• mixiチェック

ソリューション

遠隔コミュニケーションでの「音」をクリアに

PCソフトベースのWeb会議、専用機器を使ったビデオ会議、電話回線での電話会議。遠隔コミュニケーションは、業務効率化・経費削減の目的で、企業にて導入されてきましたが、行政や金融機関での相談業務、教育現場での遠隔授業、対策本部と被災地をつないだ救助活動等、様々なところで活用されるようになってきています。

ここで最も重要なことは、話し手のメッセージを相手方に正確に届けることです。

システム内蔵のスピーカー依存なのでこれが限界と考えている方、せっかく外部スピーカーにつないだのに、音がまわりこんでほとんど使いものにならなかったという方、そんな音の問題でお悩みの方に、ぜひお奨めしたいのが、ヤマハの「音声コミュニケーション機器」です。

こんな場所で、こんな規模で

シチュエーションで探す
打合せの規模で探す
部屋 人数 構成機器例  
大規模 50名以上 YVC-1000+外部マイク+外部スピーカー 詳細こちら
中規模 40名~20名程度 YVC-1000+拡張マイク(+外部スピーカー*) 詳細こちら
中規模 20名~10名程度 YVC-1000+拡張マイク 詳細こちら
小規模 8名程度 YVC-1000 詳細こちら
小規模 6名~4名程度 YVC-300 詳細こちら
パーソナル 2名~1名程度 PJP-10UR 詳細こちら

* 外部スピーカーを使用することもできます

規模・シチュエーション別ソリューション [PDF 1.4MB]

  • mixiチェック

ページトップへ戻る