【Z BLOG】吉田 佐和子:自分に楽器を合わせる

レッスンをしていると、よく『楽器に自分を合わせている』人をみます。

本当はもっと楽に吹きたい!と思っているのに、楽器の状態に合わせて、少し我慢して吹く。

少し吹きづらい箇所があるのに、楽器の状態に合わせて、少し我慢して吹く。

どちらにしても『我慢』しているわけです。

この『我慢』は取り払えるということを、何故か多くの人は知りません。

『吹きにくい』ということに関して、いつもどんな時もとにかく自分が悪いと思ってるわけです。

な、何故なんでしょうか。。。??

これは多分楽器を始めた時、周りの人に指摘された内容に対する解決策がよくなかったり、出来ていないことそのものを指摘するだけで解決策は与えられなかったからではないかと推測しています。

指摘するだけなら誰でも出来ますが、具体的な解決策をちゃんと言える人って意外と少ないんでしょうね。

もちろん、楽器を始めたばかりで自分が吹きやすい状態がどんな状態なのか分からない人にはこの話をするのが少し早いかもしれません。

しかし、自分の好みの音色や吹奏感が見えてきたのであれば、是非もっと自分の欲求に楽器を合わせてみることにチャレンジして欲しいと思います。

求めないと、効果は出ません。

あと、何にでも言えることなんですが、『その情報を知っている上でそれを選択しない』のと『その情報を知らなくてそれを選択しない』というのは天と地ほどの差があります。

自分に楽器を合わせたらいい。

という視点を持っていないのと持っているのとでは、全然違います。

楽器はもっと吹きやすくて、自由で、自分に寄り添ってくれるものだということを是非もっと多くの人に実感して欲しいし、楽器と楽しくお付き合いを続けて欲しいと思います。