【Z BLOG】フジイ ヒロキ:「ビッグバンドでレコーディング」

先日ビクターのスタジオでレコーディングのお仕事があったのですが、僕的にはかなり久々のフルバンド編成(アルトサックス2、テナーサックス2、バリトンサックス1、トランペット4、テナートロンボーン3、バストロンボーン1、ピアノ、ギター、ベース、ドラム、ボーカル)でした。

こういう編成が少なくなってしまったのは、大きく分けて以下の3つ理由だと思います。

1.景気の悪化で予算をかけられない

2.ビッグバンドのようなサウンドが一般にはあまり求められていない

3.テクノロジーの進歩により、多重録音が可能になった(結果、予算も抑えられる)

ジャズやビッグバンドが好きな人から見ると、少し寂しい話ですよね。

とはいえ、ある程度は時代の流れで仕方ないと思うし、「使えるテクノロジーは使う」というのが僕の考えです。実際僕がリリースしたCDの7曲目の「You’ll Never Walk Alone」はビッグバンド編成のアレンジなんですが、サックスは石川周之介さん(http://shumusic.net/shumusic/Home.html)1人で5パート、トランペットは織田祐亮君(http://www.tri4th.com/)1人で4パート、トロンボーンは僕が1人で4パート重ねて、自宅スタジオで録音しています。

おかげで、僕のような個人でも、スポンサーやレーベルなしで制作する事が出来ました。

http://hirokifujii.com/cd

「You’ll Never Walk Alone プロジェクト」については以前のブログ(http://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/7273/)でも触れさせていただいていますが、結果ここから「生で演奏する輪」が広がって来ているので、テクノロジーには頼りつつも、生演奏の良さを伝えていく事には貢献出来ているかと思います。

http://hirokifujii.com/youll-never-walk-alone-project

8月には、支援をさせていただいている岩手県大槌町で、地元の高校生たちと、9月には、盛岡で行われる「いわてジャズ」というイベントで、やはり被災地である大船渡市のアマチュアビッグバンドなどと一緒に「You’ll Never Walk Alone」を演奏させていただく事になりました。

特に「いわてジャズ」の方は大きなイベントで、国内外のゲストミュージシャンも出演されるようです。東北の方もそれ以外の方も、是非足を運んでいただきたいと思います!

http://www.iwate-kenmin.jp/archives/2932