【Z BLOG】フジイ ヒロキ:「ガキバラ出演」

先月19日(金)、文化放送のラジオ番組「楽器楽園~ガキパラ~for all music-lovers」に生出演させていただきました。

パーソナリティは、俳優でサックス奏者でもある武田真治さん、ヴァイオリニストの岡部磨知さん、文化放送のアナウンサーの砂山圭大郎さんのお三方。

番組の中に、ヤマハ提供の「みゅ~ぱら」というコーナーがあり、以前このブログでも紹介したサテン仕上げのトロンボーン(https://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/8157/)の宣伝や、放送の4日後に行われたZ EXPRESS BIG BANDのライブ告知などをさせていただきました。

「ヒゲとメガネと赤がトレードマークのトロンボーン奏者」という、とても的を得た紹介をしていただき(笑)、ひとしきりヒゲの話題に花が咲いてしまったのですが、その後、どんなきっかけでトロンボーンを始めたのかや、ツアーやレコーディングでのエピソードなどのトークで盛り上がりました。

ちなみに僕は元々クラシックのプレイヤーを目指していて、高3の頃にジャズ、ポップスに転向しました。理由は、オケだと休みが多くて退屈だから(笑)。ヴァイオリンの岡部さんは、オーケストラは音数が多すぎて嫌だったそうです。トロンボーンとは真逆ですね。普段聞く事のできないヴァイオリニストのお話も聞けて面白かったです。

そしてこの番組はなんと、パーソナリティのお二人と生演奏でセッションできるコーナーがあるんです!

せっかくの機会ですので、2年前にリリースした僕のオリジナルアルバムの中から「You’ll Never Walk Alone」をこのセッション用にアレンジして、レコーディングの時のオケを使って演奏させていただきました(自主制作のため、各パートごとの個別の録音データを自分で保管しているというのはなかなかに便利です)。

http://hirokifujii.com/cd

ビッグバンドのフロントに、武田さんのサックス、岡部さんのヴァイオリン、僕のトロンボーンがいるような感じだったのですが、レコーディングとはまた違った雰囲気で、お二人の個性も発揮され、とてもうまくいったかと思います!

伴奏データは全て生音。もちろん本物の生演奏にこした事はないのですが、ラジオだとそうはいきません。
でも、その中で最善の音はお届け出来たかと思います。

曲は3拍子と4拍子の部分があり、初見ではちょっとややこしいのですが、短いリハーサルの中でうまくまとめて下さり、お二人にも「良い曲ですね!」と言っていただきました。お世辞でも嬉しいですね(笑)。

今まで、いわゆるアーティストさんのバックバンドでテレビ出演というのは結構やっていますが、自分の名義で比較的広範囲な公共の電波に乗ったのは初めてだと思います(コミュニティーラジオなどはありますが)。

ヤマハさんのおかげではありますが、アーティストとして、トロンボーンやジャズの普及に微力ながら貢献出来たら嬉しいですね!

http://www.joqr.co.jp/gakipara/

1月19日のところに当日のレポートがあります。

https://agonp.jp/programs/view/43

当日の放送はこちらで聴けるみたいですので、良かったら是非聴いてみて下さい!