【Z BLOG】朝里 勝久:「サテンのチューニング管」

先日、トロンボーン奏者の三塚知貴さんとご一緒した時に、何やらカッコいい色をしたチューニング管を使っているのを見ました。聞いてみるとサテン仕上げのものとの事。新しいもの好きな私は色々と情報を仕入れた後、ヤマハの方に無理を言ってしっかり自分の楽器用のものをお借りしました。(いつもお世話になっております)

こっちが普段のもので、

こっちがサテン。

※ちなみに金管楽器で言う「サテン」とは一般的に、メッキの仕上時に砂を吹き付けたり、刷毛やスチールウールでこすったりしてつや消し状態にしたものです。写真のものは、最後にクリアラッカーで仕上げてあります。

カッコ良いですよね!?見た目よりも音や吹奏感が大事だろうという声も聞こえてきそうですが、いやいや、見た目も大事!(笑)
…すみません、音の話もします。
最初に感じたのは、音が遠くに飛んでいく感覚がある事。その割に、自分にもニュアンスなどしっかり聴こえます。吹奏感に関しては多少抵抗が強くなる感じです。前で聴いている人、横で一緒に演奏する人に色々意見を頂きつつ、色々試しているところです。いよいよ明後日に迫った「Z Express Big Band」では、こちらのチューニング管を使ってみようと思っています。

いやー、それにしてもかっこいい(いつまで言うとんねん)