【Z BLOG】朝里 勝久:フジイヒロキさん

こちらのZ BLOGにて、私と同じように執筆されているトロンボーン奏者のフジイヒロキさん。
今年の3月末に久しぶりにLiveで一緒に演奏しまして、せっかくだからコチラに一緒に登場してみようという話になりました(笑)







彼とは、お互い高校生の頃からの付き合いです。
クラシックの独奏コンクールにお互い出演していて、楽屋で話をしたのが最初だったと思います。
今数えてかなり驚いたのですが、その頃私は16才だったのでもう20年の付き合いになります。
当時から本当に色々な事を勉強していて、知らない事を沢山教えて貰いました。
当時私はほぼクラシックしか聴いていなかったのですが、ポップスやジャズなどでトロンボーンが活躍する音源も色々聴かせて貰い、またそういったLiveに連れて行ってくれたのも彼でした。
そしてLiveでも演奏を聴くだけでなく、積極的に演奏者に話しかけて何かを得ようとする姿勢が高校生の頃から既に備わっていました。
日本を代表するトロンボーン奏者、村田陽一さんとこの頃お話をさせて頂けたのも言うなれば彼のおかげで、とても大きな財産です。
そうそう、前述のコンクールの時に出来た仲間達と一緒に、ストリートでトロンボーンアンサンブルをしたのも良い思い出です
(冬だったから寒かったのですが…)




コチラはその頃の写真。



その後、彼が先に所属していた早稲田大学の「ハイソサエティーオーケストラ」に誘ってもらい、私の人生のターニングポイントになりました。
また、プロになってからの責任、厳しさなども、実は彼から学んだ事が非常に多いです(年齢は彼の方が一つ下ですが、プロでは先輩なのです)。
今まで私は本当に色々な方に支えられてきたのですが、彼はその中でも大恩人の一人です。



うーん、なんか持ち上げ過ぎたかな(笑)でも本当なんですよね。
ちなみにここでは書けませんが、勿論若かりし頃特有のアホな事もたくさんやりました!
今現在の彼の活躍はいちいち私が書く事ではないので省きますが、一般的な枠に収まらないその活動は、見ていてとても励みになり、また嬉しく思います。
今後もお互い刺激を与え合う関係でいたいです!