【Z BLOG】フジイ ヒロキ:「アメリカ旅行記 Las Vegas 編」

アメリカ旅行記 International Trombone Festival 編はコチラ

気が付けば、最後にアメリカを訪れてから10年、留学していたのは12年前になっ
ていました。

せっかく久々のアメリカなので、今回はちょっと長めに休みを取り、
International Trombone Festivalの後、留学していたラスベガスに寄って来ま
した。よく留学経験の話をすると、

「ラスベガスに学校があるの?何を勉強してたの?ギャンブル?」

と、大抵の人が聞いて来るのですが、あるんですよ(笑)。

僕が通っていたのは、「ネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)」という所です。

日本人のイメージだと、もしかすると未だに「ジャズでアメリカ留学と言えば
バークリー音楽院だけ」という印象なのかも知れませんが、州立大学に、普通に
ジャズ科があったりします。

日本で言えば、都立大や県立大にジャズ科があるようなものですね。

時間を見つけて学校にも行って来ました。トロンボーンのBruce Paulson先生は
ニュージーランドに移住してしまって会えませんでしたが、ジャズ科のディレク
ターのDave Loab先生には会う事が出来ました!(もちろん12年振りです)

留学中は家賃が1人3万5千円位のボロアパートに住み、アメリカのテレビドラマ
や映画でよく観る有名ホテルとは無縁の生活だったので、今回はちょっと頑張っ
てその中の1つに泊まってみました。

泊まれそうな金額の中で一番ルックスのインパクトがある「ルクソールホテル」
です。ピラミッドの形をしているので、窓が斜めになっています。

東京の自宅より広い部屋の居心地は最高でした!


 
昼間は40度位あって、外に出ると干からびるので(笑)、部屋で練習、夜はシル
ク・ドゥ・ソレイユなどのショーを観るというような生活を10日ほどしておりま
した。

昨年の3月に、自分名義のチャリティーCDをリリースしたのですが、その中に、
留学中の友人で、現在
シルク・ドゥ・ソレイユの「ズマニティ」というショーに出演しているNate
Kimball君が参加してくれています。

ショーに招待してくれて、拝見、拝聴させていただきましたが、素晴らしいパ
フォーマンスでした。才能のある人は成長も凄いですね!

もう1人、ラスベガス繋がりで参加くれたNathan Tanouye氏は、セリーヌ・ディ
オンのショーで仕事をしているのですが、ちょうどセリーヌがヨーロッパツアー
中で入れ違いになってしまい、残念ながら会う事が出来ませんでした。

彼らはラスベガスのショーを中心に仕事をしているので、日本では無名かも知れ
ませんが、本当に素晴らしいプレイヤーなので、是非僕のCDでも、彼らを知って
欲しいなと思っています!(チャリティーが一番の目的ですが、日本には情報が
入って来ない素晴らしいプレイヤーを紹介したいという意図もありました)

http://hirokifujii.com/cd

そして、もう1つ、ラスベガスに留学中、そのうち行こうと思って結局行かずに
終わったグランドキャニオンにも足を伸ばして来ました!

人工的に造られたラスベガスも凄いですが、大自然が何10億年もかけて築いた景
色は、さらに格別でしたね!

あ、少しだけギャンブルもやりましたよ!
ビデオポーカーで、人生初の「ロイヤルストレートフラッシュ」をゲットしました。
賭け金が小さかったので、さほど儲かりませんでしたが(笑)。

17日間にも及ぶ楽しい時間を過ごしてしまったため、現在、社会復帰がなかなか
に大変です(笑)。

ですが、今後の音楽活動などにフィードバック出来るように、日本でも楽しく音
楽活動をしていきたいと思っています!