MB

取り扱い:(株)ヤマハミュージックジャパン

Marcus Bonna

MB(Marcus Bonna)とは

47173_12_1.jpg

MB(Marcus Bonna)の設立者マーカス・ボナ氏は1982年から2002年まで、サンパウロ交響楽団でホルン奏者として活躍しました。 日々の演奏活動の中で、常に移動の際に悩みの種となるホルンケースの重さに辟易していたボナ氏は、「もっとホルンを手軽に安全に持ち運べないものか・・・」「私自身が愛するホルンと言う楽器を余計な悩みから解放されてもっと多くの人に楽しんでもらいたい!」という想いから、1991年に初めて自身の、軽くコンパクトで斬新なデザインのオリジナルホルンケースを考案したのです。
ボナ氏デザインのファイバーグラス製ケースはボナ氏の想像を遥かに超えてオーケストラのメンバーから支持され、すぐにオーケストラ内に広まっていきました。これがMBケースの始まりとなったのです。
1991年にミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団がサンパウロ公演を行った際も、そのホルン奏者達がボナ氏のケースに大きな関心を示しました。これを機に、ブラジル国内だけでなく海外からも注文を受けるようになり、世界中のホルン奏者にそれらのケースを広めるために、ボナ氏は自身の名を冠したMB社を設立しました。
今日ではホルンケースだけではなく、トランペット、トロンボーン、クラリネット、オーボエ、ファゴット等、様々なケースを製造しています。ひとつひとつハンドメイドによって製造された管楽器用ケースは世界中の奏者に愛用されており、MB社は管楽器ケースのトップブランドとしての地位を確立しています。

MBケースの特徴は何と言っても軽量、堅牢、そしてコンパクトであること

47171_12_1.jpg

すべてのケースが入念な手作業で作られており、仕上がりの美しさ、スタイリッシュなデザインも魅力的です。 またカラーバリエーションも豊富に用意されており、組み合わせによりオリジナリティのあるケースのオーダーも可能。
すべての製品には持ち運びに便利なバックパックタイプやショルダータイプのストラップ(モデルによって付属ストラップの種類・数量は異なります)、楽器保護のためのクッション等が付属されており、奏者に与えうるストレスを徹底的に取り除いてくれます。
奏者の心の負担軽減をまず第一に考えたMBケースは、重いケースを持っての移動に悩んでいた世界中の管楽器奏者へ朗報と言えるでしょう!

カタログダウンロード

ページトップへ戻る