【Z BLOG】石橋 采佳:「The Bridge Special Bigband チャリティーコンサート」

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。
今回で2回目の投稿となります。

今回の記事ですが、書きたいことがたくさんあり
何にしようかなとかなり迷ったのですが…
7月に参加したチャリティーコンサートについて書きたいと思います。

そのコンサートはこちら。

「The Bridge」という
韓国出身のピアニストゴン・ミン(Gong Min)さんを中心に活動しているバンドと一緒に
「Special Bigband」のメンバーとしてコンサートに参加させて頂きました。
リズムセクションと2ndアルトサックスはゴンさんの韓国のバンドメンバーで、
その他の管楽器は国立音大の仲間というメンバー構成のビッグバンドです。

ゴンさんは韓国でK-POPを中心に10年以上活動をされていたピアニストで、
東日本大震災のニュースを韓国で見て大きなショックを受け、日本語の猛勉強を始め
毎月現地へ足を運び演奏活動を行い、
数年前に日本にご家族と一緒に移住をし、現在国立音楽大学の2年生….
という経歴をお持ちの方です。
私はそのお話をゴンさんが国立音大に入学する前から聞いていてとても衝撃を受けました。

そしてゴンさんが大学に入学し、実際にお話をして意気投合し、
ミーティングを重ね今年の2月から私もこのプロジェクトに参加させて頂いています。


↑2月3日に行われたSpecial Bigband初ライブの様子です。

そして今回は7月13日に2年前の熊本の震災のチャリティーコンサート、
7月15日に2月3日に集まった募金で宮城県のホールでコンサートを行いました。

宮城県までは車で前日から前入りしていたので、
15日は朝から石巻市の津波の被害があった場所を直接目で見てきました。
震災から7年たった今、復興が進んできてるとはいえ、目を塞ぎたくなるような心苦しくなる場所もまだありました。

その状態を目の当りにした後にコンサートを行うのは正直辛いところもありましたが、気持ちの入り方ががらっと変わり、
実際にバンドの音もリハーサルの時とは全く違うサウンドになり、
国籍や年齢関係など関係なく会場が1つになった気持ちになりました。

あと私はコンサートに来て下さったみなさんにパワーを送りたい!という一心だったのですが、
現地の皆さんはとても前向きで、逆にパワーを頂いてしまいました。
暖かい拍手と笑顔、終演後にはスタンディングオベーション…
そして客席からの「ありがとう」という声に涙を我慢することができませんでした。

私たちは音楽を何のためにやるのか、ということを再確認させらましたし、
うまく言葉では表せませんが、こんなにこみあげてくるものがあるコンサートは生まれて初めて。
このプロジェクトに参加できて、あの空間にいられたことが私は本当に嬉しいです。

これからの私たちの役目は、この活動をこれからもずっと続けていくことだと思います。
音楽の力を借りて、みなさんにパワーを送り続けることができればと思います。
集まった募金で九州でのコンサートも計画しています。
今後とも頑張って活動していきますので是非お見知りおきください。(^^)

今回聞きにきてくださった現地の皆さん、
多忙な中駆けつけてくださりツアーに参加してくださった大学の恩師でもある小曽根真さん、
国音の仲間たち、
震災後、ゼロからこのプロジェクトを結成していつも日本を応援してくださる韓国メンバーの皆さん、ゴンさん、
本当にありがとうございました。

それでは今日はこの辺で。

***今後のLive Schedule***
8月 9日(木)Jam Session@錦糸町J-Flow
8月10日(金)古田一行Quintet@本八幡cooljojo
8月11日(土)山中湖中学校 ゲスト演奏@山中湖交流プラザ
8月18日(土)古田一行Trio@すみだストリートジャズフェスティバルinひきふね
8月19日(日)Brass Honkersサポート出演@すみだストリートジャズフェスティバル
8月25日(土)Jazz Festival at Conservatory 2018@昭和音楽大学 テアトロ ジーリオ ショウワ
8月26日(日)Yamamoto Ryo Bigband@江戸川総合文化センター
8月29日(水)加藤友彦Sextet@南青山Body&Soul
8月30日(木)Z Express Bigband@目黒BLUES ALLEY JAPAN
9月 9日(日)音楽のアトリエ-ブラームスからジャズまで-@ヤマハホール

時間、メンバー等の詳細は私のHPで随時更新中です!
http://ayakaishibashi.com/

Tb石橋采佳