特長

取り扱い:(株)ヤマハミュージックジャパン

 

distinctivelycraftedsound.jpg

私たちは真に卓越した楽器を創造する熟練の弦楽器製作職人として、この仕事に深い愛情を抱き、デザインと職人技の新境地を開拓する努力を続けています。他者と違うことをしようとするのは、楽な道ではありません。しかし、その道の先には大きな報酬があると私たちは信じています。私たちは伝統を重んじていますが、昨日と同じ楽器を作ろうとは思いません。想像力に駆り立てられながら、明日の楽器を作ろうとしているのです。

下記は明確な目的を持って設計され、独特のアプローチで創り上げられたブリードラブギターのサウンドに寄与する要素のごく一部です。すべてのモデルは細心の注意を払って設計され、部品のひとつひとつは特定のサウンドを形成するために選ばれています。高い眼識と確かな意図を持ち細部にまで気を配って製作されたブリードラブを選べば、最高の音楽を生み出し表現することに専念できるでしょう。

ttl01.jpg

ブリードラブの楽器がユニークなルックスとフィールや独特のサウンドを持っていることはよく知られています。ブリードラブの楽器の美的価値の高い革新的なデザインは、優れた科学と音響工学の結晶でもあります。ブリードラブは早い段階でアコースティック・ギターの設計を一から見直し、それぞれの部分がサウンド全体にどのような影響を及ぼすべきかについて考えました。そしてあらゆる努力を払い、他に類を見ない独特のアプローチで創り上げられたサウンドを実現したのです。明確な目的を持ってサウンドを一から創造する仕事はたやすいものではありませんが、すべてのモデルにはあなたのシグネイチャー・サウンドを生み出すために以下の要素が巧みに組み合わせられています。

ttl02.jpg

img01.jpg

CM、コンサートとオーディトリアムは優れたサステインとバランスを持ち、ベースとトレブルのレスポンスが際立ったクリアなサウンドを軽いタッチで実現できるよう設計されています。ブリードラブ・ブリッジ・トラスと低音弦側から高音弦側にかけて徐々に厚みを増していく形状のグラデュエーテッド・トップがこれらの性質を最大限に生かし、ベースからミッドレンジ、トレブルまで均一なレスポンスとクリアな発声に貢献しています。
※「グラデュエーテッド・トップ」「ブリードラブ・ブリッジ・トラス」はOregonシリーズには採用されていません。

ttl03.jpg

img02.jpg

スキャロップ加工を施した超軽量のXブレイシングが迅速なノート・リリースを可能にします。高速でバランスのとれたフラットピッキングとすばやくクリアなコードワークのために設計され、深いスキャロップ加工が施されたブレイシングは、パワーとすばやいエネルギーの放出を実現します。またグラデュエーテッド・トップは、全音域にわたってバランスがとれた一音ずつクリアなサウンドと、これほどの音量とパワーを持つ楽器にはかつてなかったほど繊細なニュアンスを持つ豊かなサウンドを提供します。
※「グラデュエーテッド・トップ」はOregonシリーズには採用されていません。

ttl04.jpg

img03.jpg

アシンメトリカル(非対称)・ヘッドストックは、CM、コンサート、オーディトリアムシェイプに採用されています。このヘッドストックは、見た目に美しいだけではなく、ナットからチューニング・ペグまで弦を出来るだけまっすぐ均等に保つために特別に設計されています。おかげで均一な張りと安定したチューニングが実現され、また変則チューニングにも最適です。

ttl05.jpg

img04.jpg

ブリードラブのギターは、小さな手でも楽に演奏できる薄めのネックが特長です。ギターネックのリセットが大がかりな作業になる従来のダブテイル・ジョイントのギターネックとは異なり、ブリードラブのボルト・オン方式のネックとシングルアクションのトラスロッドは、アクションやギターネックの調節が容易です。ブリードラブのネックの手作業で磨かれた半光沢の仕上げは、演奏のしやすさにも貢献しています。上塗りの精密な塗布や研ぎ、手作業のバフがけや研磨を含む仕上げの工程だけでも3日間もの時間を費やし丁寧に仕上げています。

ttl06.jpg

img05.jpg

オレゴンシリーズを除く全ての国内現行発売モデルに採用されたグラデュエーテッド・トップは、低音域から高音域までのすばらしいバランスを実現します。多くに採用されているグラデュエーテッド・トップは6弦側から1弦側にかけて徐々に厚みを増していく形状で、高音弦側のエネルギーと低音弦側のエネルギーのバランスをとることにより、クリアでクリーンな高音と、よく響く安定した低音の絶妙なブレンドを実現します。アメリカン及びアメリカン・ゴールド・シリーズのD、OMシェイプには両サイドから中央にかけて徐々に厚みを増していく形状を採用しており、よりストレートでパワフルながらもクリアでバランスの取れたサウンドを実現します。
まったく同じサウンドボードは2つとないため、ブリードラブの職人は表板の硬さと密度を1枚ずつ確認し、それにしたがって厚みを調節します。厚さに変化をつける度合いは、それぞれの楽器に合わせてカスタマイズします。表板は最適の柔軟性と硬さになるまで精密に研磨します。この手作業の工程はブリードラブ・サウンドに寄与する重要な要素のひとつです。

ttl07.jpg

img06.jpg


一部のモデルには、ブリードラブ・ブリッジ・トラス(BBT)が搭載されています。代表的なものは、コンサートとオーディトリアムです。BBTはギターのサウンドボードの緊張を緩和し、表板が自由に振動できるようにすることによって、優れたサステインとバランス、クリアなサウンドを実現します。BBTはまた、グラデュエーテッド・トップをさらに薄くすることを可能にし、ブリードラブの職人が構造的安定性を犠牲にすることなく最適なサウンドを表板から引き出せるようにします。ブリッジにかかる弦の張力の大部分を取り除くことにより、ブリッジ部分の変形を防ぎ、トップの安定性が何十年も確実に保たれるようにします。

ギターの弦によって、ナットからブリッジまで最大230ポンド(104 kg)の張力がかかります。トップのブリッジ部分の反りを防止する従来の手法は、内部のブレイシングを頑丈にすることやトップを厚くすることでした。BBTは、革新的な方法で圧力を緩和します。BBTを内側からブリッジに取り付けてギターのテイルブロックに接続し、ブリッジの下面を下に引っ張って緊張を分散させ、トップにかかる圧力を緩和するのです。BBTを搭載したギターは、オーバートーンが増幅され、よく響く生き生きとしたサウンドを生み出します

ttl08.jpg

img07.jpg

ブリードラブ・ピンレス・ブリッジは、弦を通すために6つの穴を開ける必要がなくなるため、トップの状態を完全に保つ効果があります。サウンドボードに開ける穴が少ないほうが、音波はエネルギーを失うことなく均等にギター内部を移動することができます。ブリードラブ・ピンレス・ブリッジは、ブリッジからサドルの上までの弦の角度をゆるやかにして、サドルにかかる力を減少させる効果もあります。この革新的なブリッジにより弦の交換が楽になり、ブリッジピンがなくなったり壊れたりする心配もなくなります。