株式会社明和不動産

リモートによる複数のマンション、アパート管理の保守運用コストの低減を実現

◎入居者様向けインターネット使い放題サービスの提供

◎アクセスルーターおよび宅内スイッチは高性能・高信頼性のヤマハブランドで統一

◎遠隔地点のルーターおよびスイッチの状況把握が可能

導入前の課題

「家主様、入居者様への高付加価値提供と顧客満足度向上」「導入から保守運用までのトータルコストの低」「保守運用の効率化」

マンション・アパートの家主様にとっては空室対策は重要課題のテーマの一つです。その対策の一環として、明和不動産様はマンション・アパートの家主様への高付加価値の提供と顧客満足度向上のため、 2011年6月より熊本県内ではまだ普及が進んでいないマンション・アパートの入居者様向けに無料インターネット使い放題サービスの提供を開始いたしました。家主様にとっては、サービスの導入により、他物件との差別化、入居者への高付加価値の提供が可能となり、空室対策として高い評価を得ております。また経年による家賃低下防止にも効果が得られるようになりました。入居者様にとっても、インターネット回線の引き込み手続きやプロバイダ契約を行わなくても、引っ越したその日からLANケーブルを挿すだけで簡単に無料でインターネットが利用できることから契約の決め手の一つとなっております。サービス開始にあたり、家主様、入居者様への安定したサービスの提供およびサービスを導入した複数の各マンション・アパートへの保守運用も視野に機器の選定が行われました。

導入の経緯

既に明和不動産様では本社と約20拠点間のVPNルーターとして、ヤマハルーターRTX3000とRTX1200を導入しており、製品の安定性においては評価をしていました。2011年2月に発売されたヤマハスマートL2スイッチ「SWX2200」はヤマハルーターのGUIから簡単にVLANの設定ができ、リモートからルーターだけでなく、その配下の自分自身のポートの状態まで把握できるようになっているのが特徴です。導入時および保守管理の負担軽減ができること、ルーターでの実績・信頼が機器選定での決め手でした。

図 ネットワーク全体図

図 サポートセンターのRTX1200GUI画面

導入のポイント

1.管理しやすいGUI画面

タグVLANで各戸のセキュリティを確保しながら、インターネット回線を圧迫するヘビーユーザーもGUIから特定が可能

2.リモートからの遠隔操作

リモートからトポロジー表示にて状態把握ができ、現地に行かなくてもSWX2200の設定変更が可能

3.保守運用コストの低減

ルーターとスイッチの一括管理や、リモート管理にて、保守運用コストの低減に成功

お客様からの一言

2011年6月より賃貸マンション・アパートの入居者様向けにインターネット使い放題サービス「メイワのヒカリ」を始めました。現在100棟以上のマンション・アパートにサービス導入しており、マンション・アパートのオーナー様からも高い評価を頂いております。ヤマハルーターの取扱実績豊富な熊本ヤマハ様に支援していただきサポート面も安心しております。ヤマハルーターは高性能でありながら、低価格で導入でき非常に満足しております。またルーターと連携するヤマハスイッチSWX2200は遠隔から各マンションに設置しているルーターやスイッチの状態が把握できることから、現地に行くことなく、リモートで障害の確認・切り分けができ、保守運用コストの低減に重宝しております。今後も熊本県内およびその他地域へも順次サービス導入を予定しています。

株式会社明和不動産 経営企画室 室長 吉田 雅司 氏

株式会社明和不動産
経営企画室 室長
吉田 雅司 氏

株式会社明和不動産 経営企画室 システム課 今井 雅隆 氏

株式会社明和不動産
経営企画室 システム課
今井 雅隆 氏

導入会社様

外観

株式会社明和不動産

株式会社明和不動産

所在地 熊本県熊本市中央区辛島町4-35 ラ・シック辛島
設立 昭和61年4月1日
URL  http://www.meiwa-f.com/

事業概要
熊本地区を中心に事業を展開し、九州でトップクラスの業績を誇る明和不動産様。賃貸事業をはじめ、不動産管理、資産活用コンサルタント、マンション開発と事業領域を着実に拡大しています。アパートオーナー向け提案物件の自社ブランド化や、デベロッパーと組んでのマンション開発など斬新な発想、行動力が強みです。

販売パートナー様

熊本ヤマハ株式会社

本社 熊本県熊本市南区南高江3-2-1

設立 平成11年 12月3日

URL Open in new window http://www.kumamoto-yamaha.co.jp/

ヤマハ発動機(株)の熊本地区の総代理店である熊本ヤマハ様。オートバイや介護・福祉用品、船舶の販売およびレンタルを行っているほか、IT関連製品のサービスを提供しております。

ヤマハルーターは機能面、性能面が高く、故障しにくいことからインターネットVPNなどで多く採用しております。ヤマハスイッチSWX2200はRTX1200に設定したSWX2200のコマンドが接続するだけで自動でスイッチに反映されるため、設定工事の事前準備や故障した際の機器交換などが容易な事が作業負荷軽減に繋がることも今回提案したポイントです。

製品紹介

記載されている会社名・製品名は、各社の商標、または登録商標です。
この導入事例の著作・制作は、SCSK株式会社です。
ヤマハ株式会社は、SCSK株式会社の許可を得て、ホームページ掲載とPDF配布を実施しています。

ページトップへ戻るReturn to Top