【Z BLOG】三木 俊雄:フジロック・フェスティバル2016 その1

7/22,23,24の3日間、国内最大級のロックフェスティバル、「フジロック・フェスティバル2016」が新潟県の苗場スキー場で行われた。
今年は20周年ということで統括プロデューサー日高正博さんの発案のもと、スペシャルプロジェクトが組まれることになった。

日高さんのアイディアはグレン・ミラーの美しいサウンドをロックやスカのリズムに乗せて若いオーディエンスに伝えたいというもの。
最も客数の多い土曜日のトリにフジロックの中でも最も大きいグリーンステージで行う、「グリーン&グレン」ということで、このプログラムはG&G.Miller Orchestraと名付けられた。
リズムセクションはLAのロカビリー・スカバンド、”Jump with Joey” 僕はフロントページ・オーケストラのホーンセクションとともに、シンガーはエゴラッピンの中納良恵さん、サニーデイ・サービスの曽我部恵一さん、そして加藤登紀子さんが参加。マエストロ外山和彦さんのアレンジと指揮のもと、グレン・ミラーからビートルズ、忌野清志郎までのオールディーズ・ナンバーをビッグバンドでやることになった。

今回、バークリーの先輩で僕と同じ尚美学園大学で教鞭を取るアレンジャーの外山和彦さんからお声を掛けて頂いたが、正直ビックリした。
こんな事を言っては「だからお前はダメなんだ」と言われるかも知れないが、僕の音楽は野外で数万人の聴衆を熱狂させるものではないと思う。
しかしその後、外山さんと何度も話し合い、日高さんともお会いして彼の想いとそのアイディア、そしてフジロックの歩みを聞かせていただき、結局ホーンセクションとして参加することになった。

フジロックには大小様々なステージがあり、新人向けの小さなステージでもそこに出演するのは大変なことだという。当然グリーンステージに、そして土曜日のトリに出演するというのはとても凄いことだそうで、カミさんの幼稚園のママ友もビックリしていたらしい。
僕は仕事がら朝は家にいるので幼稚園に息子を送って行くこともあり、周りのお母さん方からは「〜君パパは何してる人なんだろう」と多分思われていたので、その点はようやく肩身の狭い思いをしなくても済みそうだ(笑)