AFC

Enhance. Immerse. Inspire.

最高の演奏は、聴衆に感動を与えるだけでなく、アーティストと聴衆との間に特別なつながりを生み出します。

そのかけがえのない瞬間のために、ヤマハは楽器・音響機器メーカーとして、アーティストが常に最高のパフォーマンスを発揮でき、聴衆が常に最高の演奏を楽しめる環境を提供し続けてきました。

ヤマハの Active Field Control テクノロジーは、より豊かな音の響きで空間を満たすことで、その特別なつながりをさらに強固なものにします。

音場支援システム『AFC』とは

音場支援システムAFC(Active Field Control)は、それぞれの建築物が有する、その空間固有の音響特性を活かし、音の響きを豊かにできるソリューションです。

音源自体に人工的なリバーブを付加して異なる音の印象を作り出す手法とは異なり、楽器や歌声の自然な聴こえ方を保ちながら、その空間に拡がる音の残響感や音量感をコントロールし、用途に適した音響空間を提供します。

用途に適した響きを実現し、ひとつの空間を多様な演目で活用可能

一般的に講演会やスピーチ用途の多目的イベントスペースや集会場・宴会場は、明瞭性の高い拡声ができるよう響きの少ない空間が建築計画されます。響きの少ない空間では、クラシック音楽などの生演奏を行うには音の拡がりや余韻が足りないため、演奏者自身が気持ちよく演奏できず、また聴衆も心地よく鑑賞することが難しくなります。

AFCは電気音響・信号処理技術を用いて、響きの少ない空間に、その空間固有の音響特性を元に、用途に適した響きを付加します。クラシック音楽の生演奏の音を自然かつ豊かに響かせられるほか、講演会・スピーチや演劇など、用途が多岐に渡る空間を各々に適した響きに変化させることができます。これにより、建築音響特性を活かし、そのひとつの空間を多様な演目で活用することができます。

AFC OFF

  • Yamaha AFC

音楽演奏に適していない僅かな残響

AFC ON

  • Yamaha AFC

音楽演奏に適した豊かな残響

AFCによる感動体験の追究

楽器の演奏者と、奏でられた音楽を楽しむ聴衆、双方の満足度を最大化するにはどうすればよいのか? ヤマハはこの根本的な問いに対して様々な方法でアプローチしてきました。演奏者と聴衆と空間のあるべき関係性を追求し、「建築音響」「電気音響」「騒音制御」といった音響全般に関わる技術と知見を深めるなかで生まれたのが「AFC」というソリューションです。AFCは、ひとつの空間を多様な演目で活用したいというお客様の要望に応えるため、30年以上前に音響設計ツールとして開発され、現在に至るまで様々な改良が加えられてきました。

最新モデルの『AFC4』では、信号処理能力が従来モデルから大幅に向上し、96kHzに対応した高度なプロセッシング能力と多彩な音響調整機能を備えました。従来モデルでは対応できなかった極端に響きの少ない空間においても豊かな響きを付加でき、これまで以上に多くの場面で質の高い音場支援を実現します。

Yamaha AFC

規模に応じた3モデルを用意

音場支援を必要とする空間には小規模から大規模なものがあり、それぞれが独特の音響特性を持っています。AFC4ではそれら多くの空間パターンに柔軟に対応するため、規模別に3モデルを用意しています。

品名 品番 価格
音場支援システム SK-AFC406 オープンプライス
SK-AFC404 オープンプライス
SK-AFC402 オープンプライス

※AFC4はヤマハAFC認定インストーラー取扱製品です。

●ヤマハAFC認定インストーラー
ヤマハサウンドシステム株式会社(https://www.yamaha-ss.co.jp/

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。