【Z BLOG】フジイヒロキ:ミヤ・ジャズイン





10月31日(土)は、宇都宮で行われているジャズフェスティバル「ミヤ・ジャズイン」に、
指導をしている生徒さんのビッグバンドで出演して来ました。今年で3年連続になります。



http://miyajazz.jp/index.html



宇都宮は、サックスの渡辺貞夫さんの出身地ということもあってか、とてもジャズが盛んな街のようですね。



昨年は商店街の小さめの会場で、雨天だったこともあり、ちょっとお客さんは少なめだったのですが、
今年は一昨年の初出場の際に演奏させていただいた、メイン会場の「オリオンスクエア」に戻り、
曇り空で若干肌寒い中ではありましたが、たくさんの熱心なお客さんの前で演奏することができ、とても嬉しく思っています。



本日はバストロンボーンの生徒さんがお休みだったので、僕が代打で演奏。
今年中古で手に入れたヤマハのバストロンボーンに活躍していただきました!







ジャズフェスは、ロックやJポップのフェスと比べると、アマチュア主体で、プロの演奏家としては少し寂しい気もしますが、
こうしてアマチュアの管楽器やジャズの愛好家の方々と関わり、サポートをしていくのも、
今後のプロのジャズミュージシャンの在り方のひとつではないかと思います。



僕が指導をしている船橋の「ブリッジシップ・ジャズバンド」は、管楽器のみのクラスなので、
本番の際には、僕の知り合いのプロミュージシャンにお願いしてサポートしてもらっています。



今年も昨年に引き続き、ピアノの北村真紀さん、ベースの鉄井孝司さん、ドラムの黒田慎一郎さんにお願いしました。



本番後は、宇都宮といえばやはり「餃子」ですよね!
餃子につられ(笑)この仕事を受けてくれた3人のリズムセクションと、楽しく打ち上がりました!







また来年も出演出来たらと思います。
ジャズフェスと餃子フェスが同時開催されているという、なんとも魅力的なイベントですので、
お近くの方は是非足を運んでみて下さいね!