2017年7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース
音楽ライターの眼
2017年7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

2010年、ベルリン・フィルの第1コンサートマスターに就任したヴァイオリニストの樫本大進は、オーケストラのみならず、さまざまな分野での演奏を行っている。

近年では、ピアニストのコンスタンチン・リフシッツと組んでベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏のシリーズを開催し、レコーディングも完成させた。ベートーヴェンに関しては、2016年にパーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルと日本で共演し、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏している。

樫本大進は世界一流のオーケストラの重責を担うポジションで演奏を続けながら、その合間を縫ってソロや室内楽の演奏にも力を注ぎ、すべてのジャンルの演奏を楽しみながら行っているのである。

樫本大進のヴァイオリンはベルリン・フィルのコンサートマスターに就任後、大きな変貌を遂げた。オーケストラをリードし、指揮者の意図を楽員に伝え、あらゆることに決定権をもたなくてはならない。それが彼を成長させ、演奏はよりスケールが大きくなり、全体を俯瞰する目が備わるようになった。

そんな彼が、長年共演を重ねてきたイタリア出身のピアニスト、アレッシオ・バックスと組んで2017年7月に日本公演を行うことになった。

「楽器に触れたその瞬間のインスピレーションを、音楽にして届けたい。そう考えたとき、一緒に演奏したいと思ったのがアレッシオです。アレッシオのピアノによって、僕自身が刺激されるのを感じましたし、僕のヴァイオリンが、彼のピアノを変化させていることも判る。そんな”その時にしか生まれない特別なもの”を聴いていただけると思います」

樫本大進がこう語ると、アレッシオ・バックスも続ける。

「僕にとって大進と一緒に演奏することは、特別なことです。彼の心の底から生まれてくる純粋な音楽は、ステージと客席とをあたたかく包み込み、素晴らしい音楽の世界に連れて行ってくれることでしょう」(ジャパン・アーツ資料より)

今回のプログラムは、ふたりでじっくり話し合って決めたというモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ ト長調K.301(モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ ト長調K.379のプログラムも有り)、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」、シマノフスキの「神話」、グリーグのヴァイオリン・ソナタ第3番(ラヴェルのヴァイオリン・ソナタのプログラムも有り)という選曲。

作曲家、時代、様式などが異なる作品を組み合わせたプログラム、このデュオだからこそ醍醐味が味わえる、という一夜になりそうだ。

これに先駆け、アレッシオ・バックスが2004年に収録したJ.S.バッハ、グルック、リスト/ヘンデル、ラフマニノフ/バッハ、ラフマニノフ/コレルリの作品を集めたアルバム『バロック・リフレクションズ』が再リリースされた。

アレッシオ・バックスは1977年生まれ。1997年に浜松国際ピアノコンクールで優勝し、2000年にはリーズ国際ピアノ・コンクールでも優勝の栄冠に輝いている。演奏は、ピュアで情感豊かな音色が特徴で、繊細さと劇的な表現の対比が際立っている。このバロック作品のCDでも、静謐で荘厳な響きが聴き手の心にゆったりと染み込んできて、胸の奥がほんのり温かくなる。

きっと、樫本大進との共演でも、歌心あふれる絶妙のデュオが生まれるに違いない。

■アルバムインフォメーション

『バロック・リフレクションズ』
バロック・リフレクションズ
発売元:ワーナー・ミュージック
発売日:2017年05月24日
価格:2,160円(税込)
詳細はこちら

■公演インフォメーション

樫本大進&アレッシオ・バックス
2017年7月9日~17日 東京・大阪他全7公演
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/伊熊よし子

ページトップへ戻る