【Z BLOG】朝里 勝久:「水泳の効果」

以前書いたようにダイエットをしていた、というか今もゆるく継続中なのですが、近所の市営ジムには筋トレをする為の設備だけでなく、とても大きいプールがあります。むしろそっちが主役の施設。メインの50mプールは水深2m。小学生時代に水泳を習っていたおかげでそれなりに泳げるので、筋トレ後にたまに泳いでいます。市営プールですから本当に様々な人が泳ぎに来ていて、とんでもないスピードで泳ぎ続けるおばちゃんがいれば、見たこともなかった謎の泳法でのんびり泳ぐおじいさんもいます。時間帯によっても違いがあって、午前中は年配の方、午後は小学生、夜は比較的若い方が多いように思います。僕は職業柄特に決まった時間に行く訳ではないので、色々な方や泳ぎが見られて楽しいです。

水泳も結果的にはダイエットに繋がっている気はするのですが、自分にとって水泳本来の目的は気分転換と演奏のため。筋トレの後、ゆるーく平泳ぎをすると気持ちが落ち着きます。そして、泳いだ後楽器を吹くと非常に楽に演奏出来ます。泳ぐことによって身体が解れるのと、呼吸を深く、また多くするので、それが良いのかと思っています。この感覚を覚えるためにも、そして何より楽に吹けて気持ちが良いので、泳いだ後はなるべく練習しようとします。

ただ唯一の問題点は、泳ぐと眠くなること。筋トレして、泳いで、家に帰ってご飯を食べて、さあ楽器を吹くぞ!吹くぞ。ふ、く、、、

寝てしまう確率は、今のところ70%ほど。ご飯がいけないのかな。でもお腹空くんだよな。