運用時の状態管理

RTシリーズでは、マルチキャスト関連の各状態を表示させるコマンドを複数用意しています。
これらの各コマンドで表示される内容について説明します。

状態表示コマンドリファレンス

マルチキャスト経路情報

マルチキャストの経路情報を確認する

[書式]

show ip mroute [OPTION]

[設定値]

OPTION ... 出力する経路情報の粒度を指定する

  • summary ... マルチキャストのソース, グループ, 出力インタフェースに注目した最低限の情報を表示する。
  • normal ... summaryで表示される内容に加え、各インタフェースの基本的な状態確認を目的とした表示をする。
  • detail ... PIM-SMの各種状態管理を考慮した詳細な情報を表示する。

[説明]

マルチキャストの経路情報を表示する。オプションを指定することにより、表示内容の粒度を設定できる。オプションごとの表示内容は次のようなものとなる。

最低限の情報のみの表示

# show ip mroute summary

GROUP    RP  
SOURCE    OUTBOUND IF    FLAGS

239.192.62.51    13.0.0.2
192.168.201.12    LAN1    KS

#
* FLAGSに表示される各パラメータの意味
K ... Keepaliveが動作中であること
S ... spt_bitがTRUEの状態である。つまりは、SPTで転送を行っている状態。

各インタフェースの状態確認を含む通常表示

# show ip mroute  
(192.168.201.12,239.192.62.51)  <- (Source,Group)
Outgoing Interface: LAN1  <- 転送先のインタフェース
Incomming Interface: LAN1 LAN2  <- 入力元インタフェース
Rendezvou-point: 13.0.0.2  <- (S,G)に対応するランデブーポイント
RPF: 10.0.0.2 (LAN2), RPF': 10.0.0.2 (LAN2)

[State Infomation]  <- PIM-SM管理情報の一部を表示
- Downstream State: Joined
- immediate_olist: [LAN1]
- inherited_olist: [LAN1]
- inherited_olist_rpt: []

[LAN1 State Infamation]  <- インタフェースごとのマルチキャスト管理情報
- Local Membership: Include
- Downstream State: NoInfo

[LAN2 State Infamation]
- Local Membership: NoInfo
- Downstream State: NoInfo

PIM-SMの状態などを含む詳細な表示

# show ip mroute detail

(192.168.201.12,239.192.62.51)  <- (Source,Group)
Outgoing Interface: LAN1  <- 転送先のインタフェース
Incomming Interface: LAN1 LAN2  <- 入力元インタフェース
Rendezvou-point: 13.0.0.2  <- (S,G)に対応するランデブーポイント
RPF: 10.0.0.2 (LAN2), RPF': 10.0.0.2 (LAN2)

[State Infomation]  <- PIM-SM管理情報の一部を表示
- Downstream State: Joined
- immediate_olist: [LAN1]
- inherited_olist: [LAN1]
- inherited_olist_rpt: []
- Join Timer(JT): 0.4
- pim_include: [LAN1]
- pim_exclude: []
- joins: []
- lost_assert: []
- JoinDesired: True
- PruneDesired: False
- CouldRegister: False
- SPTbit: True
- Keepalive Timer(KAT): Running
- Register State: NoInfo
- Register-Stop Timer: -.-
- Virtual Tunnel to RP: Disabled
- SwitchToSpt?: True

[LAN1 State Infamation]  <- インタフェースごとのマルチキャスト管理情報
- Local Membership: Include
- Downstream State: NoInfo
- Expiry Timer(ET): -.-
- Prune-Pending Timer(PPT): -.-
- AssertTrackingDesired: True
- lost_assert: False
- CouldAssert: True
- is Update_SPTbit: False
- MFIB cached: False

[LAN2 State Infamation]
- Local Membership: NoInfo
- Downstream State: NoInfo
- Expiry Timer(ET): -.-
- Prune-Pending Timer(PPT): -.-
- AssertTrackingDesired: True
- lost_assert: False
- CouldAssert: False
- is Update_SPTbit: True
- MFIB cached: True
- set Keepalive Timer ?: True
- Assert type: 1
- set SPTbit ?: True
- oif_list: [LAN1]

[初期値]

OPTION = normal
オプションを指定しない場合はnormalオプションと同じ内容を表示する。

IGMP

IGMPのグループ管理情報を確認する

[書式]

show status ip igmp

[説明]

IGMPで管理されている情報を一覧表示する。
IGMPプロキシが動作している場合は、このコマンドで転送先を確認することが出来る。

# show status ip igmp

VARIABLES
Query Interval: 125.0, Query Response Interval: 10.0
LLQI: 1.0, Unsolicited Report Interval: 1.0

LAN1 (192.168.200.123)  <- IGMPの設定のあるインタフェースを表示
mode: router(querier), syslog: off, version: IGMPv3 (config: 2,3)
Robust Variable: 2, Startup Query Count: 2
LLQC: 2, LLQT: 2.0, MALI: 260.0
Other Querier Present Timeout: 255.0
Older Version Host Present Timeout: 260.0
Query Interval: 125.0, Startup Query Interval: 31.2
Older Version Querier Present Timer: -.-
last received QRV: 0, last received QQI: 0
Query Timer: 109.3
Other Querier Present Timer: -.-

239.192.62.51  <- 当該インタフェースで管理しているマルチキャストアドレス
Compatibility Mode: IGMPv3
Older Version Host Present Timer: -.-
filter mode: INCLUDE, Filter Timer: -.-
MAS/MASS Query Timer: -.-, retrans count: 0
include list: [192.168.201.12]
exclude list: []
requested list: []
sources:
192.168.201.12 (include) Source Timer: 244.9, retrans count: 0

LAN2 (192.168.201.1)
mode: host, syslog: off, version: IGMPv3 (config: 2,3)
Robust Variable: 2, Startup Query Count: 2
LLQC: 2, LLQT: 2.0, MALI: 260.0
Other Querier Present Timeout: 255.0
Older Version Host Present Timeout: 260.0
Query Interval: 125.0, Startup Query Interval: 31.2
Older Version Querier Present Timer: -.-
Report Timer: -.-, Interface Timer: -.-

239.192.62.51
listener state:
dynamic INCLUDE 192.168.201.12
listener state (aggregation):
INCLUDE 192.168.201.12
Filter Mode Retrans Count: 0, Multicast Address Timer: -.-
retrans source list: []

PROXY INFORMATION  <- プロキシ機能の動作状況
D LAN1 239.192.62.51 -> LAN2
INCLUDE 192.168.201.12
* 先頭のDはDynamicを意味し、ルータに接続されたクライアントからの参加要求を受けて動的に追加されたプロキシ情報であることを示す。なお、ip igmp staticコマンドで静的に設定した場合Sの表示をする。

FORWARDING  <- 転送状況
LAN2  <- 入力インタフェース
239.192.62.51  <- グループアドレス
192.168.201.12: LAN1  <- ソースアドレスおよび転送先インタフェース

TIMERS
query timer 109.3
source timer 244.9

MLD

MLDのグループ管理情報を確認する

[書式]

show status ipv6 mld

[説明]

MLDで管理されている情報を一覧表示する。
MLDプロキシが動作している場合は、このコマンドで転送先を確認することが出来る。

# show status ipv6 mld

VARIABLES
Query Interval: 125.0, Query Response Interval: 10.0
LLQI: 1.0, Unsolicited Report Interval: 1.0

LAN1 (fe80::2a0:deff:fe14:9bdc)  <- MLDの設定のあるインタフェースを表示
mode: router(querier), syslog: off, version: MLDv2 (config: 1,2)
Robust Variable: 2, Startup Query Count: 2
LLQC: 2, LLQT: 2.0, MALI: 260.0
Other Querier Present Timeout: 255.0
Older Version Host Present Timeout: 260.0
Query Interval: 125.0, Startup Query Interval: 31.2
Older Version Querier Present Timer: -.-
last received QRV: 0, last received QQI: 0
Query Timer: 33.4
Other Querier Present Timer: -.-

ff3e:40:2001:240:5:404:b356:38a3  <- 当該インタフェースで管理しているマルチキャストアドレス
Compatibility Mode: MLDv1
Older Version Host Present Timer: 175.4
MLDv1 Group Timer: 175.4

LAN2 (fe80::2a0:deff:fe14:9bdd)
mode: host, syslog: off, version: MLDv2 (config: 1,2)
Robust Variable: 2, Startup Query Count: 2
LLQC: 2, LLQT: 2.0, MALI: 260.0
Other Querier Present Timeout: 255.0
Older Version Host Present Timeout: 260.0
Query Interval: 125.0, Startup Query Interval: 31.2
Older Version Querier Present Timer: -.-
Report Timer: -.-, Interface Timer: -.-

ff3e:40:2001:240:5:404:b356:38a3
listener state:
dynamic EXCLUDE
listener state (aggregation):
EXCLUDE
Filter Mode Retrans Count: 0, Multicast Address Timer: -.-
retrans source list: []

PROXY INFORMATION  <- プロキシ機能の動作状況
D LAN1 ff3e:40:2001:240:5:404:b356:38a3 -> LAN2
EXCLUDE
* 先頭のDはDynamicを意味し、ルータに接続されたクライアントからの参加要求を受けて動的に追加されたプロキシ情報であることを示す。なお、ip igmp staticコマンドで静的に設定した場合Sの表示をする。

FORWARDING  <- 転送状況
LAN2  <- 入力インタフェース
ff3e:40:2001:240:5:404:b356:38a3  <- グループアドレス
* : LAN1  <- ソースアドレスおよび転送先インタフェース

TIMERS
query timer 33.4
OVHP timer 169.4

PIM-SM

PIM-SMによって管理される情報を確認する

[書式]

show status ip pim sparse

[説明]

PIM-SMで管理されている情報を一覧表示する。

# show status ip pim

PIM-SMがonとなっている各インタフェースの状態を表示する

LAN1 State: UP (DR), MLD: on, PIM-SM: on <- DRとして選択されていると(DR)の表示
DR priority: 1, register-checksum: include all
Hello Timer: 7.1
IP Address: 192.168.200.123
Neighbor:  <- PIMのneighborとなる各端末の情報
Counter:  <- PIMメッセージの送受信記録
hello (sent: 2, received: 0)
join (sent: 0, received: 0)

LAN2 State: UP, MLD: off, PIM-SM: on
DR priority: 1, register-checksum: header only
Hello Timer: 13.4
IP Address: 10.0.0.1
Neighbor:
10.0.0.2, NLT: 88.2, GenID: e1e0fb48, DR pr: 1, (DR)
Secondary Address:
Counter:
hello (sent: 3, received: 2)
join (sent: 0, received: 0)

静的に設定されているランデブーポイントの情報を表示する
Rendezvous Point Set
239.192.33.0/24, hash_mask: 255.255.255.252
12.0.0.1, priority: 1
239.192.62.51/32, hash_mask: 255.255.255.252
13.0.0.2, priority: 1

その他の情報
syslog configuration  <- syslogの粒度についての設定
message-info state-info timer-info
data-info

Join/Prune Schedule

MRIB (Multicast Routing Information Base)  <- PIMで利用するユニキャスト経路情報

destination gateway interface pref metric

default
10.0.0.0/24
11.0.0.0/24
12.0.0.0/24
13.0.0.0/24
192.168.200.0/24
192.168.201.0/24

192.168.200.1
10.0.0.1
10.0.0.2
10.0.0.2
10.0.0.2
192.168.200.123
10.0.0.2

LAN1
LAN2
LAN2
LAN2
LAN2
LAN1
LAN2

10000
10000
10000
10000
10000
10000
10000

1
0
1
1
1
0
1

TIMERS  <- 動作中の各内部タイマー
hello timer 7.1
hello timer 13.4
asource join timer 39.0
neighbor liveness timer 88.2

RTシリーズに実装された各マルチキャスト機能に関連して出力されるsyslogについての説明です。

出力ログリファレンス

IGMPに関するsyslog表示

IGMPに関するsyslog表示一覧

IGMPに関係するsyslogを下記の表にまとめます。種別欄に★がついているものは、 INFOレベルのsyslogで、それ以外はすべてDEBUGレベルのsyslogです。また、種別欄に▲がついているものは、インターフェースごとに出力が制御されており、 ip INTERFACE igmpコマンドのsyslogオプションでonを設定したときだけ表示されます。このオプションはデフォルトではoffになっています。

表中の記号IGFSはそれぞれ、インターフェース、グループ、フィルターモード、ソースのリストを表しています。また、Lはリスナーの識別子であり、 staticとdynamicのいずれかを表示します。 staticはip INTERFACE igmp static コマンドの設定に対応し、 dynamicは下流のインターフェースのリスナーから受信したReportに対応します。

IP-SAは、パケットの始点IPアドレスを表します。また、TIMERは、IGMPの各種のタイマーの名前を示します。

表示するメッセージ 意味 種別

initialize interface I mode: MODE

インターフェースを初期化しました。 MODEには、host(ホスト)かrouter(ルーター)を表示します。

listen multicast (I, G, F, S, L)

ホストのインターフェースで、新しいリスナーを登録しました。

receive v2 report, stop v2 report timer (I, G)

ホストのインターフェースで、IGMPv2のReportを受信しました。

discard message from I, IP-SA

メッセージを破棄しました。(場合によっては、 このメッセージの後に破棄した理由が表示されます。)

discard invalid {query, report, done} from I, IP-SA

不正な内容の{Query, Report, Done} を受信しました。(場合によっては、このメッセージの後に破棄した理由が表示されます。)

receive {v2, v3} {query, report, done}

{IGMPv2, IGMPv3}の{Query, Report, Done}を受信しました。

send {v2, v3} {query, report, done}

{IGMPv2, IGMPv3}の{Query, Report, Done}を送信しました。 (IGMPv3 Reportの場合は、Current State ReportとState Change Reportの 違いも表示されます。)

change compatibility mode (I) to {IGMPv2, IGMPv3}

インターフェースの互換モードを{IGMPv2, IGMPv3}に変更しました。

change state (I) from querier to non-querier, new querier: IP-SA

ルーターのインターフェースの状態が QuerierからNon-Querierに変化しました。新しいQuerierはIP-SAです。

change state (I) from non-querier to querier

ルーターのインターフェースの状態が Non-QuerierからQuerierに変化しました。

change filter mode (I, G) to INCLUDE S

グループのフィルターモードがEXCLUDEからINCLUDEに変化しました。すなわち、EXCLUDEモードのリスナーが存在しなくなったことを示します。

change listener state (I, G): F, S -> F, S

ホストのインターフェースで、グループの状態が変化しました。

schedule report R S

Reportの送信をスケジュールしました。 Rは送信するReportのレコードの種別を示しています。

set TIMER ...

IGMPのタイマーを設定しました。TIMERの部分には、 タイマーの名前が表示されます。

TIMER expired

IGMPのタイマーが満了しました。 TIMERの部分には、タイマーの名前が表示されます。

select delay (I) ...

IGMPで規定された各種の遅延を決定します。この種のsyslogは、 取り得る値の範囲と、実際に乱数で選択された値を示しています。

interface timer < delay, don't send report

乱数で選択した値がInterface Timerよりも小さいために、Reportの 送信を抑制しました。

remove source (S) from include list (I, G)

ルーターのインターフェースで、 include listからソースSを取り除きました。

move source (S) from requested list to exclude list (I, G)

ルーターのインターフェースで、 ソースSをrequested listからexclude listへ移しました。

can't select source address for query (I)

始点アドレスを選択できず、Queryを送信できません。 例えば、回線が接続されていないときに表示されます。

MLDに関するsyslog表示

MLDに関するsyslog表示一覧

MLDに関するsyslogはIGMPの項で示した内容と同様です。ただし、IGMPとMLDではバージョンバージョン番号に違いがあり、次のように対応しています。

  • IGMPv2 = MLDv1
  • IGMPv3 = MLDv2

PIM-SMに関するsyslog表示

PIM-SMに関するsyslogの粒度設定、およびsyslog一覧

PIM-SMでは、コマンドにより、syslogに出力される内容の粒度を設定することができる。粒度を設定できるコマンドは以下のとおりである。

  • syslog info ON/OFF
    ... デフォルト設定でONに設定されている。基本情報のみの出力だが、これすら出力しない場合にはOFFに設定することが可能。
  • syslog debug ON/OFF
    ... ONに設定することでデバッグに必要となる最小限の出力を行う。
  • ip pim sparse log [OPTION]
    ... トラブル対応時等、詳細な情報を必要する場合に設定する。出力するログの種類を指定できるため、目的に合わせた設定が可能である。

各設定に対応した出力レベルを以下にまとめる。

Level 説明 ip pim sparse log
コマンド設定値
レベル表示

Info

デフォルト設定(syslog info on)にて表示される。

なし

[I]

Debug

デバッグ用途のログとして出力される。
syslog debug onコマンドの設定が必要。

なし

[D]

message-info

PIMのメッセージの送受信に関するログ

message-info

[Message]

Timer-info

内部で動作する各種タイマーに関するログ

timer-info

[Timer]

State-info

各種状態の変化についてのログ

state-info

[State]

Data-info

DATAパケットの送受信に関するログ

data-info

[Data]

PIM-SMに関するsyslog一覧

PIM-SMに関して出力されるsyslogの詳細は次のとおりである。
なお、表中に記載される識別子は以下を意味する。

  • I ... インタフェース名
  • S ... ソースアドレス
  • G ... グループアドレス
  • RP ... ランデブーポイントのアドレス

基本情報

表示されるメッセージ 意味 表示レベル

starting interface I, gen_id: ID

インタフェースの起動を開始した。 IDはPIMに利用するgeneration IDである。

[I]

interface I change state to STATE

インタフェースの状態が変化した

[I]

terminating interface I

インタフェースの停止を開始した。 PIMの利用を停止するためhello timerを停止するなどの処理が行われる。

[I]

terminate interface I

インタフェースの停止作業が完了し、内部情報の削除を行う。

[I]

set RP to RP for group G

ランデブーポイントのアドレスが設定された。

[I]

RP for group G changed from RP to NEW_RP

ランデブーポイントのアドレスが変更された。

[I]

add neighbor I, ADDRESS

nbrが追加された。

[D]

update I address

インタフェースのアドレスが変更された。

[I]

link state (I) change to down

インタフェースがDOWNした。

[I]

PIMメッセージの送受信に関するログ

表示されるメッセージ 意味 表示レベル

discard packet from unconfigured interface (I)

PIMの設定が行われていないINTERFACEでPIMメッセージを受信した。この場合、受信したパケットは破棄される。

[D]

discard packet from inactive interface (I)

起動していないインタフェースでパケットを受信した。この場合、受信したパケットは破棄される。

[D]

received malformed encoded_unicast/group/source

PIMメッセージ内に含まれるアドレスが取得できなかった。

[D]

received unknown encoded_unicast/group/source type (TYPE)

PIMメッセージ内に含まれるアドレスのTYPE指定に不正がある。

[D]

received malformed TYPE

PIMメッセージ内に含まれるアドレスリスト情報に不正がある。

[D]

received unknown TYPE addr_family (ADDRESS_NUM)

PIMメッセージ内に含まれるアドレスリストが正しく理解できない。

[D]

received unrecognized version (VERSION)

受け取ったPIMメッセージが対応外のバージョンだった。

[I]

receive invalid checksum CHECKSUM_LEN

受け取ったPIMメッセージのチェックサムエラー

[I]

received PIM_TYPE message from S (I)

PIMのメッセージを受け取った。

[I]

receive unknown message type (TYPE)

受け取ったPIMメッセージのTYPEが対応外のものであった。

[I]

TTL/hop limit is not 1 (NUM), discarded

PIMメッセージはTTLを1とするはずだが、規定外のものを受け取った。

[MESSAGE]

send TYPE to ADDR

すべてのPIMメッセージ送信時に出力される。TYPEはPIMメッセージのタイプであり、ADDRはあて先としたIPアドレスである。

[I]

------ HELLO message ------

receive hello (gen_id: ID, priority: NUM) from I, S

Hello messageを受信し場合に、その概要を出力する。

[I]

received malformed Hello message

受け取ったHello messageが壊れている。

[MESSAGE]

received large Hello holdtime option (OPTION_LEN)

Hello messageのHoldtime optionの長さは2のはずである。

[MESSAGE]

received large Hello LAN_prune_delay option (OPTION_LEN)

Hello messageのLAN prune delayの長さは4のはずである。

[MESSAGE]

received large Hello DR_Delay option (OPTION_LEN)

Hello messageのDR Priorityの長さは4のはずである。

[MESSAGE]

received large Hello GenID option (OPTION_LEN)

Hello messageのGenIDの長さは4のはずである。

[MESSAGE]

received large hello addr_list option (OPTION_LEN)

Hello messageのaddr_listの長さが不正である。

[MESSAGE]

received invalid address family (ADDRESS)

Hello messageで不正なアドレスリストを受け取った。

[MESSAGE]

received invalid secondary address (ADDRESS)

Hello messageのアドレスリストにプライマリアドレスが含まれていた。この場合、プライマリアドレスは取り除かれる。

[MESSAGE]

received malformed Hello addr_list option

不正なアドレスリストを受け取った。

[MESSAGE]

discard unknown hello option (TYPE)

不正なHello optionを受け取ったため、これを無視した。

[MESSAGE]

send hello to I (holdtime: HOLDTIME)

Hello messageを送信した。

[MESSAGE]

----- Join/Prune -----

received Join/Prune

Join/Pruneを受け取った

[I]

Join/Pruneを受け取った場合、以下の書式でその内容を出力する。
neighbor: NBR_ADDRESS
# of group: GROUP_NUM
HoldTIme: HOLDTIME
group[ID]: GROUP_ADDRESS
#of join/prune source: JOIN_NUM
source SOURCE_ADDRESS/LEN WbitRbit

[D]

receive/listen Join/Prune (source: ADDRESS, group: ADDRESS, neighbor: ADDRESS)

Joinを受け取った事を確認し、PIMの情報に反映する。

[I]

receive/listen Join/Prune(S, G, rpt)

Join/Prune(S,G,rpt)を受け取った。

[I]

Join Message is reached to End of Message

Join Messageが正常に終了している。

[MESSAGE]

not found RPF', can't send Join/Prune

RPF'が見つからないため、Join/Pruneの送信に失敗した。

[D]

can't scheduling Join/Prune(*|S,G), no RPF neighbors (I)

RPF neighborが見つからないため、Join/Pruneをスケジュールできなかった。

[D]

scheduling Join/Prune(*|S,G), send hello as soon as possible

Join/Pruneがセットするにあたり、ただちにHello messageを送信する必要がある。

[D]

build Prune-Echo(*|S,G)

Prune-Echoがセットされた。

[D]

can't send Join/Prune, nbr dosen't exist

Join/Pruneの送信時に、nbrの存在を確認するが、これに失敗した。そのため、送信動作そのものに失敗した。

[MESSAGE]

don't send Join/Prune, neighbor I, ADDR not found

Join/Pruneの送信時に、あて先が見つからず、送信不可能な状況である。

[MESSAGE]

set group G to Join/Prune message

Join/Pruneがセットされた。

[I]

add source S (S) Join/Prune message

Join/Pruneにsoureceが追加された。

[I]

scheduling (S,G,rpt)Join/Prune to nbr(I) holdtime: TIME

Join/Pruneのスケジュール追加

[D]

there's already contract entry

Join/Pruneの生成において、JoinにもPruneにも登録されているアドレスがあった。この場合、先に登録されているものを優先とする。

[D]

there's already Join/Prune(*,G), discard Join/Prune(S,G,rpt)

すでにJoin/Prune(*,G)があるときにはJoin/Prune(S,G,rpt)を追加しない。

[D]

there's already (*,G) Prune, discard (S,G,rpt) Join

Prunt(*,G)が存在するため、Join(S,G,rpt)をあきらめる。

[D]

there's already (S,G) Join/Prune, discard (S,G,rpt)

Join/Prune(S,G)があるため、Join/Prune(S,G,rpt)をあきらめる。

[D]

send PruneEcho(S,G) to I

PruneEchoを送信した。

[D]

----- Assert -----

receive Assert

Assertを受信した。

[D]

----- Register -----

received Register/Null-Register from SRC_ADDR to DST_ADDR

RegisterまたはNull-Registerを受信した。

[D]

received Register-Stop

Register-Stopを受信した。

[D]

send Register to RP

ランデブーポイント宛てにRegisterを送信した。

[I]

send Null-Register to RP

Null-Registerを送信した。

[I]

send Register-Stop (S,G)

Register-Stopを送信した。

[I]

----- その他 -----

DR Priority is changed (neighbor ADDR, I)

受け取ったHello messageにより、DR Priorityの変化を感知した場合に出力される。

[STATE]

add neighbor, trigger hello

受信したHello messageの影響により、trigger helloを送信する。

[D]

I address changed, trigger hello

インタフェースのアドレスが変更されたため、trigger helloを送信する。

[I]

状態の変化を知らせるログ

表示されるメッセージ 意味 表示レベル
----- DRに関するログ -----

DR(I) set to DR_ADDRESS

DR選出の再試行により、DRのアドレスがDR_ADDRESSに変わった

[STATE]

DR(I) set to own

DR選出の再試行により、DRが自分自身になった。

[STATE]

----- MLD/IGMP state -----

IGMP/MLD state change to STATE

MLDの状態変化を検出し、PIMの状態管理に反映する。

[STATE]

----- Upstream/DownStream state -----

set (S,G) upstream state to STATE

Upstreamの状態変化を知らせる。(注1)

[I]

set (S,G) downstream state to STATE

Downstreamの状態変化を知らせる。(注1)

[I]

----- Register state -----

set (S,G) register state to STATE

Register stateの状態変化を知らせる。(注1)

[STATE]

GenID cheanged and Decrease (S,G) join Timer

GenIDの変化により、状態遷移が発生した。

[STATE]

----- PIMの各種管理情報 -----

set RPF'(S,G) to RPF'_ADDR

RPG'が変化した。

[STATE]

RPF'(S,G,I) equal to RPF'(*, G)

RPF'(S,G,rpg)とRPF'(*,G)が同じになった。タイマーの更新など状態遷移が発生する。

[STATE]

JoinDesired(S,G) changed to TRUE/FALSE

JoinDesiredが変化した。

[STATE]

PruneDesired(S,G) changed to TRUE/FALSE

PruneDesiredが変化した。

[STATE]

RPTJoinDesired(G) changed to False

RPTJoinDesiredが変化した。

[STATE]

CouldRegister (S,G) changed to TRUE/FALSE

CouldRegisterが変化した。

[STATE]

set RPF(RP(G)) to I

RPF(RP(G))をセットした。

[STATE]

set RPF'(*,G) to I, G

RPF'(*,G)をセットした。

[STATE]

dr_is_better(): compare same address NBR_ADDR

DRの選出にあたり、同じアドレスを持つ端末が検出された。

[D]

immediate_olist(*|S,G) update to Iface_LIST

immdiate_olistが変更された。

[STATE]

inherited_olist(S,G) update to Iface_LIST

inherited_olistが変更された。

[STATE]

pim_include(S,G) changed to STATE

pim_includeが変更された。

[STATE]

pim_exclude(S,G) changed to STATE

pim_excludeが変更された。

[STATE]

JoinDesired(G) is changed to TRUE/FALSE

JoinDesiredが変更された。

[STATE]

PruneDesired(S,G) changed to TRUE/FALSE

PruneDesiredが変更された。

[STATE]

CouldRegister(S,G) changed to TRUE/FALSE

CouldRegisterが変更された。

[STATE]

lost_assert(S,G) changed to STATE

lost_assertが変更された。

[STATE]

CouldAssert(S,G) changed to TRUE/FALSE

CouldAssertが変更された。

[STATE]

LostAssert(S,G) changed to TRUE/FALSE

LostAssertが変更された。

[STATE]

CheckSwitchToSpt(S,G) changed to TRUE/FALSE

CheckSwitchToSptフラグが変更された。

[STATE]

Update_SPTbit(S,G) changed to TRUE/FALSE

Update_SPTbitが変更された。

[STATE]

set SPTbit(S,G) TRUE/FALSE

SPTbitがセットされた。

[D]

各種タイマーに関するログ

表示されるメッセージ 意味 表示レベル

set hello timer (I) TIMEOUT[s] (0 .. TIMEOUT_MAXms)

Hello message送信用のタイマーを起動した。

[TIMER]

stop hello timer (I)

Hello message送信用のタイマーを停止した。

[TIMER]

hello timer (I) expired

Hello Timerが満了した。

[TIMER]

start (S,G) Keepalive Timer

Keepalive timerを起動した。

[TIMER]

stop (S,G) Keepalive Timer

Keepalive timerを停止した。

[TIMER]

set neighbor liveness timer (I, S) TIMEOUT[s]

neighbor liveness timerを起動した。

[TIMER]

neighbor liveness timer (I, NBR) expired

neighbor limveness timerが満了した。

[TIMER]

set (S,G) Join Timer (S,G) TIMEOUT[s]

Join Timerを起動した。

[TIMER]

stop Join Timer (S,G)

Join Timerを停止した。

[TIMER]

decrease Join Timer TIMEOUT[s]

Join Timerの残り時間を減らした。

[TIMER]

increase (S,G) Join Timer TIMEOUT

Join Timerの残り時間を増やした。

[TIMER]

(S,G) Join Timer expired

Join Timerが満了した。

[TIMER]

set Join/Prune Schedule Timer (nbr: ADDRESS(I))

Join/Prune Schedule Timerを起動した。

[TIMER]

Join Schedule Timer expired ... send Join!

Join Schedule Timerが満了したため、Joinを送信する。

[TIMER]

set Override Timer (S,G) TIMEOUT[ms]

Override Timerを起動した。

[TIMER]

stop (S,G) Override Timer

Override Timerを停止した。

[TIMER]

(S,G) Override Timer expired

Override Timerが満了した。

[TIMER]

register send timer expired

register send timerが満了した。

[TIMER]

set (S,G) Register-Stop Timer TIMEOUT[ms]

Register-Stop timerを起動した。

[TIMER]

stop Register-Stop timer (S,G)

Register-Stop timerを停止した。

[TIMER]

register stop timer expired

register stop timerが満了した。

[TIMER]

set initialize timer (I) TIMEOUT[s]

initialize timerを起動した。

[TIMER]

initialize timer (I) expired

initialize timerが満了した。

[TIMER]

set (S,G) Expiry Timer TIMEOUT[s]

Expity timerを起動した。

[TIMER]

(S,G) Expiry Timer expired

Expiry Timerが満了した。

[TIMER]

set (S,G) Prune-Pending Timer TIMEOUT[s]

Prune-Pending Timerを起動した。

[TIMER]

(S,G) Prune-Pending Timer expired

Prune-Pending Timerが満了した。

[TIMER]

set (S,G) Register-Stop Timer TIMEOUT[ms]

Register-Stop Timerを起動した。

[TIMER]

(S,G) Assert Timer expired

Assert Timerが満了した。

[TIMER]

マルチキャストデータパケットの送受信および転送情報に関するログ

表示されるメッセージ 意味 表示レベル

discard data packet from unconfigured interface (I)

PIMの設定が行われていないINTERFACEでマルチキャストパケットを受信した。この場合、受信したパケットは破棄される。

[DATA]

discard data packet from inactive interface (I)

起動していないインタフェースでマルチキャストパケットを受信した。この場合、受信したパケットは破棄される。

[DATA]

receive multicast packet from S to G (I) (direct connect)

マルチキャストパケットを受信した。ソースとなるアドレスが、受信インタフェースと同一セグメントである場合には、direct connectが出力される。

[DATA]

add Fib update Infomation for (S,G)

FIBの更新情報が追加された。この情報は、fib update timerの満了時に更新作業が行われ、以後これにあてはまるパケットの転送が行われる。

[DATA]

update (S,G) FIB infomation

FIBの更新を実施した。

[DATA]

FIB (S,G) TTL is expired

FIBのTTLが満了し、当該の情報を削除した。

[DATA]

FIB I (S,G) Keepalive timer expired

FIBのkeepaliveタイマーが満了し、当該の情報を削除した。Keepaliveタイマーはマルチキャストデータパケットの転送がなくなると動作を開始し、一定時間パケットが届かなければ満了し上記の動作となる。

[DATA]

その他情報

表示されるメッセージ 意味 表示レベル

secondary address (ADDRESS) is duplicated (neighbor: NEW_NBR, OLD_NBR)

近隣ルータの登録に際し、過去に受信したアドレスとの重複を検出した。

[D]

can't get event number

内部エラー、PIMの動作のためのメモリーが取得できなかった。

[D]

VRRP(vid=ID, vip=ADDR) state change

VRRPの状態変化を感知した。IDはVRRPの設定されているID番号、ADDRは利用している仮想アドレスである。

[I]

VRRP State changed to backup/master

連携を設定したVRRPの状態が変化し、PIMへの反映が必要となったことを示す。

[I]

PIM-SMに関するsyslog出力例

PIM-SMに関するsyslog出力例を示す。

下流にIGMPのリスナーが存在し、上流にPIMネットワークを構成している場合

[IGMP] receive v2 report (LAN1, 239.192.62.90)  <- IGMPのレポートを受信しリスナーの存在を知る
[IGMP] set v2 group timer (LAN1, 239.192.62.90) 260.0
[PIM-SM4] set RP to 17.0.0.1 for group 239.192.62.90
[PIM-SM4] set RPF(RP(239.192.62.90)) to LAN2
[PIM-SM4] set RPF'(*,239.192.62.90) to LAN2, 21.0.0.254
[PIM-SM4] IGMP state change to Include
[PIM-SM4] pim_include(*,239.192.62.90) changed to [LAN1]
[PIM-SM4] immediate_olist(*,239.192.62.90) update to [LAN1]
[PIM-SM4] JoinDesired(*,239.192.62.90) changed to True
[PIM-SM4] scheduling (*,239.192.62.90)Join to 21.0.0.254(LAN2) holdtime: 210
[PIM-SM4] set Join/Prune Schedule Timer (nbr: 21.0.0.254(LAN2))
[PIM-SM4] start Join Timer (*,239.192.62.90) 60.0[s]
[PIM-SM4] set (*,239.192.62.90) upstream state to Joined
[PIM-SM4] RPTJoinDesired(239.192.62.90) is changed to True
[PIM-SM4] CouldAssert(*,239.192.62.90) changed to True
[IGMP] receive v2 report (LAN1, 239.192.62.90)
[IGMP] set v2 group timer (LAN1, 239.192.62.90) 260.0
[PIM-SM4] set group 239.192.62.90 to Join/Prune message
[PIM-SM4] add source * (17.0.0.1) to join list
<- ここまでIGMPの状態をPIMの情報へ受け渡し、上流へのJoin(*,G)メッセージを生成している
[PIM-SM4] send Join/Prune to 21.0.0.254  <- 上流のPIMルータにJoin(*,G)メッセージを出力する
[IGMP] receive v2 report (LAN1, 239.192.62.90)
[IGMP] set v2 group timer (LAN1, 239.192.62.90) 260.0
[PIM-SM4] receive multicast packet from 14.0.0.10 to 239.192.62.90 (LAN2)
<- Joinしたマルチキャストグループ宛のデータパケットを受信する
[PIM-SM4] set RPF'(14.0.0.10,239.192.62.90) to LAN2, 21.0.0.254
[PIM-SM4] set RPF'(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) to LAN2, 21.0.0.254
[PIM-SM4] inherited_olist(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) update to [LAN1]
[PIM-SM4] inherited_olist(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) update to [LAN1]
[PIM-SM4] PruneDesired(14.0.0.10,239.192.62.90) changed to True
[PIM-SM4] PruneDesired(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) changed to True
[PIM-SM4] set (14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) upstream state to Pruned
[PIM-SM4] PruneDesired(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) changed to False
[PIM-SM4] PruneDesired(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) changed to False
[PIM-SM4] scheduling (14.0.0.10,239.192.62.90,rpt)Join to 21.0.0.254(LAN2) holdtime: 210
[PIM-SM4] set Join/Prune Schedule Timer (nbr: 21.0.0.254(LAN2))
[PIM-SM4] set (14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) upstream state to NotPruned
[PIM-SM4] CheckSwitchToSpt(14.0.0.10,239.192.62.90) changed to True
[PIM-SM4] update (14.0.0.10,239.192.62.90,LAN2) FIB infomation
[PIM-SM4] (*,239.255.255.250) Join Timer expired
[PIM-SM4] not found RPF', don't send Join/Prune
[PIM-SM4] set (*,239.255.255.250) Join Timer 60[s]
[PIM-SM4] set group 239.192.62.90 to Join/Prune message
[PIM-SM4] add source 14.0.0.10 (14.0.0.10) to join list
<- ここまで、データパケットの受信により、対象のグループ宛のパケットの送信元が判明しJoin(S,G)を生成している
[PIM-SM4] send Join/Prune to 21.0.0.254  <- 上流のPIMルータにJoin(S,G)を送信する
[MFIB] add (14.0.0.10, 239.192.62.90, LAN2) dst IF: LAN1
<- (S,G)のエントリーが作成され、SPTでのパケット転送が開始される
[PIM-SM4] start (14.0.0.10,239.192.62.90) Keepalive Timer
[PIM-SM4] JoinDesired(14.0.0.10,239.192.62.90) changed to True
[PIM-SM4] scheduling (14.0.0.10,239.192.62.90)Join to 21.0.0.254(LAN2) holdtime: 210
[PIM-SM4] set Join/Prune Schedule Timer (nbr: 21.0.0.254(LAN2))
[PIM-SM4] start Join Timer (14.0.0.10,239.192.62.90) 60.0[s]
[PIM-SM4] set (14.0.0.10,239.192.62.90) upstream state to Joined

上流・下流ともにPIM-SMを利用している場合の出力例

[PIM-SM4] received PIM Join/Prune message from 21.0.0.3 (LAN1)  <- 下流からJoin(*,G)のメッセージを受信する
[PIM-SM4] neighbor: 21.0.0.254
[PIM-SM4] # of group: 1
[PIM-SM4] HoldTime: 210
[PIM-SM4] # of join source: 1
[PIM-SM4] source 17.0.0.1/32 WR
[PIM-SM4] receive Join (source: *, group: 239.192.62.90, neighbor: 21.0.0.254)
[PIM-SM4] set RP to 17.0.0.1 for group 239.192.62.90
[PIM-SM4] set RPF(RP(239.192.62.90)) to LAN2
[PIM-SM4] set RPF'(*,239.192.62.90) to LAN2, 19.0.0.1
[PIM-SM4] set (*,239.192.62.90,LAN1) downstream state to Join
[PIM-SM4] immediate_olist(*,239.192.62.90) update to [LAN1]
[PIM-SM4] JoinDesired(*,239.192.62.90) changed to True
[PIM-SM4] scheduling (*,239.192.62.90)Join to 19.0.0.1(LAN2) holdtime: 210
[PIM-SM4] set Join/Prune Schedule Timer (nbr: 19.0.0.1(LAN2))
[PIM-SM4] start Join Timer (*,239.192.62.90) 60.0[s]
[PIM-SM4] set (*,239.192.62.90) upstream state to Joined
[PIM-SM4] RPTJoinDesired(239.192.62.90) is changed to True
[PIM-SM4] CouldAssert(*,239.192.62.90) changed to True
[PIM-SM4] set (*,239.192.62.90,LAN1) Expiry Timer 210[s]
[PIM-SM4] # of prune source: 0
[PIM-SM4] set group 239.192.62.90 to Join/Prune message
[PIM-SM4] add source * (17.0.0.1) to join list
[PIM-SM4] send Join/Prune to 19.0.0.1  <- 上流にJoin(*,G)のメッセージを出力する
[PIM-SM4] Hello Timer (LAN2) expired
[PIM-SM4] send Hello to LAN2 (holdtime: 105)
[PIM-SM4] send Hello to 224.0.0.13
[PIM-SM4] set Hello Timer (LAN2) 30.0
[PIM-SM4] receive multicast packet from 14.0.0.10 to 239.192.62.90 (LAN2)
<- マルチキャストのデータパケットを受信し、送信元が判明する
[PIM-SM4] set RPF'(14.0.0.10,239.192.62.90) to LAN2, 19.0.0.1
[PIM-SM4] set RPF'(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) to LAN2, 19.0.0.1
[PIM-SM4] inherited_olist(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) update to [LAN1]
[PIM-SM4] inherited_olist(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) update to [LAN1]
[PIM-SM4] PruneDesired(14.0.0.10,239.192.62.90) changed to True
[PIM-SM4] PruneDesired(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) changed to True
[PIM-SM4] set (14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) upstream state to Pruned
[PIM-SM4] PruneDesired(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) changed to False
[PIM-SM4] PruneDesired(14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) changed to False
[PIM-SM4] scheduling (14.0.0.10,239.192.62.90,rpt)Join to 19.0.0.1(LAN2) holdtime: 210
[PIM-SM4] set Join/Prune Schedule Timer (nbr: 19.0.0.1(LAN2))
[PIM-SM4] set (14.0.0.10,239.192.62.90,rpt) upstream state to NotPruned
[PIM-SM4] update (14.0.0.10,239.192.62.90,LAN2) FIB infomation
[PIM-SM4] set group 239.192.62.90 to Join/Prune message
[PIM-SM4] add source 14.0.0.10 (14.0.0.10) to join list
[PIM-SM4] send Join/Prune to 19.0.0.1  <- 上流にJoin(S,G)を発行している
[MFIB] add (14.0.0.10, 239.192.62.90, LAN2) dst IF: LAN1  <- SPTに切り替わって転送が行われる

ページトップへ戻るReturn to Top