【Z BLOG】吉田 佐和子:音楽がお客様に届くまでの導線を優しく丁寧につくる。

先月ふるさと福知山で行った、音楽で福知山(まち)をつなぐ!第13回フレッシュコンサートの動画が完成しました。

ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=JAMUSk28szc 

今回のコンセプトである『何処でもない此処へ』という世界観が伝わる映像になったと思います。

実は、音大を卒業した当初は映像をあまり重要

映像を創ることと、音楽を創るということは、それぞれが物凄くかけ離れた遠い場所にあるように感じていたのです。

でも、音楽を聴いていただくまでの導線を優しく丁寧に創ることがとても大事だということに気付いてから映像に関する捉え方が変わりました。

導入の仕方さえ工夫すれば、お客様が音楽を『聴こう』と思っていただるパーセンテージが上がるのです。

ただ単に演奏することだけを考えていると、この部分はないがしろにされがちな部分かもしれません。

実際、私は音大でより良い演奏の仕方は習いましたが、その音楽の伝え方や広め方については教わりませんでした。

どんな言葉で、どんなツールを使って、お客様になり得る人々に音楽を届けるのか?
それは自分で学んでいくしかないし、人それぞれに合ったやり方があるでしょう。

ただ、人は何らかの行動をする前に必ずその行動を起こした結果どうなるかを連想します。

つまり、『その音楽を聴いたらどうなるのか?』という事を想像できるような材料を用意してあげると良いのです。

その点において、動画は視覚と聴覚に訴える、お客様がその世界観に入り込みやすいツールなのです。

まずは自分が何気なく見ている映像から、どんな印象を感じているのか?

自分の音楽から伝えたいものを感じてもらうにはどんな映像があれば良いのか考えてみると良いかもしれません。