ヤマハホルン&ホルン・アンサンブル ヴィーナス

ヤマハホルン&ホルン・アンサンブル ヴィーナス

~みんな、ヤマハで上手になった!~

中学校・高校の吹奏楽の思い出は、ヤマハの楽器との思い出が重なる。現在、プロのホルン奏者として活躍をしている人も、ヤマハでホルンを始め、ヤマハホルンで上手になった人がほとんど。さてそんな中で今回登場していただくのは、2013年に初めてのCD『パステル』を発売し現在も話題沸騰中の、女性ホルン奏者5人による「ヴィーナス」。みなさんにヤマハとの思い出を語っていただくとともに、ヤマハホルンの主要5モデルを改めて吹いていただき、その感想をうかがった。

ヤマハと私♪

藤田麻理絵さんの場合
ホルンを始めてすぐはヤマハのB♭シングルを使っていました。今は選定をする機会も多いのですが、ヤマハの楽器はどれも音程が良くコントロールもしやすいし、むらなく鳴らせます。モデルによって個性は違いますが、そのバランスの良さ、安定感は素晴らしいなと思います。吹きづらいという楽器がないのが何よりの美点だと思いますね。

渡部奈津子さんの場合
音程の良さとか安定感は他の楽器とはレベルが違いますので、初心者でホルンを吹き始めたときでも安心です。私は高校2年生になったときに、「ヤマハか他の楽器か選んでいいよ」と言われたのですが、吹き比べてさんざん悩んだ結果、ヤマハを選びました。外国製の楽器の方は、私には吹きにくく感じました。ヤマハの楽器はくせが少ないので、吹き手にも変なくせが付かないと思います。

豊田実加さんの場合
YHR-88IID(生産終了モデル)を中学2年生から大学1年生まで使っていました。学校の楽器で初めてソロコンテストに出て悔しい思いをしたのですが、翌年88IIDを買ってもらってリベンジを果たしました。自分の楽器だということで愛着も湧き、「もっともっと上手になりたい」と思うようになって今もホルンを吹いているのだと思います。この楽器は手放せないので、今もまだ持っていますよ。

北山順子さんの場合

高校の吹奏楽部でホルンを始めて、YHR-867KRDを高校2年生から大学3年生まで使っていました。大学に入ったときに別の楽器を勧められたのですが、その楽器がすごく気に入っていたので4年生になる前くらいまで使い続けていました。ヤマハホルンの良さは、何と言っても音程が良いところですよね。あれこれ考えなくても、普通に息を入れたらある程度正しい音程で吹けます。そこは、外国製の楽器に替えると一番苦労する点だと思います。

村中美菜さんの場合
私は高校1年生くらいまで学校のヤマハを使っていましたが、日本フィルハーモニー交響楽団に入ってからも2年くらいYHR-868GDを吹いていました。日本音楽コンクールもそれで受けましたので、本当に思い出深い楽器です。日本フィルには丸山さんはもちろん、他にもYHR-868GDを使っている人が多く、楽器自体の音程も良いので音が合いやすいというメリットもありますね。

ヴィーナスが吹いてみました♪

ヤマハホルン初心者からプロユースまで、充実のラインナップ ※文中の価格は[税込]です

ヤマハのフルダブルホルン5モデルをヴィーナスのメンバーが思い思いに試奏。取材は丸山勉さんを交えてのリハーサルの後に行なわれたので、丸山さんも試奏に参加した。

YHR-567D(390,000円)

製品情報はこちら

ヤマハのフルダブルホルンの中ではエントリーモデルに当たる。ベルの太さは中庸のMサイズ。ゴールドブラスのYHR-567GDB(450,000円)も選べる。

藤田
私は好きな楽器です。音程も良いしスラーもかかりやすく、誰にでも使いやすいと思います。反応もすごくいいので、息の量が少ないような子でもすぐ鳴らせるのではないでしょうか。
豊田
ベルが細めなのでコントロールがしやすく、ホルンを始めたばかりの身体の小さな女の子でも持ちやすく、また吹きやすいと思います。
渡部
抵抗感が程良く、全音域でまんべんなく吹きやすいと思います。
北山
全体の中で2番目に吹きやすいと思いました。値段ではないと思います。コントロールしやすいし音程も良いので、初めて吹く人にも最適です。
村中
価格が安いとか関係なく、かなり吹きやすいと感じました。特によく使う中音域で息が楽に入るので、中学生や高校生が手にするのにふさわしい楽器ですね。

YHR-668D(550,000円)

製品情報はこちら

エクストララージ(LL)ベルを採用したアメリカンスタイルの楽器で、太く豊かな音色を特長としている。洋白ベルのYHR-668ND(590,000円)もラインナップ。

北山
YHR-567Dと比べると少し息の量が必要かもしれませんが、その分太い音が出るような感じです。
村中
鳴っている音が、よりふくよかな響きに聴こえました。太くて柔らかな音が出しやすいのではないでしょうか。
藤田
たくさん息を入れても音をまとめやすいように思いました。
豊田
これは好きなタイプです。息を入れたときに楽器がたくさん鳴っている感じがしました。
渡部
響きが多く、太い音が出る楽器なので、吹奏楽で使うのに良いと思いました

YHR-87D(580,000円)生産完了品


製品情報はこちら

元ベルリンフィルの首席奏者ゲルト・ザイフェルト氏が監修。緩やかで自然な管レイアウト、中庸なベルサイズにより自然な吹奏感と輝かしいサウンドを実現した。

豊田
息をきちんと入れてあげたら、しっかりとした良い音が鳴る楽器だと思います。
藤田
吹き方にもよると思いますが、私としては抵抗が強めに感じました。音としては太めなアメリカンタイプというよりは、輝きのあるヨーロピアンタイプというイメージです。
北山
落ち着いたサウンドで、そういう感じが好きな人には特に良いと思いました。
村中
YHR-567DとかYHR-668Dに比べると抵抗感が強い感じもありましたが、こういう吹奏感が好きな人もいます。
渡部
音はYHR-668Dに比べると、太さより、輪郭をきちっと描く印象ですね。確かに抵抗はありますが、パワフルな人が吹くと、その分楽器がしっかり応えてくれるような気がしました。ppからffまで、吹き手に楽器が応えてくれるキャパシティの大きさが魅力ですね。

YHR-868GD(750,000円)

製品情報はこちら

丸山勉さん(日本フィル客演首席ホルン奏者)が全面的に開発に携わったモデル。LLベルのYHR-668Dをベースに、ゴールドブラスと洋白をミックスした管体や各パーツなど、ホルン奏者ならではのアイディアが細部にまで盛り込まれている

藤田
艶のある丸山さんの音そのままのような印象を受けました。この楽器を吹くと「丸山さんになれるのでは?」という気分さえ感じます(笑)。
渡部
すごく安定した吹きやすい楽器だと思いました。吹奏楽でもソロでも、何でもできる楽器ですね。
豊田
この楽器が持っている音色とか音程に導かれるような気がします。他の楽器はある程度自分でイメージして吹いた方が良さが出る場合が多いのですが、この楽器の場合は良い意味で楽器に任せてしまえるという感じですね。
北山
まず音が丸山さんの吹く音のように明るいのが好きです。音域的にも、上から下まで全部吹きやすかったです。
村中
私はプロになってからこの楽器を吹いていたこともあって、一番吹きやすいと思います。自分でいろいろ考えて作らなくても安定した音色・音程が出るし、一生懸命吹くのではなく息をふっと入れてもよく鳴ります。細かなパッセージなどで小回りも利くという、万能な楽器だと思います。

YHR-867KRD(760,000円)生産完了品

製品情報はこちら

ベルクランツ(響きどめ)や、F管とB♭管で息の流れる方向をそろえるためのデュアルプレーンバルブなど技術の粋が結集されたモデル。ベルの太さはMLサイズ。

豊田
私が高校生のときに、周りの人がよく買っていた楽器です。ベルにクランツが付いていて、まず見た目が格好いいですよね(笑)。高校生が吹いても、明るく良い音がしていた記憶があります。
村中
他のヤマハの楽器に比べると抵抗があるような気がするので、息をしっかり入れられる人が使うと、良さがより発揮できるように思いました。私自身としてはこの抵抗感も、出ている音も好きです。
渡部
オーケストラで吹いてもよく馴染む楽器だと思います。どちらかといえば、上級者向けと言えるかもしれません。
北山
全体の印象としてはYHR-87Dに近く、息をしっかり入れて鳴らす楽器だと思います。この楽器で一生懸命練習して行きたいという人におすすめです。
藤田
今吹いているアレキサンダーの103に近いと感じました。演奏者が上達するに従って楽器もどこまでも応えてくれるような、そんな可能性を感じました。

藤田麻理絵さん
武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会、読売新人演奏会に出演。室内楽をK.ベルケシュ、R.ボボの各氏に、ホルンを小川正毅、山本真、阿部雅人、丸山勉の各氏に師事。第1回日本ホルンコンクール第2位入賞。現在、新日本フィルハーモニー交響楽団ホルン奏者。

私のおすすめ♪

YHR-567D
バランスが良く、少ない息でも反応良く安定した音が鳴る。初心者にもおすすめ!

豊田実加さん
千葉県出身。東京藝術大学卒業。第1回日本ホルンコンクール第3位。第80回日本音楽コンクール入選。ホルンを丸山勉、守山光三、西條貴人、日高剛の各氏に、室内楽を稲川榮一、守山光三、河村幹子の各氏に師事。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ホルン奏者。

私のおすすめ♪

YHR-668D
楽に息を入れても、楽器がたくさん鳴ってくれる。太く明るい音は吹奏楽におすすめ!

渡部奈津子さん
鳥取県出身。大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コースを卒業後、洗足学園音楽大学修士課程を修了。CD『7人のホルン奏者によるソロ曲集vol.2』に参加。ホルンを江原雅章、樋口哲生、野田篁一、山岸博、日高剛の各氏に師事。2011年より広島交響楽団ホルン奏者。広島木管五重奏団メンバー。

私のおすすめ♪

YHR-87D(生産完了品)
ppからffまで、吹き手に楽器が応えてくれる。キャパシティの大きさが魅力!

村中美菜さん
神奈川県出身。武蔵野音楽大学器楽学科卒業。CD『7人のホルン奏者によるソロ曲集vol.1』に参加。第77回日本音楽コンクール入選。ホルンを田中正大、今井仁志、丸山勉の各氏に、室内楽を岡崎耕治、佐藤潔の両氏に師事。2006年より日本フィルハーモニー交響楽団ホルン奏者。

私のおすすめ♪

YHR-868GD
どんな人が吹いても、柔らかく美しい音が出るように、楽器が導いてくれる。

北山順子さん
埼玉県出身。武蔵野音楽大学卒業。ホルンを伊藤泰世、ラースロー・ガール、久永重明、丸山勉の各氏に、室内楽を磯部周平、カールマン・ベルケシュの両氏に師事。2004年、日本ホルン協会サマーキャンプ ソロコンクール第1位、ホルンフェスティバル第1回アンサンブルコンクールで優勝。現在、フリーランスのホルン奏者として活動。

私のおすすめ♪

YHR-867KRD(生産完了品)
たくさん練習して、長く付き合っていきたい人におすすめ!私もこの楽器でうまくなりました。

お問い合わせ:株式会社ヤマハミュージックジャパン お客様コミュニケーションセンター管弦打楽器ご相談窓口

ナビダイヤル(全国共通)TEL:0570-013-808
営業時間:月~金10:00~17:00(土曜・日曜・祝日・センター指定休日を除く)
提供:株式会社ヤマハミュージックジャパン 制作:音楽之友社 編集部広告課 取材・構成=今泉晃一
写真:各務あゆみ デザイン=杉井孝則

ページトップへ戻る

ヤマハが販売する他ブランド製品

  • ヤマハが販売する他ブランド製品