてるだけなのでは?」といった共感や反発ではない。
「あの文章こそコジレていて、よけいにジャズのハードルを上げることになっているのではないのか」という指摘だった…続きを見る

【Web音遊人】いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』
2017年7月6日
【Web音遊人】いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

音楽を言葉で表現するのは至難の業である。すばらしい演奏を聴いたとき、その思いは胸の奥の感動の泉を満杯にし、その泉は長い間枯れることなく、ずっと新鮮で清涼な水をたたえている…続きを見る

【Web音遊人】恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル
2017年7月5日
【Web音遊人】恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

イタリアバロック音楽演奏で世界的に活躍中の古楽合奏団、コンチェルト・イタリアーノがヤマハホールに初登場。マドリガルと呼ばれる世俗歌曲を、生誕450年のクラウディオ・モンテヴェルディ(1567~1643)の作品を中心にたっぷり披露した…続きを見る

【Web音遊人】今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」
2017年7月3日
【Web音遊人】今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

012年の突然の引退から3年の時を経て復帰、以来ライブツアーなどで精力的に全国をまわっているジャズピアニスト・大西順子さん。ジャズと出会ってから、一貫して追い続けてきた音や、20年を超えるキャリアの中で変わってきたという…続きを見る

【Web音遊人】音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン
2017年6月30日
【Web音遊人】音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

月に3度のレッスンに通うようになってから何年経つのだろうか。10年を超えているのは間違いない。アルトのサクソフォンをまったくのゼロからはじめ、また50代半ばという年齢もあって、最初のころは音がでるのかどうかも…続きを見る

1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 次へ

ページトップへ戻る