【Z BLOG】朝里 勝久:「Fire Dance」

1月23日にZ Express BigbandにTrumpet奏者のAllen Vizzuttiさんをお迎えしてのLiveがありました。Vizzuttiさんがいかに素晴らしいTrumpet奏者であったかは、きっと他のZブロガー達が書いてくれると思うので(笑)私は少し違った視点から。

Allen Vizzuttiさんといえば、超絶技巧を駆使した「Fire Dance」という曲が有名。バンドリーダー三塚さんから、1月のゲストはVizzuttiさんに決まりそうだという話を聞いたときに、間髪入れずに「Fire Danceやりますよね!?」と聞いてしまいました。当日の演奏も本当に素晴らしく感動しました。でも、私がこの曲を初めて知ったのは実はVizzuttiさんの演奏ではなく、Z Express Bigbandのリードトランペッター、石井真さんの18年前の演奏でした。

18年前、当時大学4年生だった私は、Sax向井志門さんの呼びかけで集まった企画バンドで、石井真さんと初めて一緒に演奏しました。(ちなみにみんな同級生です)リハーサルで初めてこの曲の楽譜を見て、同時にトランペット奏者が前に行ったので「あ、ラッパフィーチャーの曲なのか」と思った次の瞬間、彼の演奏に度肝を抜かれたのでした。同級生にこんな凄いやつがいたのかと。この時の衝撃は今もはっきりと覚えています。その後、その曲はAllen Vizzuttiさんのものだという事が分かったのですが、当時Vizzuttiさんは私の中ではクラシック奏者としてのイメージが強かったので、2度驚いたこともよく覚えています。

双方の音を聞いていても分かりますが、石井さんは筋金入りのVizzuttiマニア。
↓こんな記事もありますので、合わせてご覧ください。

https://member1.jp.yamaha.com/topics/detail/id=12308

中学時代から憧れ続け、追い続けていたそうで、おそらく彼は他の誰より今回の共演に懸ける想いは強かったに違いありません。それはリハーサルからビシビシ感じました。リハーサルにはVizzuttiさんご本人はいらっしゃらなかったので、彼の代わりに「Fire Dance」のソロパートを石井さんが演奏したのですが、それはそれは熱いプレイで、私は密かに感動して泣きそうになっていました。また、Vizzuttiさんの他の曲をビッグバンドにアレンジして持ってきていたり、一つ一つの行動から彼の気持ちが非常に伝わってきていました。

そして当日。人の夢が叶う瞬間というものは本当に素晴らしく、見ていて、しかもその場で一緒に音を出せてとても幸せな気持ちになりました。それはただ純粋に彼が願い追い続けた、ひたすらにまっすぐな夢だったからに他なりません。新年早々、素晴らしい場所にいることが出来て幸運でした。


石井さんとの一枚。

さて、私が憧れるBill Reichenbachさん、Douglas Yeoさんとの共演はいつになるのかな〜(笑)
精進します!

〜おまけ〜

そりゃあんなに吹き続けたら疲れますわ。