【Z BLOG】フジイ ヒロキ:「Brass for Japan 2016」

10月2日、横浜みなとみらいの日本丸前で、「Brass for Japan」というチャリティーイベントが開催されました。

英国式ブラスバンド愛好家の方が集うイベントで、総勢90名の金管奏者(パーカッションも若干名)が参加されたそうです。

今回は、音楽で復興支援をする僕主催の企画「You’ll Never Walk Alone プロジェクト」の一環として、英国式ブラスバンド版を僕自身が編曲し、参加者の皆さんが初演して下さいました。
大勢のプレイヤーの音を合わせるのは(しかも野外で)大変だったと思いますが、気持ちのこもったとても素晴らしい演奏をして下さいました。

僕がこのイベントに関わるきっかけとなったのは、今年4月に参加させていただいたYELL ウインドオーケストラさんのチャリティーコンサート(http://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/7357/)で、前回は吹奏楽版の初演、今回はブラスバンド版の初演と、両方に参加して下さった方もいらっしゃいます。

8月のライトアップニッポン大槌(http://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/7645/)もそうだったのですが、こうして復興支援やチャリティーに関わって下さるミュージシャンの多くがアマチュアミュージシャンです。逆に、プロミュージシャンでこういった事をやる方はとても少ないと思います。

理由としては、正直なところプロミュージシャンは、一般の方と比べて収入が安定していない人も多い事。それから、日本では欧米と違い、Donation(寄付)の文化が浸透していないせいで、「売名」などと叩かれやすい事も影響しているのではないかと思います。実際震災直後も、日本人のアーティストより、レディー・ガガなど、海外の大物アーティストの方が動きが早かったですよね。

僕自身も決して儲かっているわけではないのですが(笑)、震災が無ければ出会わなかった方々とたくさん知り合い、おかげさまで成長させてもらえているので、小さな支援ではありますが、例えいろいろ言われたとしても、これからも出来る限りの活動を続けていこうと思っています。
http://hirokifujii.com/youll-never-walk-alone-project