【Z BLOG】田中 充:アニメ挿入曲

今日はアニメの挿入曲のレコーディングでした。

トランペットセクションは中野君と二人。

譜面を見てびっくり。結構黒い。(細かい音符がいっぱい書いてある・・・。)

キーもコロコロ変わる。

そしてさらに「テンポ結構早いです」情報が!

(レコーディングに行くとたいてい先に譜面が配られて、そこにはテンポが書いてないことが多いので、

たいてい開始時間までドキドキしながら待つ。)

中野君のパートなんか結構音域も高くて、一瞬ピッコロトランペットに手をかける彼。

僕はタンギングがそんなに早くないので、テンポが鍵となりそう。

 

そしてレコーディングが始まり何度か通してみて、その結構早めなテンポについて行くためにテンションを上げる一同。

早いの吹くときって、技術もさることながらテンション上がってないと無理なんですね。実感しました。

 

数テイクののちなんとか完了!中野君はピッコロを出動させることもなく、Bb管で吹ききってました。素晴らしい。

 

やっぱり自分一人で練習してると、無意識のうちに苦手なことを避けてるんですよね。

レコーディングに来るたびに苦手なところを突きつけられてるような気がします。

当たり前だけど、出来ること練習してても仕方ないですもんね。よっしゃがんばるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、余裕の笑顔の中野君。