【Z BLOG】三木 俊雄:YTS-82ZASP その2

前回に引き続き、11/15に発売された82z ASPについて。

前回の記事
YTS-82ZASP その1

おそらく一番目を惹くのはこの色だろう。よく「特殊な金属なのですか?」と聞かれることがあるが、単に着色されたラッカーで従来のゴールドラッカーと音色その他は変わらない。
非常にユニークな、特に照明が当たるととても綺麗な色ではあるが、僕の個人的な意見としてはその見た目にあまり引っ張られてないでほしい、と思う。
この製品に施されたものはキーレイアウト、部品の形状やその設置方法の変更といった注意深く見比べればわかるものから、内部の溶接痕の除去や部品の軽量化など外からでは分からないものまである。しかし販売サイドとしてはもっとわかりやすい「限定感」を、という要請もあったようだ。
もともとこの「アンバーラッカー」はアメリカ向け輸出仕様としてあったものなので、ならばそれをこのモデルに採用しようということになった。

価格については正直言ってちょっとビックリしている。特別高価な材料などは使っていない。しかし、このモデルは支柱の立て方からオクターブ・キーのレイアウトまで違うので、一から別のラインで組み立てられる。つまり通常より一手間も二手間もかかっているという事だろう

もちろんこのモデルも海外でのモニター調査を行なった。僕の友達のプレーヤーも何人か参加したが、評判は非常に良い。「あれ、いつ出るんだ?」とよく聞かれる。

いよいよ製品化され、販売スケジュールにそって楽器店向けの新製品発表会がある。
サックス以外にも新製品はそれぞれのプレーヤーが従来品と新製品を吹き比べるというデモンストレーションをするのだが、「他の楽器にくらべて明らかに違いがわかって、正直言ってビックリしました」という声を多数頂いた。

随分前に高級オーディオの中古品店を冷やかしで覗いたことがある。
いわゆるハイエンド・ピュアオーディオといわれるものがたいそうな値段だというのは知っていたが、そこに陳列されていた中古品のスピーカーケーブルが僕の持っているオーディオセット一式よりずっと高いのにはビックリした。
「マニアの方にはこの違いが分かるんでしょうね…」と店員さんに言うと、かなりムッとした表情で「いえ、どなたが聴かれてもハッキリとわかります!」と言った。
僕がその違いを聴き分けことができるかどうかはさて置き、店員さんの言わんとする気持ちはよく分かる。
この楽器を吹けば、従来品との違いは必ず感じられるはずだと、僕も思う。

この開発インタビューもかなり踏み込んだ内容となっています。https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=745284568997090&id=484419495083600