ネットボランチDNSとは? ~ヤマハのDDNSサービス~

ネットボランチDNSサービスとは?

ネットボランチDNSサービスとは、ヤマハが提供するDDNS(Dynamic Domain Name System)サービスです。

ネットボランチDNSサーバーに、ホスト名とグローバルIPアドレスを登録することにより、プロバイダから動的に割り当てられるグローバルIPアドレスの環境であっても、常に同じホスト名で、IPアドレスの名前解決ができます。

ネットボランチDNSサービスでは、VPN接続などで利用する「ホストアドレス」と、インターネット電話で利用する「ネットボランチ電話番号」の2種類を取得できます。

ネットボランチDNSサービスは、本サービスに対応したルーター にて、無料(# 注釈1)、無保証の条件でご利用いただけます。
ただし、予告なくサービスを停止する場合がありますのでご注意ください。ご利用にあたっては、必ずホームページ上の Open in new windowご利用条件 をご確認ください。

# 注釈1:
プロバイダとの契約内容によっては、別途 通信料が発生する場合があります。

ネットボランチDNSサービス(ホストアドレス)を利用していない場合

図:ネットボランチDNSとは

インターネットを介して、サーバーやVPNゲートウェイなどに接続するためには、接続を希望するユーザーが、接続対象のグローバルIPアドレスを知っている必要があります。

動的に割り当てられるグローバルIPアドレスを利用している場合、インターネットに常時接続していたとしても、割り当てられるグローバルIPアドレスは、再接続や時間によって変更されることがあります。そのため、グローバルIPアドレスの変更を知らないユーザーは、本社に接続ができなくなります。
グローバルIPアドレスが変更された場合、ネットワーク管理者は、すべてのユーザーに対してグローバルIPアドレスを伝え直さなければならず、実際の運用では現実的ではありません。

これを解決する手段の一つが、ネットボランチDNSサービスです。

ネットボランチDNSサービス(ホストアドレス)を利用した場合

図:ネットボランチDNSとは

ネットワーク管理者は、接続を希望するユーザーに、グローバルIPアドレスではなく、ネットボランチDNSサーバーから取得したホストアドレスを伝えておきます。ユーザーは、ホストアドレスから得られるIPアドレスを用いて、本社に接続します。

本社のグローバルIPアドレスが変更された場合でも、ルーターが自動的にネットボランチDNSサーバーに変更を通知して登録情報を更新します。そのため、ネットワーク管理者は本社のグローバルIPアドレスの変更を意識せずに運用でき、ユーザーはいつでも本社に接続できます。

ネットボランチDNSサービスの活用方法は?

ネットボランチDNSサービスを活用すれば、グローバルIPアドレスが固定でない環境でも、様々な機能を利用できます。

■VPN接続を利用したリモートアクセス、拠点間接続が簡単に!

図 VPN機能を利用した拠点間接続やリモートアクセス

VPNを構築することで、"拠点間のLAN同士" や "拠点と外出先" のようなネットワークを、第三者が侵入できない安全なネットワークにできます。
通常、VPNを構築するには、接続相手を特定するために、接続する2拠点のうち、どちらか片方が固定グローバルIPアドレスを持つ必要があります。

上の図では、固定グローバルIPアドレスを持たなくても、拠点1のルーターをネットボランチDNSサービスに登録して、取得したホストアドレスを活用することで、外出先および拠点2との接続が可能になります。

VPNについては、Open in new windowこちら をご覧ください。

  • 2つの拠点間をVPN接続(IPsec)する設定の一例は、Open in new windowこちら
  • 3つの拠点間をVPN接続(PPTP)する設定の一例は、Open in new windowこちら
  • PC(YMS-VPN8)からVPN接続(L2TP/IPsec)する設定の一例は、Open in new windowこちら
  • スマートフォンからVPN接続(L2TP/IPsec)する設定の一例は、Open in new windowこちら

■ネットボランチ電話番号を利用した無料インターネット電話

図 無料インターネット電話

ネットボランチ電話番号を活用すると、ネットボランチ電話に対応したルーター間で、インターネットを経由した無料通話(# 注釈2)を利用できます。

  • 2つの拠点間でネットボランチ電話を利用する設定の一例は、Open in new windowこちら

# 注釈2:
プロバイダとの契約内容によっては、別途 通信料が発生する場合があります。

ネットボランチDNSサービスのしくみは?

図 ネットボランチDNSサービス [しくみ]

1 登録:
ネットワーク管理者は、ルーターを操作することによって、ヤマハが運営するネットボランチDNSサーバーに、ホスト名とグローバルIPアドレスを登録します。そして、グローバルIPアドレスと対応付けられたホストアドレスを取得します。

また、プロバイダから割り当てられるグローバルIPアドレスが変更された場合、ルーターがネットボランチDNSサーバーに対して最新のIPアドレスを自動で更新します(# 注釈3)。そのため、ネットワーク管理者は、グローバルIPアドレスの変更を意識することなく運用できます。

2 参照:
ルーターはプロバイダが指定したDNSサーバーを介して、ネットボランチDNSサーバーに問い合わせを行い、接続したい相手のホストアドレスに対応付けられたグローバルIPアドレスを参照します。

ネットボランチDNSサービスの詳細は、Open in new windowこちら をご覧ください。

# 注釈3:
ホストアドレス・ネットボランチ電話番号の登録/更新後は、すぐに名前解決できない場合があります。

わかりやすいWeb GUIで初心者にも やさしいネットボランチDNS登録

ヤマハルーター(一部機種を除く)にはWeb GUIが用意されており、ヤマハルーターに慣れていない方でも、簡単にネットボランチDNSサーバーに登録できます。左下がRTX1210(ホストアドレス)、右下がNVR500(ネットボランチ電話番号)のWeb GUI画面例です。

図 RTX1210 ネットボランチDNS設定 図 NVR500 ネットボランチDNS設定

ネットボランチDNSサービス 対応製品のラインナップは?

拠点規模や構成に応じて豊富なラインナップのルーター

RTX1210

RTX1210RTX1210

中小規模拠点向けVPNルーター
RTX1200の機能、使い勝手、ユースケースを継承しつつ、大幅にパワーアップ

Web GUI対応

RTX810

RTX810RTX810

小型・多機能・省エネルギー 省エネ時代のギガビットルーター

Web GUI対応

NVR700W

NVR700Wnvr700W
New

内蔵無線WAN(LTE/3G)を搭載しIPsecにも対応した オールインワンVoIPルーターのフラッグシップモデル

Web GUI対応
ネットボランチ電話対応

NVR510

NVR510NVR510
New

小型ONU対応 次世代オールインワンVoIPルーター

Web GUI対応
ネットボランチ電話対応

NVR500

NVR500NVR500

全ポートギガビット搭載・LTE/3Gデータ通信対応のオールインワンルーター

Web GUI対応
ネットボランチ電話対応

RTX5000

RTX5000RTX5000

大規模多地点ネットワーク構築のためのセンターVPNルーター

RTX3500

RTX3500RTX3500

中小規模多地点ネットワーク構築のためのセンターVPNルーター

セキュリティー・高速ルーティング・マネジメントを1台で実現するファイアウォール

FWX120

FWX120FWX120

セキュリティー・高速ルーティング・マネジメントを1台で実現するファイアウォール

Web GUI対応

ヤマハネットワークエンジニア会

ヤマハネットワークエンジニアのより親密な交流・共感・共有の実現にむけて

ヤマハネットワークエンジニア会は、ヤマハネットワーク機器を取り扱うエンジニアが会員として集い、会員同士が交流し、会員とヤマハが交流し、様々な情報交換が行えるソーシャル・ネットワーキング・サービスです。
提供サービスの一つである遠隔検証システムを利用することで、ヤマハネットワーク機器を試用できます。ただし、試用環境はインターネットに接続していないため、ネットボランチDNSサービスは試せません。

ヤマハネットワークエンジニア会のWebサイトはこちら

お問い合わせ

ヤマハネットワーク機器に関するお問い合わせを、インターネットやファックス、電話にてお受けしております。
製品カタログの請求もお気軽にご連絡ください。

ヤマハネットワーク機器に関するお問い合わせはこちら

ページトップへ戻るReturn to Top