• mixiチェック

Takuro Sugawara(9mm Parabellum Bullet) meets THR

Takuro Sugawara(9mm Parabellum Bullet) meets THR Real!But Compact 気がつくと、夢中になってる。 By Takuro Sugawara

家で弾くならこのサイズ感がいいと思った

●THR10を使ってくださっているそうですがTHRとの出会いについて教えてください。 菅原:店頭で見たのかな?いや、いま思い出しました。いちばん最初はTRICERATOPSの和田唱さんが『面白いアンプがあったよ』って教えてくれたんです(笑)。たぶんTHRが出てすぐだったと思うんだけど、弾いたって言ってました。その後楽器店に行って実際に触ってみて、ああ、これはいいなぁと。

●ご自分で「買おう」と思ったのはどうしてですか。 菅原:アンプとは思えないこのサイズ感ですね。ステージではマーシャルを使っているんですけど、家で弾くギターアンプがほしかったんです。できるだけ圧迫感のないコンパクトなものがいいなと思って。

●音を出してみた時の印象はいかがでしたか。 菅原:良かったです。トーンを触るとちゃんと反応してくれるんですよ。チャンネルごとに反応もちゃんと違って。マーシャルってトーンのツマミをいじってもそんなについてこないところもあって、それが同時にマーシャルらしさなんですけど、家で演奏する時に、そんな頑固なヤツと付き合いたくないぞと思って(笑)。聞き分けがいいヤツがいいから。だからTHRはいいと思いました。

レコーディング期間中はTHRが朝練の友だった

●菅原さんにとって、THR10は家で弾くためのアンプなのでしょうか。 菅原:そのつもりで買いました。手に入れた頃はちょうど自分を鍛え直そうと思っていた時期だったので、自宅でギターをよく練習していたんです。練習と言っても曲の練習じゃなくて、基礎練習ですけどね。

●えっ、基礎練習をしているんですか。 菅原:そうです。前回のアルバムの制作中に気づいたことがあって、朝、家でギターの練習をしてからレコーディングスタジオに行くと、その日の録音があっという間に終わるんですよ(笑)。しかも録音する曲じゃなくて、基礎練習がいいんです。メトロノームを鳴らしてゆっくりしたテンポで1フレットずつ上がっていくような練習です。今回のニューアルバムのレコーディングの時も、THRは朝練の友でした。

●基礎練習の時はTHR10をどんな設定にするのですか。 菅原:チャンネルはCRUNCHで、ゲインをあまり上げず、ミスしたらすぐわかるようにTREBLEを上げて、あとはだいたいフラットです。こうすると弾いているニュアンスがよく出るし、高音が強調されているからピッキングのミスなんかがよく目立つんです。(ギターで音を出しながらTHR10のツマミを回して)こんな感じかな。基礎練習は自分に厳しい音じゃないと効果がないですね。

●(音を聴いて)弾いたそのままの音が出る設定ですね。 菅原:ちゃんと弾けばいい音になります。自分が弾いた音に正確に反応してくれる音です。THRは音の反応もいいですね。設定はユーザーメモリーに記憶させていて、練習用の音は1とか、ソロギターは2とか。意外とちゃんと使ってるんですよ(笑)。
ソロを弾くときはBRIT HIとかMODERNとかのチャンネルを使って歪ませます。BRIT HIってたぶんマーシャルのことだと思うんだけど「ああ、マーシャルってこういう感じだよな」って音がしますね。マーシャルもモデルや年代で音が違うから一言じゃ言えないけど、かなりマーシャル感が出てると思います。

●THR10の内蔵エフェクターはどうですか。 菅原:効きがいいですね。エフェクトの効果がハッキリしていていいと思います。ディレイタイムもスイッチのタップで設定できるんですけど、使い慣れるとかえってツマミより楽に感じますね。リバーブも好きでした。リバーブ+ディレイの複合エフェクトも素直で使いやすいです。エフェクトが面白いと、ついつい練習そっちのけになっちゃって、ずーっとエフェクトをかけながらギターを弾いちゃうんですよね(笑)。

作曲の時はTHRでリズムマシンを鳴らしています

●ギターの練習以外ではどんな使い方をしていますか。 菅原:実は最近ベースを買ったんですよ。それをTHR10のBASSのモードで弾いてみたら結構良くて、THRってちゃんとベースアンプになるんだなって、今さらながら驚きました。ちゃんとギターとレンジが違うんですよね。

●ベースを弾くのは曲作りのためですか? 菅原:楽器が好きだから、弾いているだけでも楽しいんですけど、でも作曲のためですね。ベースラインを探したりとか。
ベースだけじゃなくて作曲する時もTHRを使ってます。リズムマシンって普通スピーカーがついてないじゃないですか。でも僕はヘッドホンで音楽を作るのが苦手なので、THRのAUXにリズムマシンを入力して、リズムを出しながら同時にギターもTHRで鳴らして、曲を作るんです。これならいちいちパソコンを立ち上げなくても作曲できますから。さらに、弾きながら歌も歌ってそれをMTRやスマホで録音することもあります。

●THR10はご自宅で大活躍ですね。 菅原:よく部屋の中を移動させていますよ。でも家だけじゃなくてバンドのリハに持ち出しても結構使えるんじゃないかって思います。それにレコーディングで使うのも面白いんじゃないかな。キース・リチャーズとかクラプトンも小さなアンプでレコーディングしてるらしいし、ちょっとやってみたい気がします。

自分たちでも独自性が再確認できたニューアルバム「BABEL」

●5月10日に9mm Parabellum Bulletのニューアルバムが発売されるそうですね。 菅原:「BABEL」というアルバムがリリースになります。9mm Parabellum Bulletはメジャーでアルバムを出して10年目になるのですが、今回は僕が作詞、ギターの滝が作曲の10曲を収録しました。全曲このコンビなのは1st Album以来なんです。滝は今、ライブのステージは休んでいるのですが、その分作曲にすごく力を注いでいて、ニューアルバムのレコーディングでも僕の弾くバッキングパート以外、すべてのギターを滝自身が弾いています。

●どんなアルバムなのでしょうか。 菅原:このアルバムには9mmらしさが凝縮されていますね。「この音楽は、こいつらしかできないんだな」という独自性があって、初めて9mmを聴いたときと同じような驚きを与えられる作品になったと思っています。自分たちでも、その独自性が再確認できましたし、それを面白がりながら音楽作りができました。

●「BABEL」とは深遠なタイトルですね。 菅原:世界中の多くのバンドや映画監督が「バベル」という名の作品を作っていますが9mm Parabellum Bulletの「バベル」はこれです、と言いたいですね。「バベルの塔」という話は、天に届く塔を作ろうとして神の怒りに触れ、人間が散り散りになってしまうという結末ですが、何かを作る意志、何か成し遂げようとする意志は、僕たちがアルバムを作っている時の気持ちにフィットしていました。僕たちの曲には、100%前向きなメッセージはないかもしれないけど、もし聴いてくれたなら、その人が元々持っているエネルギーを呼び起こすような力があると思っています。

●最後にTHRを読者にオススメするとしたら、どんな点がいいと思いますか。 菅原:THRのいいところは、エレキを弾くときに構えなくていいところ。大きなアンプにつなげて弾くのって、ちょっと構えちゃうじゃないですか。僕は家ではケーブルをTHRに差しっぱなしにしてあって、電源を入れたらすぐギターが弾ける状態にしてあります。みなさんもそうやって気軽に弾いて欲しいですね。それと普通のアンプって自分の好きな音にすると大きな音になってしまうこともあるけど、THRなら過激な音でも小さな音で楽しめる。家で弾くのにピッタリなので、オススメです。

(取材:2017年3月)

プロフィール :菅原卓郎(すがわら・たくろう)

2004年に結成され、2007年に初のワンマンライブを行ってメジャーデビューを果たしたロックバンド9mm Parabellum Bulletのギター&ボーカルを担当。多くの曲で作詞を行っている。ステージではマーシャルを愛用。9mm Parabellum Bulletは2017年5月に7th Album『BABEL』をリリースし、6月にはホールツアー「9mm Parabellum Bullet “TOUR OF BABEL”」を開催する予定。

9mm Parabellum Bullet Official Site: http://9mm.jp/

7th Album「BABEL」 2017.05.10(水)発売

新着情報

feed

2017年8月12日 [ギター・ベース]
【イベント情報】アコースティックギターの祭典『ヤマハ アコースティック・マインド2017』のチケット発売に関する情報を追加しました。

2017年7月27日 [ギター・ベース]
【イベント情報】島村楽器・ビギナーズ倶楽部 特別篇「OKAPY直伝・初心者向けエレキベースセミナー“歌って弾けるベーシストを目指そう!!”」開催!

ベースを始めたばかり、始めてみようと思っている方、軽音楽部に入ったばかりの学生の皆さんにぴったりのベースセミナーを開催!ベースの特長、機材セッティング、ベースの奏法・練習方法など盛りだくさん。ボーカリストでもあるOKAPYさんならではのベースを弾きながら唄うコツ迄、トークと演奏を交えて分かりやすく解説します。お気軽にご参加ください。

■日程
8月26日(土)ららぽーと湘南平塚店
10月7日(土)松本パルコ店
10月8日(日)長野店
10月9日(月)イオンモール佐久平店
9月23日(土)広島パルコ店
9月24日(日)ららぽーとEXPOCITY店

■参加費:1,500円(税抜)

以下割引制度を設定しています。
軽音割   1,200円(税抜)※対象:軽音楽部員
親子割   1,200円(税抜)※対象:親子での参加
スクール割 1,200円(税抜)※対象:島村楽器ミュージックスクール生徒

※開催時間・その他詳細につきましては、各開催店舗様へ直接お問い合わせください。

2017年7月20日 [ギター・ベース]
【新商品発売】エレクトリックアコースティックギター『Aシリーズ』数量限定・ブラックカラーモデルを発売致します。

2017年7月14日 [ギター・ベース]
Yamaha ギターレクチャーコンサート

地球が生まれ、そして海が隔てるそれぞれの陸地が生まれた。文明の進歩は、大陸の長所となり、文化の個性を作り上げた。それぞれの文化は、異質ではあるが、感性は似ている。人の感性は、世界の色別はなく、それはみな同じだ。今回は、5 回にわたって世界を旅するコンサートをお届けいたします。名曲の数々を、どうぞご堪能ください。

2017/9/7 スペイン・イタリアギター音楽の夕べ
2017/11/2 イギリス・ドイツを含む北ヨーロッパギター音楽の夕べ
2018/1/17 南米ギター音楽の夕べ
2018/3/7 日本周辺ギター音楽の夕べ
2018/5/18 日本周辺ギター音楽の夕べ

■会場
ヤマハ銀座コンサートサロン
■開場 / 開演
開場 18:00 / 開演 19:00
■ナビゲーター(第1回~第5回)
坂場 圭介
■チケット
各回2,000円(全席自由)
5回シリーズ券:8,000円(全席自由)
※別途、チケット発券手数料(216円)がかかります

2017年7月6日 [ギター・ベース]
【イベント情報】ダニエル・ホー with ヤマハアコースティックギター スペシャルライブ 3days開催![1743KB]

6回のグラミー賞受賞を誇るダニエル・ホーが来日。東京・浜松・仙台の3daysスペシャルライブが決定。聴く人を惹きつけてやまない多彩なギターサウンド、独創的な音楽性と演奏技術。是非この機会にお見逃しなく!!

■日程:2017年7月28日(金)Start 18:00~
■場所:ヤマハミュージック横浜店地下1F ハーバー※予約受付終了となりました。


■日程:2017年7月29日(土)Start 13:00~
■場所:ヤマハミュージック浜松店8F かじまちヤマハホール ※予約受付終了となりました。


■日程:2017年7月30日(日)Start 15:00~
■場所:ヤマハミュージック仙台店6F イベントホール

  • mixiチェック

ページトップへ戻る

DEPAPEPE 三浦拓也がヤマハnew A seriesを弾く!(月刊Go!Go!GUITAR掲載)

  • depapepe

ヤマハギター オフィシャルSNS登場!

  • インスタグラム
  • Twitter

アコースティックギター取扱店

  • Lisland

関連リンク

  • 大人の音楽レッスン
  • 楽器解体全書
  • アーティスト
  • 高校軽音楽部支援サイト K-ONB
  • BACKSTAGE
  • ygd
  • ヤマハ ギターの歴史
  • ギターフェスタ