MB

取り扱い:(株)ヤマハミュージックジャパン

MB(Marcus Bonna)の設立者マーカス・ボナ氏は1982年から2002年まで、サンパウロ交響楽団でホルン奏者として活躍しました。 日々の演奏活動の中で、常に移動の際に悩みの種となるホルンケースの重さに辟易していたボナ氏は、「もっとホルンを手軽に安全に持ち運べないものか・・・」「私自身が愛するホルンと言う楽器を余計な悩みから解放されてもっと多くの人に楽しんでもらいたい!」という想いから、1991年に初めて自身の、軽くコンパクトで斬新なデザインのオリジナルホルンケースを考案したのです。
ボナ氏デザインのファイバーグラス製ケースはボナ氏の想像を遥かに超えてオーケストラのメンバーから支持され、すぐにオーケストラ内に広まっていきました。これがMBケースの始まりとなったのです。
1991年にミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団がサンパウロ公演を行った際も、そのホルン奏者達がボナ氏のケースに大きな関心を示しました。これを機に、ブラジル国内だけでなく海外からも注文を受けるようになり、世界中のホルン奏者にそれらのケースを広めるために、ボナ氏は自身の名を冠したMB社を設立しました。
今日ではホルンケースだけではなく、トランペット、トロンボーン、クラリネット、オーボエ、ファゴット等、様々なケースを製造しています。ひとつひとつハンドメイドによって製造された管楽器用ケースは世界中の奏者に愛用されており、MB社は管楽器ケースのトップブランドとしての地位を確立しています。

優れた堅牢製

MB社のファイバー製セミハードケースは、その頑丈さと品質の高さに定評があります。

楽器の為に研究された緩衝材

管体や細かな部分の凹み・曲がりを防ぎます。

クッションや仕切りが自由に取り外し・取り付け可能

クッションを適切に配置することで楽器をしっかりと固定させて収納することができます。
※パーツによっては固定させている仕切りもございます。

収納性

ケース内に小物やミュートが入るスペースが作られていたり、譜面台が収納できるよう設計されているケースもございます。
荷物を一つにまとめることができ、奏者の移動時のストレスを軽減します。

付属品


バックパックストラップ

ショルダーストラップ

マウスピースポーチ

その他、ケースによっては譜面バッグやレインカバー等、奏者に嬉しいグッズが付属されています。

カラフルでスタイリッシュな 多種多様のラインアップ

カラーバリエーションは全23種。
軽量重視の方にはソフトケースもオススメです。
様々なデザインの中から、きっとお好みのケースが見つかるでしょう。