サンプリングユニットとグルーブギア

サンプリングユニットとグルーブギア

 シンセサイザーが鍵盤演奏による音楽表現を基本としていたのに対し、鍵盤というインターフェースを持たず、ダンスミュージックシーンに特化し、パッドやボタン、ノブコントロールやリボンコントローラーのスクラッチといった手法で音楽表現を行う製品がありました。サンプリングユニットとグルーブギアです。
 1995年にQY同様にVHSビデオサイズながら、CDと同等の高音質でサンプルが行えるサンプリングユニット「SU10」をリリースします。単にサンプリングできて鳴らすだけでなく、スクラッチやクロスフェードといったDJプレイができるリボンコントローラーを備え、翌年にリリースされるコントロールシンセサイザー「CS1x」と同じカラー、デザイン面でも「CS1x」と一緒に使用することが強く意識されていました。
 1998年には、サンプラー、シーケンサー、エフェクター、ミキサーを一体化した「SU700」をリリース。『エッジの効いた過激なサンプリングフレーズをクリエイト。音楽制作を革新する新感覚のサンプリングリミキサー』と題し、各機能は専用機並の本格仕様で、ストレージには3.5インチFDDを内蔵、オプションでSCSIにも対応するなど、同時期にリリースされていたラックマウント型の「Aシリーズ」と並ぶサンプラーのラインナップでした。
 「SU700」と同時リリースの「RM1x」は、サンプリング機能は有さないものの、ダンス系に特化した音源と本格的なシーケンサーによって、高度なリミックスが実現できる新感覚のシーケンサー。シーケンスデータのリアルタイムコントロールにより、『エッジの効いた強烈なシーケンスフレーズ』を生み出すことを最大の売りとしていました。
 また、「SU10」の後継モデルと言えるのが、2000年に発売された「SU200」です。最大6つのテンポの異なるサンプルの自動同期機能を備え、リアルタイムにループのテンポやさまざまなパラメーターを変更し、「RM1x」との同期プレイなど、コンパクトながらリアルタイムオペレーションを実現したループマシンでした。

※1 DJX-II取扱説明書より
※2 海外版Loopfactoryカタログ(2000年)
「SU200」はデスクトップシンセサイザー「AN200」「DX200」と共にLoopfactoryとして訴求された

 また、時を同じくして従来とは異なるコンセプトの商品が登場します。DJギアの「DJX-II」と「DJX-IIB」です。サンプラーや強力なエフェクターを搭載している点では、従来の商品と相通じる部分が多いのですが、最も興味深いのは取扱説明書です。STEP3では、「DJになるための100 tips」が紹介されています。また、「DJX-II」には鍵盤が備わっていますが、「これは弾くためのキーボードではない。サウンドを操るインターフェースだ」と当時のカタログ等で言い切っているところも面白いです。
 2001年には、シンセサイザー「MOTIF」と同じタイミングで「RS7000」がリリースされます。
RS7000は、いわば「RM1x」と「SU700」を統合し、当時の最先端の機能やエフェクトを搭載したミュージック・プロダクション・スタジオですが、中でもMIDIとサンプルを統合した「Integrated SamplingSequencer(ISS)」の搭載によって音楽制作のフローを変えたことは特筆です。「RS7000」に搭載されていたISSをはじめとする数々の機能は、後に「MOTIF」に移植され、これらの商品群はラインナップから姿を消すことになりましたが、シンセサイザーと並んで音楽をループベース、ブロックベースで制作する、来るべき21世紀の音楽シーンに向けた商品ラインナップだったと言えるでしょう。