【Z BLOG】三木 俊雄:雇うより雇われろ

ジャズの世界でよく言われる言葉に「雇うより雇われろ」というのがある。
一部の例外はあるにせよ、大抵どんなグレートなミュージシャンもお金を払えば共演も出来るし、アルバムを作ることも出来る。しかし、そのグレートなミュージシャンに雇われるのはそれだけの実力があってこそ、という意味の言葉。

特にこの「雇うより雇われろ」に最も当てはまるのはベーシストだろう。逆に言えば、それくらいベーシストは人を雇う機会、つまりリーダーとして活動すると機会が少ないとも言える。ベースという楽器はその特性としてバンドの文字通り底辺を支えるもので、いわゆる縁の下の力持ちである。人間的にも、少なくとも表面的には寡黙で控えめな印象の人が多い。
とは言うものの、彼らもまたベーシストとして雇われ、キャリアも積んだ一人のミュージシャンとして、自分の考える音楽をどこかのタイミングで実現したいと考えるものだ。

ホテルの仕事で一緒になったベーシストの山口裕之君は休憩時間によく譜面を書いており、聞いてみると自分のバンドを始めたとのこと。それだけでもちょっとした驚きであるが、それが3管編成だというのでさらに驚いた。
「僕はちゃんと勉強したことはないので」と本人は謙遜するが、チラッと見た限りではいわゆるラフなヘッドアレンジではなく、アンサンブルが綿密に書かれている。
3管編成というのはその制約と可能性という意味では最も難しい編成の一つだ。それほど頻繁にはやっていないとのことだが、これは是非一度生で聴きたいものだと思った。

その後、彼のバンドはレコーディングも終え、これからリリースの準備に入るというタイミングでライブがあるという。たまたまスケジュールが空いたので彼らのホームグラウンド、渋谷の「KOKO」に向かう。

ステージはすでに始まっていたが客席は満員御礼。
「雇うより雇われろ」といわれるベーシストが自分で曲を作り、譜面を作り、仕事を作り、しかも満席。それだけでも素晴らしいのに音楽はそれ以上に素晴らしかった。本当に「この人を見よ」と思った。いい夜だった。

彼のようなミュージシャンを一人でも多くの人に知ってもらいたいと思います。こちらをご覧ください。

http://thursday-night-sextet.com

さて、2013年から5年以上にわたって担当しましたこのヤマハZ Blogを今回をもって終了いたします。
写真なども少なく、演奏の現場と関係のない話も多かったと思いますが、お付き合い頂いた読者の方々、またヤマハの担当の方々に深く感謝致します。有難うございました。
またどこかで御目にかかれるのを楽しみしております。