石橋采佳

【Z BLOG】石橋 采佳:秋のライブレポ

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

絶対書こうと決めていたのに書きそびれていたライブがいくつかあるので今回はその記事になります。

まずは1ヶ月前の話になってしまいますが(笑)、
10月12~14日で行われていた「しあわせ、ヒュッゲ Jazz Festival」というイベントにZ Express Bigbandのメンバーの皆さんと、少人数のコンボ編成で参加させて頂きました!

会場は西武池袋本店の屋上ということで野外ステージ♪
私は13,14日と参加させて頂き、1日3ステージ演奏しましたがどのステージもたくさんの方が足を止めて聞いてくださりました。

10月13日
茅野嘉亮(tp)河村みどり(sax)石橋采佳(tb)
加藤友彦(pf)佐藤潤一(b)北井誉人(dr)


10月14日
古屋ヒロコ(tp)菅野浩(sax)石橋采佳(tb)
加藤友彦(pf)佐藤潤一(b)濱田省吾(dr)

特に嬉しかったのは小さなお子さんが楽しそうに聞いてくれたり、普段はジャズはあまり聞かないけどとても楽しめたと声をかけて頂いたこと!
ライブハウスやホールなどで演奏するのもいいですが、こうやって老若男女問わずたくさんの方にジャズを聞いて頂けるチャンスのある野外のステージは本当に楽しいです!

あと今回はこのジャズライブのみでなく、演奏の合間に手作りトランペット教室や楽器体験イベントなど色々な催し物が行われていました。
私も14日の手作りトランペット教室にちびっこちゃん達に混じって参加させて頂きました!!(^^)
手作りトランペットって一体どんな感じなんだろうと思っていたのですが…
完成したものがこちら!!

マウスピースは本物のトランペット用の練習マウスピースだし、音もしっかりでるし、これでしばらく遊べそうなくらい本格的な楽器が完成!!
演奏ももちろん楽しかったのですが休憩時間もとても楽しませて頂きました♪

そして次の週こんなイベントがありました!
Z Blog仲間のTp曽根真央さんも書いていらっしゃいましたが..Heisei Jazz!!!

CDが売れにくく、ライブハウスに客足が遠のき、ライブハウスが閉店してしまう、そんな時代。
そんな時代に生まれても、ジャズミュージシャンの道を進むことに決めた平成生まれが10人集まってのライブでした。
このライブをリードしてくれたのは、私の大学の先輩でもあるサックス奏者の中山拓海さん。
拓海さんはこのライブ以外にも. 90年代生まれのアーティストを中心に企画された「JAZZ SUMMIT TOKYO」というイベントや、その他にもいろんな企画を持っていて、私達世代のリーダー的存在です。
これからの日本のジャズに対してとても真剣に考えていて、実際に行動に移している数少ないうちの一人だと私は思っています。
ライブ当日、拓海さんの言葉、演奏を聞いて日本のジャズをもっともっと盛り上げていくために私達世代が頑張っていかなければと改めて強く感じました。

実際に私は普段演奏の現場にいる時など一番年下ということがほとんどで、頑張って先輩についていかなきゃと必死に着いていくような場面が多いのです。
これももちろん貴重な経験。
でもステージに上がったり、音楽を創る現場で年齢なんて全く関係ないですし、これからは一人のミュージシャンとして、そして日本ジャズ界を担っていく一人のトロンボーン奏者という意識で、常に音楽と関わっていかなければと思った夜でした。
そして音楽で何を表現したいのか、何のために演奏をするのか、何を残したいのか、改めて考えていきたいです。

このような機会を与えてくれた拓海さん、若手を応援してださるカフェクレールの滝澤さんをはじめたくさんの方々に感謝です。

この同世代のメンバーで10年後も演奏し続けられてたらいいなぁと心から思います(^^)

そして最後に!
11月5日にZ Express BigBandのライブがありました!
この日のライブのゲストは以前からお知らせさせて頂いた通り…
トロンボーン奏者、中川英二郎さんをお迎えしてのライブでした!!

photo by 森島興一

私は中川英二郎さんの弟子でもあり、ファンでもあるのですが、この日も最高に素敵で、もう終始うっとりでした。
この日英二郎さんはもちろんYSL-823Gを使っていたのですが、バラードのときの音色がもう美しすぎて、次の日私も同じ曲を練習しまくりました(笑)
YSL-823G、私もあんな風に自分の音色を出せるようにますます頑張らなければ(^^)

ZEBBのライブは今年はこれが最後でしたが、どうぞ来年の活躍にもご期待ください♪

まだまだ楽しかったライブなどたくさんあるのですが長くなってしまったので今日はこの辺で。
また次回をお楽しみに!

Tb石橋采佳

【Z BLOG】石橋 采佳:新しい楽器紹介 YSL-823G

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

私先日まで楽器を始めた小5,6の時から使っていたボロボロになってしまったYSL-882Uを頑張って使い続けていたのですが、
一ヶ月程前についに新しい購入しました!

購入した楽器はこちら!!



先月25日に発売された中川英二郎さんの新しいモデル、YSL-823Gです。
かっこいいでしょう…!!



発売されるのをずーっと楽しみにしていたので、発売が決まった時に本当に嬉しくて嬉しくて…(T_T)
念願のYSL-823Gです!

購入する時に試奏をしたのですが、その時の楽器の第一印象は、音を出す前に楽器を持った瞬間…軽っ!!でした。(笑)
楽器自体がとてもシンプルなつくりになっていて、軽量化されているので持った感じすごく軽いのです。
実際長時間演奏していても腕が疲れにくくなりましたし、早いフレーズを吹く時などのスライドワークも楽になりました。

そして気になる吹き心地は、
中川英二郎さんモデルのテナートロンボーン、YSL-895ENのいいところを残したままその楽器が太管になったという印象を持ちました。
テナートロンボーンのコントロールのしやすさはありながらも、音色はしっかり豊かな響きがするという、細管と太管のいいところどりな夢のような楽器です。

特に私が気に入っているところは太管なのに物凄く楽器の反応がいいところ。
太管でポップスやファンク系の音楽を演奏する時、どうしても反応が遅くなってしまうのが悩みで、そういう現場ではテナートロンボーンを持っていくことが今まで度々ありました。
でもこの楽器はものすごく反応がいいので、太管の豊かな音色を残したままそういうジャンルの音楽にも対応してくれるし、
重厚な響きが必要なアンサンブルの場面でも暖かい音色をばっちり出してくれます。
コンボやビックバンドでももちろん自分のイメージに近い音を表現してくれて、この楽器の対応できる音楽の幅の広さに驚いています。

実際に中川英二郎さんも現在この楽器でオーケストラからコンボまで1本で演奏されていますが、そうやって幅広いジャンルに対応できる楽器にするために物凄い時間をかけて試作を繰り返したそうです。
なのでやっと発売になって、しかもとてつもなく良い楽器で、本当に待った甲斐があったなと思いました。

まだまだ吹きこなせてないところもありますし、マウスピースも色々試しているところなのですが、
これから少しずつ自分の音を作っていくのがすごく楽しみです。

そしてここでお知らせです!
次回11月5日のZ Express BigBandのライブなのですが、
ゲストでなんと中川英二郎さんをお招きしてのライブとなります!!!
ZEBBは元々Tbが5人いるので、この日は6人トロンボーンがいるという激熱なライブになりそうです。
トロンボーン吹きの方、そうじゃない方も必聴のライブです!!
もちろん私も中川英二郎さんもYSL-823Gを吹く予定です♪
ぜひ聞きにいらしてください!!(^^)


Tb石橋采佳

【Z BLOG】石橋 采佳:アイドルとの再会

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

夏も終わりすっかり秋になりましたね!
私は寒いのが苦手で春夏以外はあまり得意じゃなかったのですが、
今年は食欲の秋ということで色々おいしい物を食べたり、芸術の秋で毎週末どこかしらでジャズフェスやその他色々な芸術系イベントが行われているので聞きに行ったり見たり、演奏したり、今年の秋はとても満喫できています。(^^)

その中でも楽しかったことをいくつかの記事に渡って書きたいと思うのですが、
まずはこちら!!!
私のアイドル、TbのMichael Deaseさんにお会いしました!!



左からTb奏者の山田翔一さん、Michaelさん、私。

Michaelさんは今回ジャズフェスティバルに出演するために来日していて、運良くお会いすることができました….!!
Michaelさんを呼んでくださったジャズフェスの方に本気でお礼をしたいぐらい嬉しい出来事です…!!!(笑)
実は今年8月にも来日していてその時にもお会いできたのですが、その時に次会えるのはまた来年かなぁなんて思っていたので思いのほか早く会うことができてすごくすごく嬉しかったです。
しかも今回はゆっくりお話する時間をとってくださって、色々お話ができました。

テクニック的な話や理論的な話など色々したのですが、今回印象に一番残っているのはMichaelさんの音楽にに対する愛の深さ。
音楽愛に溢れてれているミュージシャンだということは、初めて演奏を聞いた時から音楽を通して感じていたのですが、それを改めて言葉で聞くと考えさせられることがたくさんありました。

なんでこんな話になったかというと、私実はメロディーやコード進行を覚えるのがあまり得意でなく、Michaelさんはどういう風に考えているのか聞いてみたいと質問したのがきっかけでした。

私自身今までやってきた練習は
・度数(Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ)で覚える方法
・Any Keyで練習する方法
・アルペジオを色々なパターンで練習する方法、
・ソルフェージュの基礎から練習する方法
・ベースラインを作ってみる
などなど。

この練習方法の他にMichaelさんが考えてることがあれば聞きたいと思い質問したところ、基本的な練習は上記の練習方法と変わりませんでした。
これに加えて私との決定的な違いはMichaelさんはスタンダード1曲1曲の歌詞の意味を理解して、ものすごく愛しているということ。
「歌詞をまず知って理解して、そこに恋人に対する気持ちなんかを思いながら時間をかけて覚えていく」
「ファーストステップは歌詞。その次にメロディーやコード進行がある」

歌詞を理解するというのは大事とは思っていましたが、素敵な歌詞だなぁぐらいでいつも終わってしまっていて、よくやるスタンダードは早く覚えなきゃという焦りで早く曲を覚える方法を探すばかりで、その曲をきちんと聞いて愛するという工程を忘れていた私。
確かに好きな曲は数えきれない程聞いているのでメロディーが複雑でも覚えてるし、ソロまで丸暗記している曲も何曲もあるなぁと思ってMichaelさんが時間をかけて覚えて、と言ってくれたこともすごく自信になりました。

それをサポートしてくれるのがソルフェージュ的な練習だったりAny Keyでの練習。
それをやりつつまずはゆっくり時間をかけて大好きな音楽をもっと増やしていこうと思いました。

また基礎的な練習は私がやっていることと変わらないと書いたのですが、それもMichaelさんは練習であってもその場の音楽を楽しむために色々工夫をしていて、Michaelさんはアルペジオの練習でも歌うように、実際にソロを吹くように楽しんでと言っていました。
言われてみればそりゃそうだなぁと思うのですが、私にとってこういう練習は、ザ・練習!って感じで音楽と少しかけはなれたような機械的な印象でしたが、これも歌うように吹けばりっぱなソロになりますよね。

その時にとりあげていた曲はBody&Soulというバラードだったのですが、Michaelさんはアルペジオの練習をしながらもこの曲のハーモニーをめちゃくちゃ楽しんでいるのが印象的でした。
その他にも色んなTbの物まねや、(似すぎてびっくり。物凄く分析したんだと思います)楽器を持っていなくてもシャワーを浴びてる時や移動中なども常にフレーズを歌っていると言っていたり、片時も音楽のことを忘れていないのだなぁと思いました。
私的に練習は自分の弱いところと向き合うことだったので、そこそこのストレスを抱えながらやっていたりしたのですが、まずは楽しむ心、音楽を愛する心を大切に演奏するということの大切さに改めて気づくことができました。

ミュージシャンとしてはもちろん、一人の人間として尊敬しています。
会うことができて本当によかったです。

別れる時に寂しい気持ちになりながら片言で「See you next year!」と別れを告げたのですが、数日後なんと11月にまたDavid Sanbornさんのバンドで来日するとう情報を発見….!!(笑)
なんで教えてくれないのー!!!!と思いつつ速攻で予約しました。(笑)

またどんなお話が聞けるか楽しみです!!

Tb石橋采佳

【Z BLOG】石橋 采佳:「ブラームスからジャズまで」

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

9月9日にこんな素敵なコンサートに参加させて頂きました。

————————
音楽のアトリエ~ブラームスからジャズまで~
@ヤマハホール

出演
トロンボーン:佐藤洋樹、和田充弘、高橋真太郎、石橋采佳、堂本雅樹
クラリネット:小倉清澄
弦楽四重奏:THE ORCHESTRA JAPAN より
青木高志、小形響 Tarashchansky Sergey 、増本麻理
朗読:岸田エリ子
ピアノ:続木徹
歌:西村知恵
ダンス:阿弥梨沙子
ギター:浅利史花
ピアノ:松本茜
ベース:小林航太朗
ドラム:田村陽介

演奏曲目 プログラム
第1部
ブラームス:交響曲1番4楽章よりアルペンホルンとトロンボーンコラール
ブラームス:クラリネット五重奏曲
武満徹:谷川俊太郎詩「死んだ男の残したものは」(ダンス共演あり)
第2部 ジャズタイム
Left Alone ヴォーカルとピアノのデュオ
If you need a friend ピアノトリオ(ダンス共演あり) ほか
————————

このコンサートのお話を頂いたのは恐らく2年程前。
2年前に今回の企画プロデューサーである小林富次郎さんにヤマハホールでコンサートをやりたいと声をかけてくださった時は、どんなコンサートになるんだろうか、このプログラムを本当に務められるのだろうかとドキドキでした。

このコンサートを終えて感じたのは、小林さんも仰っていましたが、「クラシックとジャズの間に深い谷は無い」ということでした。
クラシックとジャズは密接な関係にある音楽で、その2つの音楽の歴史、奏法を学ぶことでより音楽の表現の幅が広がると痛感しました。

例えばビッグバンドやコンボをやっている時、クラシックで学んだ基礎的なことが物凄く役に立つし、逆にクラシックの曲を演奏している時に、周りを聞く力やハーモニーの感覚はジャズをやっていたから培われたものだと感じました。

私はクラシック音楽を聞くのは好きな反面、演奏するのにはなかなか払拭できない苦手意識があって、クラシカルな練習をしていても、ジャズが吹きたい!!と思ってすぐアドリブの練習をしてしまうことが普段しばしばあります..。(笑)
でもクラシック音楽を勉強することで、より自分の理想に近い「ジャズ」ができるようになると今回確信しました。
もっと早く勉強しておけば、と思うところもありますが、始めるのに「遅い」はないと思うのでこれから少しずつやっていきたいと思います。

前の記事に少し書かせて頂いたトロンボーンのMichael Deaseさんもクラシックが大好きだそうで、クラシックの曲を色々をさらったりしているそうなんですが、Michaelさんは色んなクラシックのトロンボーンのプレイヤーの物まね(といったら失礼ですが..)がすごく上手なんです。
音色やクラシカルなニュアンスまで細かく捉えていて、それだけたくさん聞いて研究していらっしゃるんだなと思いました。
実際私は一人で練習をしているとどうしても「音」のイメージがつきにくいことが多く、クラシックの奏者の方の音を聞いて音色の違いに愕然とすることがあるので、私もMichaelさんのように物まねから始めてみたいと思っています。

あと定期的にクラシックの音楽を聞きに行ったり、レッスンも受けてみよう!と思い、
昨日早速レッスンを受けに行ってきました。
長い道のりになると思いますがジャズと並行して、こんな感じで少しずつ頑張っていきます。
そして逆にクラシックからジャズを始める方もどんどん増えたらいいのになぁなんて思います♪

最後にこのコンサートでは素敵な出演者の皆様と、ブラームスからジャズまで、ジャンルの垣根を越えた音楽ができて幸せでした。
皆様ありがとうございました。

この日のトロンボーンの皆様と企画プロデューサーの小林富次郎さん。


なんと全員ヤマハユーザーでした!(^^)

そしてヤマハホールは演奏していてとても気持ちの良い素敵なホールでした。
またここに帰ってこれる日がくるよう精進したいと思います。

それでは今日はこの辺で。

Tb石橋采佳

【Z BLOG】石橋 采佳:「私の音楽のルーツ」

こんにちは!

トロンボーンの石橋采佳です。


Z Blogのライターを始めてから早2ヶ月。

最近ライブハウスなどで「Z Blog見てるよ」と声をかけて頂くことが増えてきて、大変嬉しく思います。読んでくださってる皆様、本当にありがとうございます!

これからも音楽を通して日々感じたことなど、私なりの言葉で綴っていければと思っておりますので皆様今後ともよろしくお願いいたします♪



Z blogを始めてからはライブに関する記事が多かったのですが、今回は私が音楽に興味をもったきっかけについて書いてみようと思います。


私の家は音楽一家という訳ではないのですが、両親共に音楽が好きで

母は大のジャズ好き、父はギター弾きという環境で育ちました。

なので3歳〜11,2歳ぐらいまでピアノを習わせてもらっていました。

ですが練習が大嫌いでレッスンの直前に少し譜面をさらうか、

練習した時間分ゲームをやらせてもらうという条件などで嫌々練習をしていたので、大して上手くならず….(笑)

でも音楽を聞くのは大好きで母からジャズを聞かせてもらっており、ジャズのハーモニーが小さい頃から大好きでした。

それがきっかけで当時、そして今も大好きになった音楽があるのですが

皆さん「どうぶつの森」というゲームをご存知ですか..!?

一言で言うと動物の暮らす架空の村での生活を楽しむゲームで、

私が小学生の時に発売されて、今でもとても人気のあるゲームなのですが、

私はそのゲーム内の音楽に小学生でドはまりしたことがきっかけで音楽に興味をもつことになったのです。

どうぶつの森の音楽がどんなものかというと、おしゃれな曲が多く、当時の私の趣味にはドンピシャで、しかも様々なジャンルの音楽を聞くことができます。

例えばジャズやボサノヴァをはじめ、ディキシーやラグタイム、サンバやサルサ、アフロ、タンゴ、カリプソ、カントリー、ゴスペルなど…とにかくたくさんの種類の音楽があるんです!

しかもゲーム内で曲のタイトルを確認できるので、そのおかげで小学生ながらそういったラグタイムやカリプソなどの言葉を知ることができましたし、大まかながらそれがどんな音楽なのかも知ることができました。

しかもその1曲1曲がゲームの世界観ととてもマッチしていて、とてつもなく良いのです。

そのはまり具合をみた両親が、確か数量限定でどうぶつの森の音楽集が発売されたときにCDをプレゼントしてくれたのですが、本当に嬉しくて毎日聞いていたのを今でもよく覚えています。

このゲームをやっていなかったらこんなに様々なジャンルの音楽を小学生で聞くことはなかったと思いますし、なにより音楽に興味をもつきっかけを与えてくれたどうぶつの森には本当に感謝しています…。

そして後にどうぶつの森の音楽を作っている作曲家さんは国立音大の先輩ということを知って狂喜乱舞することになります….!!!(笑)



本当にどこからどう発展して好きなものにめぐり合えるかって分からないものですね。

私の両親も習わせたピアノではなく、ゲームがきっかけで私が音楽に興味を持つことになるなんて思いもしなかったでしょう。

なんてことのない娯楽の中にもそういう可能性が隠れているということはすごくおもしろいことだと思いますし、興味を持ったもの(今回の場合はゲーム)を頭ごなしに否定せず色々やらせてくれた両親にはとても感謝しています。

ということでどうぶつの森の音楽、ご存知の方も多いかと思いますがすごく素敵な曲が多いので是非聞いてみてください。



次回の記事はライブ関連のものになるか、別のものになるかまだ分からないのですが、

近々トロンボーンを始めたきっかけについても是非書かせて頂きたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました♪

それでは今日はこの辺で。

【Z BLOG】石橋 采佳:「2018年 夏」

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

9月になり少し涼しくなりましたね。
今年の夏は記録的な暑さが続く毎日でしたが、
皆さんはどんな夏を過ごしましたか?(^^)

私は今年の夏は楽器を始めて以来、
一番演奏をさせて頂いた夏だったかもしれません!
また演奏以外でもライブを聞きに行ったり、
レッスンを受けたり、本当に濃い時間を過ごしました。
1つ1つ書かせて頂きたいところですが、
書ききれないのでいくつかピックアップして
今年の夏の模様を書かせて頂きたいと思います。
前回の記事には8月11日に参加させて頂いた山中湖中学校定期演奏のことを書かせて頂いているのでよければそちらもご覧になってください♪

まず私の大好きなTb奏者、Michael Deaseさんが8月半ばより来日しており、来日中ほぼ全てのコンサートを聞きに行ってきました!


南青山のBody&Soulにて。

私Michaelさんの音と、遊び心とジャズ愛が伝わってくるアドリブソロが大大大好きなんです。
しかもなんとMichaelさん、いつの間にかYAMAHAユーザーになっていてびっくり!!!!嬉しすぎる!!!
私のMichaelさん愛は書き出すと止まらないので、また別の記事で紹介させてください♪(笑)

2つめは8月25日にJazz Festival at Conservatory(JFC)という、
ピアニストの小曽根真さんの呼びかけにより発足した、国立音大、昭和音大、尚美学園大学によるジャズフェスティバルに参加させて頂きました。
今回は国立音楽大学のGemstones Jazz Orchaestraのサポートと、PJFCのメンバーとして参加させて頂きました。
PJFCとは、JFCは毎年各大学からメンバーを選抜してもう1つ新しいBigBandをつくり、All Stras Bigbandという名で東京JAZZなどのイベントに出演するという企画があるのですが、
私は3年前そのメンバーに選んで頂き、そのAll Stars BigBandの中から今回更に選抜をしたのがPJFCということで、参加できることが本当に楽しみでした。
3日間小曽根真さんとPJFCの仲間と共にとても濃いリハ―サルをしたのですが、
改めて音楽との向き合い方について考えさせられました。
学んだことが多すぎてこれもここには書ききれないのですが、
演奏をしている時に、音楽に対してもっと積極的に関わっていきたいなと思いました。
そして積極的になるためには、もっともっと周りを聞かなくちゃいけないなぁと…。
本当に音楽って会話に似ていますね。

メンバーの中には久しぶりに会った人などもいたのですが、
みんなあり得ないくらい成長していて、自分も頑張ろうという気持ちと、こんな仲間がいて幸せだなぁという気持ちでいっぱいになりました。
全体での写真がなく残念なのですが、PJFCのTbセクションです♪

その翌週には南青山Body&Soulでセクステット(リズムセクション+Sax,Tp,Tb)のライブがありました。
2年程前からBody&Soulには出演させて頂いており、今回で恐らく5,6回目の出演だったのですが、今回も相変わらずドキドキでした。
この日のセットリストは聞いている分には恐らく難しく聞こえないのですが、演るととても難しい曲が多め…。
演奏が始まるまで、どんなステージになるのか正直全く想像がつきませんでした。
でも強力なメンバーに助けられながら本当に楽しく演奏できました。
これからも続けていきたいと思っているので是非応援してくださると嬉しいです。(^^)



そしてその翌日には、お久しぶりのブルースアレイにて、
Z Express Bigbandのライブがありました!!
この日はSax奏者の多田誠司さんをお迎えして演奏をしました。
多田さんに初めてお会いしたのは私が高校3年生の時。
私は福岡出身なのですが、すごいサックスの人がツアーで東京からくるよと聞いて、ライブを聞きにいったのが出会いでした。
なんとその時の写真が残っていたので載せてみます!(笑)
懐かしいな~!



当時多田さんの演奏を聞いてとても衝撃を受けましたが、
この日の多田さんの演奏もあまりのかっこよさに衝撃の連続でした。
ご一緒できて本当に嬉しかったです。


©森島興一

次のZEBBのライブは11月5日(月)、同じく目黒ブルースアレイにて。
次回はなんと、Tb奏者の中川英二郎さんをお迎えします!
ということでこの日のZEBBは豪華に6Trombone!!
Tb好きな方には必聴ですよ!!是非聞きにいらしてください♪


それでは今日はこの辺で。

【Z BLOG】石橋 采佳:山中湖中学校定期演奏会 ゲスト出演

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。

先日8月10日に、
山中湖中学校Blue Lake Beatさん(Bigband部!)の定期演奏会にゲスト出演させて頂きました!
Z ExpressBigbandで一緒に活動をしている、
Saxの菅野浩さんとTpの古屋ひろこさんと3人で行って参りました。
Blue Lake Beatさんは今年でちょうど創立20年目を迎えるそうで、そんな大切な節目の定期演奏会に参加させて頂きとても光栄です。

この定期演奏会が行われた「山中湖交流プラザきらら」はなんと山中湖のすぐ横!
近くの見晴らしのよいところで記念撮影♪
後ろには大きな富士山が見えるはずだったのですが生憎雲で隠れてしまって見えず…。
でもとても気持ちのいい場所でした。


ステージは野外!




本番前にゲリラ豪雨がきて、一時どうなるかと心配しましたが本番前には雨があがって本当によかったです。

本番が始まってステージ脇からみんなの演奏を聞かせて頂いていたのですが、私が大学生に一生懸命やっていたような曲がセットリストに練りこまれていてびっくり!!
ビッグバンドなのでもちろんソロパートもたくさんあるのですが、みんな堂々としていて素敵なソロの連発!
そしてみんな何より楽しそうでなんだかうるうるしてしまいました。

私も小学生の時からブラスバンド部に入っていましたが、
皆と音を出すのが楽しくて仕方なくて、少しでもうまくなりたくて無我夢中でした…。
みんなの演奏はその時の気持ちを思い出させてくれました(^^)

ということで私たち3人も気合い充分!!
4曲程一緒に演奏させて頂きましたがとても盛り上がったステージになりました!



普段はテナーバストロンボーン(YSL-882U)を吹いていることが多いのですが
今日はテナートロンボーン(YSL-895EN)を使用しました。



ひろこさん♪

菅野さん♪

こんなにたくさんジャズをできる同年代の仲間が近くにいるって素敵ですよね。
私が中学生の時は近くにジャズをできる仲間がいなかったので、
自分で社会人のジャズバンドをインターネットで探して連絡して参加させてもらっていました。
(それぐらいの方法しか中学生の私には思いつきませんでした..笑)
それはそれで楽しかったけど本当に羨ましい!
中学生に戻ってこの学校に転校したいっ!(笑)

ゲスト出演ということでしたが、今回もBlue Lake Beatのみなさんから逆にたくさんパワーを頂いてしまいました。
そして初心にかえって、また頑張ろうという気持ちでいっぱいです!
またどこかで会えるといいなぁ(^^)
皆さん、本当にありがとうございました。

8月はまだまだ楽しみなイベントがたくさんです!
8月も半ばですが突っ走っていきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。



***今後のLive Schedule***
8月18日(土)古田一行Trio@すみだストリートジャズフェスティバルinひきふね
8月19日(日)Brass Honkersサポート出演@すみだストリートジャズフェスティバル
8月25日(土)Jazz Festival at Conservatory 2018@昭和音楽大学 テアトロ ジーリオ ショウワ
8月26日(日)Yamamoto Ryo Bigband@江戸川総合文化センター
8月29日(水)加藤友彦Sextet@南青山Body&Soul
8月30日(木)Z Express Bigband@目黒BLUES ALLEY JAPAN
9月 9日(日)音楽のアトリエ-ブラームスからジャズまで-@ヤマハホール

時間、メンバー等の詳細は私のHPで随時更新中です!
http://ayakaishibashi.com/

Tb石橋采佳

【Z BLOG】石橋 采佳:「The Bridge Special Bigband チャリティーコンサート」

こんにちは!
トロンボーンの石橋采佳です。
今回で2回目の投稿となります。

今回の記事ですが、書きたいことがたくさんあり
何にしようかなとかなり迷ったのですが…
7月に参加したチャリティーコンサートについて書きたいと思います。

そのコンサートはこちら。

「The Bridge」という
韓国出身のピアニストゴン・ミン(Gong Min)さんを中心に活動しているバンドと一緒に
「Special Bigband」のメンバーとしてコンサートに参加させて頂きました。
リズムセクションと2ndアルトサックスはゴンさんの韓国のバンドメンバーで、
その他の管楽器は国立音大の仲間というメンバー構成のビッグバンドです。

ゴンさんは韓国でK-POPを中心に10年以上活動をされていたピアニストで、
東日本大震災のニュースを韓国で見て大きなショックを受け、日本語の猛勉強を始め
毎月現地へ足を運び演奏活動を行い、
数年前に日本にご家族と一緒に移住をし、現在国立音楽大学の2年生….
という経歴をお持ちの方です。
私はそのお話をゴンさんが国立音大に入学する前から聞いていてとても衝撃を受けました。

そしてゴンさんが大学に入学し、実際にお話をして意気投合し、
ミーティングを重ね今年の2月から私もこのプロジェクトに参加させて頂いています。


↑2月3日に行われたSpecial Bigband初ライブの様子です。

そして今回は7月13日に2年前の熊本の震災のチャリティーコンサート、
7月15日に2月3日に集まった募金で宮城県のホールでコンサートを行いました。

宮城県までは車で前日から前入りしていたので、
15日は朝から石巻市の津波の被害があった場所を直接目で見てきました。
震災から7年たった今、復興が進んできてるとはいえ、目を塞ぎたくなるような心苦しくなる場所もまだありました。

その状態を目の当りにした後にコンサートを行うのは正直辛いところもありましたが、気持ちの入り方ががらっと変わり、
実際にバンドの音もリハーサルの時とは全く違うサウンドになり、
国籍や年齢関係など関係なく会場が1つになった気持ちになりました。

あと私はコンサートに来て下さったみなさんにパワーを送りたい!という一心だったのですが、
現地の皆さんはとても前向きで、逆にパワーを頂いてしまいました。
暖かい拍手と笑顔、終演後にはスタンディングオベーション…
そして客席からの「ありがとう」という声に涙を我慢することができませんでした。

私たちは音楽を何のためにやるのか、ということを再確認させらましたし、
うまく言葉では表せませんが、こんなにこみあげてくるものがあるコンサートは生まれて初めて。
このプロジェクトに参加できて、あの空間にいられたことが私は本当に嬉しいです。

これからの私たちの役目は、この活動をこれからもずっと続けていくことだと思います。
音楽の力を借りて、みなさんにパワーを送り続けることができればと思います。
集まった募金で九州でのコンサートも計画しています。
今後とも頑張って活動していきますので是非お見知りおきください。(^^)

今回聞きにきてくださった現地の皆さん、
多忙な中駆けつけてくださりツアーに参加してくださった大学の恩師でもある小曽根真さん、
国音の仲間たち、
震災後、ゼロからこのプロジェクトを結成していつも日本を応援してくださる韓国メンバーの皆さん、ゴンさん、
本当にありがとうございました。

それでは今日はこの辺で。

***今後のLive Schedule***
8月 9日(木)Jam Session@錦糸町J-Flow
8月10日(金)古田一行Quintet@本八幡cooljojo
8月11日(土)山中湖中学校 ゲスト演奏@山中湖交流プラザ
8月18日(土)古田一行Trio@すみだストリートジャズフェスティバルinひきふね
8月19日(日)Brass Honkersサポート出演@すみだストリートジャズフェスティバル
8月25日(土)Jazz Festival at Conservatory 2018@昭和音楽大学 テアトロ ジーリオ ショウワ
8月26日(日)Yamamoto Ryo Bigband@江戸川総合文化センター
8月29日(水)加藤友彦Sextet@南青山Body&Soul
8月30日(木)Z Express Bigband@目黒BLUES ALLEY JAPAN
9月 9日(日)音楽のアトリエ-ブラームスからジャズまで-@ヤマハホール

時間、メンバー等の詳細は私のHPで随時更新中です!
http://ayakaishibashi.com/

Tb石橋采佳

【Z BLOG】石橋 采佳:はじめまして。

皆様、はじめまして!
今月からZ BLOGを執筆させて頂くことになりました、
TrombonePlayerの石橋采佳(あやか)です。

これから私の日々の音楽活動のことや、普段音楽を通じて感じていることなど、
色々なことを皆様とシェアできればと思ってます。
これからどうぞよろしくお願い致します。

早速ですが簡単に自己紹介をさせて頂きたいと思います!
ですが、音楽についてのプロフィールはとっても長くなってしまうのと、簡単にですが私のHPにも書いてあるので、今日はHPには書いてないことを書いてみたいと思います。
私のHPはこちらから!

http://ayakaishibashi.com/

楽器をはじめたり、プロになろうと思ったきっかけはまた別の記事で書きたいと思います♩

私は福岡県福岡市出身で、いわゆる博多とよばれているところに住んでいました。
海も山も近くにあって、都会も田舎もすぐ行けるし、ご飯もおいしいし…とても良いところです!!
大学進学をきっかけに上京をして、今は東京で音楽活動をしています。

音楽以外で好きなものは、動物がとにかく大好きです!!
実家ではずっとロンちゃんという犬を飼っていました。

特技はずばり、パソコンのタイピングです。
普段の行動はのんびりしている方なので、人前でタイピングをする機会があると普段とのギャップに驚かれます。
高校生の時にタイピング検定の初段をとりました!(^^)

好きなアーティストは、
J.J.Johnson(tb)、Michael Dease(tb)、Cedar Walton(pf)、Charles Mingus(bass)、Michel Petrucciani(pf)などなど…。
そして何より自分の師匠でもあり、YAMAHAアーティストでもある中川英二郎さんが大大大好きです!
中川英二郎さんのように、ジャンルにとらわれない形でトロンボーンという楽器の素晴らしさを伝えていくのが私の目標です!!

そのために、私はコンボ(小編成のジャズバンド)や、ビッグバンドを始め、
ポップスやラテンなどのホーンセクションのサポートやレコーディング、時には吹奏楽やクラシックなどなど…
ジャンルを問わず色々なことに現在挑戦中です!

特にコンボの現場では「トロンボーンはあまり馴染みがない楽器だけどとてもいい音色がするんですね」とお客様に言われることがあります。
なのでトロンボーンや音楽をやっていない方でも聞きたくなるようなサウンドを目指して日々精進しています!
そのために今私が精力的に活動しているバンドがこちらです。


Eranos Jazz Quartet
トロンボーンとピアノ、ベース、ドラムという編成のバンドです。

先日2daysでライブがあったのですがどちらも盛況で終えることができ、これからもっと演奏の機会を増やしていきたいと思っています。
今後どこかのタイミングでこのバンドについて色々紹介させて頂きたいと思いますのでよろしくお願い致します!

また私が参加させて頂いている、メンバー全員がヤマハ―ユーザーのスペシャルなバンド、
「Z Express BIGBAND」につても別の記事でしっかり書かせて頂きたいと思いますので、お楽しみに!

©Koichi Morishima

それでは今日はこの辺で。
皆様、これからどうぞ宜しくお願い致します!

***今後のLive Schedule***
7月13日(金)The Bridg Concert with Special Bigband@iプラザホール
7月15日(日)The Bridg Concert with Special Bigband@宮城県東松島コミュニティセンター
7月20日(金)Jam Session@錦糸町J-Flow
7月21日(土)石橋采佳tb,浅利史花gt Duo@さくらんぼ
7月22日(日)えきひろフェスティバル@新小岩南口駅前広場
8月 9日(木)Jam Session@錦糸町J-Flow
8月10日(金)古田一行Quintet@本八幡cooljojo
8月11日(土)山中湖中学校 ゲスト演奏@山中湖交流プラザ
8月18日(土)古田一行Trio@すみだストリートジャズフェスティバルinひきふね
8月19日(日)Brass Honkersサポート出演@すみだストリートジャズフェスティバル
8月25日(土)Jazz Festival at Conservatory 2018@昭和音楽大学 テアトロ ジーリオ ショウワ
8月26日(日)Yamamoto Ryo Bigband@江戸川総合文化センター
8月29日(水)加藤友彦Sextet@南青山Body&Soul
8月30日(木)Z Express Bigband@目黒BLUES ALLEY JAPAN
9月 9日(日)音楽のアトリエ-ブラームスからジャズまで-@ヤマハホール

時間、メンバー等の詳細は私のHPで随時更新中です!
http://ayakaishibashi.com/

Tb石橋采佳