【Z BLOG】フジイヒロキ:オランダでのお仕事

2015年は1月から、なかなかに刺激的な体験が出来ました。
なんと、オランダで開催された「ロッテルダム国際映画祭」で演奏させていただいたのです!!
関ジャニ∞のメンバー、渋谷すばるさん主演の映画「味園ユニバース」(http://misono.gaga.ne.jp/)が、
この映画祭に出品され、主題歌などを生バンドで演奏させていただきました。



今回は写真をたくさん撮ったので、画像中心にレポートしたいと思います。



下記の写真が「味園ユニバース」のポスター。現地では「La La La At Rock Bottom」というタイトルでした。




会場はこちらのルクソール・シアターです。




座席やロビーのイスなどもとてもお洒落でした!僕は完全に同化しております(笑)。








日本ならまだしも、このような海外の映画祭に出演するという機会は、ミュージシャン人生ではほぼ考えられない事だと思います。
こんな経験が出来た事にとても感謝しています!



ちなみに滞在中、少しだけロッテルダムと、首都のアムステルダムの観光をする事が出来ました!
下記の2枚はそれぞれのセントラル・ステーションですが、ロッテルダム駅は現代的な斬新な建築、
アムステルダム駅は伝統的な、いかにもヨーロッパという雰囲気の建築でした。











ビールはやっぱりハイネケンです。
レストランの窓から見える景色も美しいですよね!







夜の街並もとてもお洒落で、ライティングも素敵でした。
町中が美術館のようで、こうして歩いているだけで自分の中の芸術的なセンスが磨かれたような気になります。
東京での現実的な生活をしばらく忘れる事が出来ました(笑)。











これまでも、アメリカへの留学、その期間中にフランスへの演奏旅行、フィリピンへのボランティアなどで
海外への渡航は経験していますが、お仕事としては始めてでした。この事は僕にとって大きな一歩だと思っています。



昨年はオランダのジャズトロンボーン奏者、イリャ・ラインハウト氏のレッスンを受けたり(http://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/5969/)、
フィンランドのジャズ・サックス奏者、エーロ・コイヴィストネン氏と共演させていただいたり(http://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/6130/)、
国内でヨーロッパとの繋がりが多くあり、



「いつか現地にも行ってみたい、グローバルな活躍をしたい!」



などと思っていましたが、こう思っているとそれが現実になっていくという事が、僕の人生の中でも何度かあります。
そんな時いつも、



「ただ日々の生活を義務のようにこなすのではなく、『自分はこう生きたい!』と、自分の人生をイメージする事」



がとても大切だという事を感じます。
もちろん思いどおりにいく事ばかりではないのですが、自分次第で変わっていく部分も大きいのではないでしょうか。
僕自身、これからも現状に満足する事なく、ポジティブかつ、広い視野で活動していきたいと思います!!