アーティストレビュー

取り扱い:(株)ヤマハミュージックジャパン

ネクライトーキーのギタリスト朝日さんが、アメリカのケースブランド“ACCESS”のエレキギター用バッグを徹底検証!

 

アメリカのギターケース専門ブランド”ACCESS“は、GibsonやFender, TaylorGuitarsなどの米国の大手ギターブランドから、Sadowsky、Tom Andersonなどのブティックブランドのケースまで手掛けてきており、ギターケースのすべてを熟知しています。
ブランドが掲げるコンセプトはシンプルで、楽器を守ることと、ケースの十分な耐久性となっています。

 


 

ネクライトーキーの朝日さんにACCESSバッグをチェックしてもらいました。
今回はハイエンド向けのStage3シリーズのエレキギター用バッグです。


2020年1月28日 @ヤマハ銀座ART 朝日さん(ネクライトーキー)

 

早速、朝日さんに見てもらいましょう。

-- まずはギター(Addictoneシンラインテレキャスタースタイルモデル)をケースに入れてみた時の、フィット感はいかがですか?

朝日さん(以下、朝日)フィット感はバッチリですね!


-- ギターを保護することはケースの一番重要な役割ですからね。ギターがケースにしっかりフィットするかどうかは重要なポイントになります。

朝日:無理やり入れている感じではなく綺麗に収まっているのがいいですね! 特にネックレストがしっかりしていますね!



-- ネックレストも適度な弾力で衝撃を吸収し、しっかりとネックを固定してくれるので、安心して持ち運びできます。

朝日:ここもネックにフィットしているので、しっかり固定できそうですね!
やはりここが安定していないと、ギター全体に影響が出るでしょうね。


-- ネックレストのポジションはギターネックのスペックに応じて移動させるも可能なので、スケールの違うギターにもしっかり対応しております。

朝日:それはとても便利ですね。確かにこのネック枕の位置を変えれば他のギターでもバッチリフィットしそうですね!


-- 手で持ってみた感覚はどうでしょうか?

朝日:なんか、思ったより軽いですね(笑)というより、軽く感じます。
それに、ハンドルがすごく握りやすい!


-- ケースの重さは2.6kgで軽量に作られていますが、それ以上にしっかり手にフィットする感覚とケース全体の感触がこのように手で持ったときに、軽いと感じる大きな要因です。

朝日:なるほど、これはすごく持ち易くて、手が疲れなさそうですね!
とにかくハンドルが持ち易い!


-- 特にライブ前の手への負担は避けたいですからね。ACCESSはギターだけではなく体への負担軽減もしっかりと計算しています。



朝日:あとケース表、裏のハンドル部分で持ち上げられるのも最高です!
今持っているケースはこの部分に何も付いていないので、場合によってはギターを取るときに一苦労するんですよね。
ただ、これがあるとギターが機材の中に紛れ込んでいるときでも取り出しやすいのですごく助かります!


-- あらゆるシチュエーションを想定してそのハンドルもつけられています。
そのハンドルがないとギターを持ち上げづらい場合なども想定できるので、機材が沢山ある中でギターを持ち上げるときなど、大きな役割を果たします。

朝日:万能ですね(笑)



-- ポケットの中をみた印象はどうでしょうか?

朝日:なんかいろいろ入りそうですね。仕切りも多いし、小分けして整頓できそうです!
特にここの巻いたシールドをマジックテープで固定してぶら下げられるのは最高ですね!

-- シールドはしっかり巻いて入れないと意外にスペースを占領してしまうので、このように巻いて固定すると、開いたスペースにエフェクターなどの機材も入れることができます。

朝日:めちゃくちゃ考えられていますね。
しかもポケットがもう1個あるし、とりあえず今すぐに全部小物を入れちゃいますね(笑)


朝日:ここからショルダーストラップを出せば背負えるようになるのですね!


-- 運搬方法によって、ショルダーストラップの出し入れを選択することができます。

朝日:いつもストラップが垂れてそこを踏んづけたり、足が引っかかってしまうことがあったので、このように背負うときは着けて、背負わないときや、ただ置いておくときは収納できるって、とても助かります。



-- それこそ機材が多い中、ストラップが垂れていると、引っかかってしまうことも想定できますし、そこをコンパクトにできる点はこのStage3の大きな強みでもあります。

朝日:そうですね、ここはかなり重要ですね。



-- 背負ってみた感触はいかがでしょうか?

朝日:バッチリです。予想通りの感覚ですね。
背中にフィットしていて、柔らかい印象です。また手で持ったときと同じように軽くて、動きやすいです。


--ハンドルで持つときの感覚と同様に、背負ったときの心地よさやフィット感、そして動きやすさも全てプレーヤー目線で製造されたケースなので、長時間背負っていても負担がなるべくかからないように設計されております。

朝日:全体的に、フィット感が抜群でさらにギターもしっかり保護してくれそうだし、小物も整頓して収納できるし、素晴らしいポイントがたくさんありますね!


-- 本日はお忙しい中ACCESS エレキギター用Stage3を試していただき、ありがとうございました。

朝日:こちらこそ、ありがとうございました。


ACCESS エレキギター用バッグ 価格\22,000(抜)\24,200(込)
Stage Three シリーズ 〈ハイエンドライン〉

外部からの衝撃吸収に優れたフォームと、堅牢性の高いポリマーパネルを用いたシェルを持つStage Threeはハイエンド製品の運搬に最も適したシリーズ。
サイズ内寸(mm)
全長 1003mm/ボディ上部 286mm/ボディ下部 368mm/深さ 64mm
*内寸値は多少の誤差がある場合があります。
重量 2.6kg
対応モデル:ヤマハ Revstar Pacifica 、ストラトキャスタータイプ、テレキャスタータイプ

ACCESS輸入代理店 ヤマハミュージックジャパン株式会社
取材協力