SLB300 SILENT Bass™

楽器本体の音質・演奏感の向上

最適な大きさの内部空洞ボディ構造と駒下のスリットにより、小さな生音でアコースティック楽器に近い自然な演奏性を生み出します。

SRTパワードシステムで「胴共鳴」サウンドを実現

SRTパワードシステムを搭載し、アコースティック楽器と錯覚するような音質・弾き心地を実現しました。

<SRTパワードシステムとは?>

SRT(Studio Response Technology:スタジオ・レスポンス・テクノロジー)パワードシステムとは、サイレントベース™のような共鳴胴を持たない楽器の音に対し、アコースティック楽器の音の分析結果をもとにした自然な音色と響き=胴共鳴をリアルタイムで付加するデジタル技術です。

本システムは、楽器本体ピックアップからのアナログ出力に響きを加えることで、弾く人なりの表現を再現するもので、サンプリング音源を鳴らすものではありません。

 

*サイレントギターSLG200に搭載され定評のある技術です。

※SRTパワードシステムの概念説明のためのイメージ図で、実際の周波数特性とは異なります。

理想の演奏を叶える3つのマイクタイプとEQ&ブレンドコントロール

定評のあるスタジオクオリティの3種類のマイクの音を、SRTパワードシステムでシミュレートしました。

3つの『マイクタイプ』と『ブレンドコントロール』『EQコントロール』を切り替え・調整することで、曲のジャンルや楽器の編成、演奏場所の規模などによってお好みの音を生み出すことができます。

■3つのマイクタイプ

1.Rich:定番ヴィンテージ真空管マイクによるバランスよく濃密なサウンド

2. Simple : ダイナミックマイクによる抜けのよいすっきりとしたサウンド

3. Warm : 1とはことなる真空管マイク名機による低域よりで温かみのあるサウンド

ブレンドコントロールノブ

ピックアップからの直接の信号とシミュレートしたマイク信号のミックス量を調整。シームレスに音色が変化するので、ピックアップからの信号の直接的な音色とシミュレートした響き豊かな音色まで多彩な音作りが可能です。

EQコンロトール(バス・トレブルコントロール)

色々な演奏シーンに合わせられるように、この楽器ならではの特徴的な音域にカスタマイズされています。

アコースティックベースと同じ感覚で演奏できる外観構造

外観形状はSLB200から引き継いでいます。極限まで無駄をそぎ落としたコンパクトでシンプルな外観ながらも、アコースティックベースの形状をかたどったフレームや、楽器が回転しにくい重心設定、さらに、アコースティック楽器と同じ位置に配置された駒、指板、ネックなどのパーツが、アコースティックベースと同じ感覚で演奏することを可能にしています。

弦も通常のコントラバス弦を使用しているので、お好みの弦に交換可能です。

アンティーク風塗装新色やフレームのボディ同色化で、より木質感のある外観へ

ボディとフレームの色はアンティーク風の塗装で、木が持つ個性を際立たせ、自然な美しさを創り出しました。 アップライトベースを弾いている奏者に馴染みのある仕上げになっています。

※木目の出方には個体差があります。

持ち運びが容易なソフトケース(付属)

アコースティックベースとの容積比は約25%になります。(付属のSLB300専用ソフトケースに収納時)

容易なセッティング

SLB300は、楽器の特性に最適なピックアップシステム・プリアンプを最初から搭載しているため、面倒な調整が不要で色々な機材に接続可能です。

(アコースティックベースにピックアップを搭載して演奏する場合は、最適な音を出すために知識や経験、機材に加え、細かな調整が必要になる場合があります。)