吉田 佐和子

【Z BLOG】吉田 佐和子:その仕事は本当に自分がするべきなのか?

先日、体調を崩してしまった。
24時間以内に3本の本番をこなし、ようやく一息つける!と思った矢先の出来事だった。
酷い腰痛が私を襲った。
いい年をして、泣いてしまうくらい痛かった。
幸い、なんとか体調は戻っていったのだけど、3日間ものあいだ私の仕事は「寝ること」だった。

体調を崩すと、いろんなことを考える。
まず、普段悩んでいることが、どうでもよくなる。
悩めることは、しあわせなことなのだ。
体が健康的な状態だからこそ、悩める。
痛みが頭の思考の大半を占めるから、悩みがとてもとても小さくなる。
そして、そんな悩むことでもなかったなぁ、と思えてくるのだ。

体が動かなくなった時に私がいつも考えるのは、健康で過ごせる時間は無限にあるのではなく、有限であるということ。
そして『自分にしかできない仕事をしているか?その仕事は本当に自分がするべきなのか?』ということである。

代えの効く仕事ばかりしていても、自分の本来の価値は上がらない。
自分にしか出来ない仕事はどんなものなのか?ぜひ、あなたに頼みたい!と言われるような仕事が出来ているのか。
そんなことを考える。

自分にしか出来ない仕事をするためには、まずは断る力を身につけることが大事だと思う。
もちろんいろんな仕事を一通り体験しておくべきだと思うが、やってみて違和感を感じたものや、自分が成長しないと感じたものなど、継続して行う必要がない仕事もあるだろう。
また、なんでもかんでも引き受けないことが、自分の価値を上げることにもつながる。
真の意味でなんでも出来る人というのは、そんなに多くないはずなのだ。

最近、少しずつ仕事の内容が変わってきたように思う。
音楽プロデューサー、よりもコンテンツプロデューサーとしてSNSコンテンツの運用をはじめ音楽以外の部分でも自分の考え方や視点が求められるようになってきた。
数年前には全く考えていなかったけど、自分のなかに渦巻いている思考が必要とされる仕事が増えてきたのだ。
これからも、音楽家という肩書きにとらわれず、「吉田佐和子」としての表現をもっと突き詰めて生きていけたらと思う。

このZブログのお仕事をいただいた時はあまり感じていなかったけど、書くことは伝えることであり、表現することだ。
表現することは演奏することでもある。
すべてが繋がって『自分』になる。
表現に繋がるすべての行為は無駄にはならない。
こうして思いを綴ることも、いつか自分の何らかの表現につながり、人に感動を与えるのだ。

Zブログを更新するのは今回が最後になりました。
今月からはパリに移住しますが、個人ブログ(http://sawakoyoshida)はずっと更新していくので、ぜひ覗きにきてくださいね。

短いようで長かった2年間。
読んでくださったみなさん、ありがとうございました。
そして、お世話になった担当スタッフ様にも感謝の気持ちを込めて。。
また音楽を通してどこかで皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

【Z BLOG】吉田 佐和子:音楽は『独り』では出来ない

3月25日、地元でソロコンサートを行った。
渡仏前最後のコンサートだった。

ピアニストは山口彩菜ちゃん。
いつも明るい笑顔で場を和ませてくれる、素敵な人だ。

コンサートの開催は約1ヶ月前に急に決めたもので、告知はあまり十分ではなかった。
でも、この日初めましての方、福知山で活動を始めた2010年から私を支えてくれる方、大阪や神戸からわざわざ駆けつけてくださった方など、いろんな方に囲まれてコンサートを行うことができた。

このコンサートや、今年の1月から行ってきたライブやコンサートでお客様と交わした言葉、いただいたプレゼント、懇親会の幸せな時間。ぜんぶぜんぶ、本当に嬉しかった。

また、このコンサートの開催にあたり、高校の同級生や妹が快く手伝ってくれた。

ライブハウスでの演奏とは違い、クラシックのコンサートは裏方スタッフなしでは行うことが出来ない。
何より、主催者と演奏者としての役割を兼ねながらいつもコンサートを行う私にとって、冷静に動いてくれるスタッフはとても大切な存在だ。

『この人たちのために音楽がしたい』と心から思える本番が続いて、演奏を聴きに来てくれたお客さんや手伝ってくれるスタッフを、音楽で笑顔に=幸せにするのがわたしの役目やなぁって思うし、そう思わせてくれるあったかい人たちのおかげで、わたしはあったかい音楽ができてると思う。
音楽というのは演奏者とお客様の雰囲気が混ざり合い成り立つもののように思う。
音楽は『1人』でも出来るけど、やっぱりこうして周りにいてくれる人たちの存在を忘れちゃいけない。
『独り』ではこんなあたたかい音楽は出来ない。 
フランスに行って、しんどいなぁと思うことがあっても、みなさんにいただいたあったかい気持ちを思い出せば、きっと乗り越えられるはず。
そんな風に思えた1日だった。  

【Z BLOG】吉田 佐和子:吉田佐和子Farewellライブ終了!


お世話になった大塚にあるライブハウス、Grecoで3月24日に「吉田佐和子Farewellライブ」を行った。

Farewellとは、旅立ちとか別れとか、そういう意味がある。
4月からフランスに移住することになった私にとって、東京では最後のライブとなった。

メンバーは1月のライブに引き続き、フルート&ピッコロの丸田悠太さん、ピアノは野口茜さん。

私とピアノの茜さんは作曲をするので、2人のオリジナル曲を中心に、少しだけクラシックも交えてお送りしました。
フルート、クラリネット、ピアノの編成でジャズライブを行うというのはなかなかないし(ジャズスタンダードは全然やらないですが)、ピッコロ、クラリネット、ピアノの編成ではどうか?となるともっと少ないと思う。

クラリネットとフルートの相性がいいのは以前から知っていたけれど、ピッコロも相性がいいというのはこのメンバーでライブをしてから気づいたこと。

丸田さんは、所属しておられる東京佼成ウインドオーケストラで主にピッコロを担当されていて、このあいだリリースされたCD( http://amzn.to/2oeqVg4 )にはピッコロのソロ楽器としての魅力を余すことなく愉しめる曲が収録されているそう。
そんな丸田さんだからこそ、ピッコロという楽器で様々な音色を奏でられるんだろうなぁ。
一緒に演奏していると『ピッコロってこんな音も出るんだ!』と驚きと感動の連続なのである。

そんな今回のメンバーでやるライブは2回目ということもあり、前回よりもパワーアップしたサウンドに!
お客様にも喜んでいただけました♪

打ち合わせをしてないのに、すうっとタイム感やノリが1つの方向に向かって合わさっていく。
同じ人と何度も共演する面白さというのは、こういうところにあるんだよなぁ、とリハーサルをしながらしみじみ感じていました。

素敵だなぁ、って思える人たちと一緒に音楽を奏でられる時間は何者にも代えがたい、しあわせな時間です。

また夏に一時帰国した際にはぜひ一緒にライブしたいなぁ。

後日談になるが、この日演奏した、茜さんのオリジナル曲『siesta』がライブ後もずっと頭から離れなくて、ついついCDを買ってしまった。
最近CDは売れない、なんて言うけど、こうして誰かの頭の中を占拠してしまうような音楽を創ることが出来たなら、その人の心を捉えて離さない音楽を創れたのなら、その感情をもっと長く感じるために自然とお金を使いたくなるよね。。と感じたのでした。

【Z BLOG】吉田 佐和子:ギタリスト小畑さんと渡仏前最後のデュオライブ

4月からフランスに移住することになった。
あともう少し時間があると思っていたら、あっという間に渡仏の時期が近づいてきた。

2月15日には日暮里にあるBar Poroで、ギタリストの小畑和彦さんとデュオライブを開催した。

小畑さんは、わたしが東京に来て一番お世話になっている音楽家の1人。
東京で一緒にライブした回数が多かったのも小畑さんだった。

2013年の夏。
まだコードも何もわからなかった私は、本当に最初のころメロディーと伴奏に欲しい音を書いて小畑さんのところへ持って行った。
今から思えば本当に丁寧に対応してくださったと思う。
そこで、ドミソはCメジャーということを知り、自分が鳴らしたい音はどんな記号で表すのかを知った。

そこから一気に曲を書くようになり、2014年の春には全曲オリジナルの1stアルバム『heart voice』をリリース、2015年には2ndアルバム『Letter』をリリースした。
そのどちらもが、小畑さんとのデュオによるものだ。

FaceBookにはタグ付けという機能があり、演奏後に写真をアップすると、私のタイムラインと小畑さんのタイムラインに写真が掲載される。
『小畑さんとよくやってる人だよね』といろんなところで言われた。
誰にも知られていなかった私の知名度を上げてくれたのは、小畑さんだ。

そんな小畑さんとの最後のデュオライブ。
どんな感じになるのか、検討もつかなかった。
その日、小畑さんから私に向けた新曲『旅立ち』という曲をいただいた。
今までのいろんなことが蘇って、リハーサル中に、泣きそうになりながら演奏した。

本番は、その日来てくださったお客様のあたたかい空気感に包まれて、とても良い夜となった。
1曲終わるごとに、お客様のあたたかい熱気が伝わってきた。
いくら演奏者が良い時間にしたいと思っても、ライブに来ておられるお客様の空気感というのは無視できない。
「さよなら」じゃなくて、「またね」という声が聞こえて来るようなお客様の雰囲気に、感謝の気持ちでいっぱいだった。

ここに来てくださったお客様のために演奏したい。
ーあんなに強く思って演奏した日はこれまでなかったと思う。

演奏的に、もっとこうできたとか、あぁしたかったとか、反省はあるけれど、自分のことよりも、とにかく精一杯音を届けたいと思った。
お客様の気持ちに応えたい!という気持ちでいっぱいだった。

そんな経験が出来たことを心から嬉しく思ったし、私と小畑さんがあの日紡いだ音楽も、来てくれたお客様も、本当にみんな最高だと思った。

『ありがとう。』
そんな気持ちで渡仏出来る私は、本当に恵まれている。

パリに行ってどんなことが待っているかはわからないけど、きっと、この日のことはずっと忘れられない。

そんな素敵な一夜になった。

【Z BLOG】吉田 佐和子:春からパリに行きます

旦那さんの転勤に伴い、春からパリに移住することになりました。

東京の拠点を離れる、と決めたのは昨年の6月末。
旦那さんの転勤が決まったのは9月の初旬でした。
11月末に、編集長をつとめる福知山の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』をスタートさせました。
スタートしてから1週間後にはウェブことりっぷとの連携も決まりました。
これからも、やりたいことはまだまだ沢山あります。
距離が離れても、自分に出来ることを探して、引き続き『福知山に関する取り組み』と『自分がやりたい活動』に取り組んでいきます。
このことは、なかなかみなさんに言い出すことができませんでした。
いつも私は『これからこんなことをします!』と宣言して動いてきたからです。
でも、いくら考えても、今回はフランスでやりたいことが明確に見つからず、気づけば1月末になっていました。
何をするか決めずに大きく環境が変わるのは初めてです。
いったいどんなことが待っているのか分かりませんが、自分の心を少し遠くから眺めるような感じで、いろんなことと静かに向き合いたいなと思います。
このタイミングでフランスにいくのは、きっとちゃんと意味があって、何かやるべきことがあるんですよね。
自分の運命、というか使命を受け入れて、さらにパワーアップして帰ってこられるよう、がんばります。

【Z BLOG】吉田 佐和子:吉田佐和子×丸田悠太×野口茜『新春ライブ』終了!

1/5(木)に大塚グレコで『新春ライブ』をおこないました。
共演いただいたフルート&ピッコロの丸田悠太さん、ピアノの野口茜さん、飛び入りで入ってくださった坂上領さん&宮村和宏さんと。

曲目解説は、映画評論『田中泰延のエンタメ新党』で人気のコピーライター・田中泰延さんにお願いしました。

前半はクラシック、後半はオリジナルを中心にお送りしたのですが、丸田さんのピッコロとクラリネットとピアノが交わり、凄く心地よいサウンドでした。
特に、美しい棚田の景色が有名な福知山市大江町の毛原を題材にした曲は、ピッコロの低めの音域が本当にぴったりきてびっくりしました。
ほんわかした話口調と力強い演奏が素敵なピアニストの茜さん。
いつか共演させていただきたいなぁ。。と思っていた方だったので、とっても嬉しかったです。
丸田さんと茜さんの出身地である新潟のお酒『真稜 至 純米にごり酒』と、私の地元・福知山の毛原でつくられた『大江のどぶろく 棚田の里』も愉しんでいただきました♪
これからも音楽と福知山を大切に、歩んでいきます。

【Z BLOG】吉田 佐和子:音楽家に必要なのは『編集力』である

少し前まで沢山の人に自分の存在を知ってもらう為には何かを付け足さないといけないと思っていました。

でも、無理して付け足したものは剥がれていくし、そんな事しなくても既にみんな魅力的なものを持ってる。

音楽家は、自分が伝えたいことを伝えたい人に届けられるように『編集する能力』が足りないだけなのだと、最近強く感じています。

自分が持ってる良いところも悪いところも理解したうえで、嫌な部分と向き合うことはそんなに怖いことじゃないって気づいて欲しいです。

『プロデュース力』とか『発信力』という言葉を聞くと、どうしても自分に何かを足さなきゃいけないような感じがします。

でも足したものが偽りの自分なら、それは足しても意味がなくて。

そのことにみんな何となく気付いてるのに、そんな部分を見ないようにしているような気もします。

そう思うと、本当に必要なのは、自分の伝えたい人に伝えたいことを伝えられる『編集する力』なのだと思うのです。

【Z BLOG】吉田 佐和子:音楽を大切にする人

音楽を生業としている人にとって、音楽はどんな存在なのだろう。
きっと、隣にいるのが当たり前で、いつも自分にかけがえのないものを与えてくれる、そんな存在ではないだろうか。

大切にされたら、自分も大切にする。
それは、良い関係を創るのにとても大切なことだ。

音楽に癒され、勇気付けられるからこそ、何度も音楽に向き合う。
楽曲についての理解を深め、練習する。
音楽を奏でる楽器も大切にする。メンテナンスだけでなく、より自分の思い通りの表現が出来るように、研究する。
曲を創ると同時に、様々な音楽を生み出す他人の音楽も聴く。

音楽とよい関係を続けている人は、そんなシンプルな循環をとても大切にしていると思う。

この時のポイントは、時間とお金の使い方で、自分が大切にしたいものがあるならば、どちらかだけを使うのではなく、どちらも使わないといけないと思う。

そして、好きなことというのは、それらを自然と使ってしまうのだと思う。好き、以上の理由はない。
これはきっと、人間関係も一緒なのだけど、どちらも、誰かが教えてくれることではない。
自分で気付かなければいけない。
少し話は逸れるが、私は地元である京都府福知山市の地域活性化に関わる活動をしている。最近でいうと、2016年の11月末に福知山の魅力情報発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』を公開した。

ふくてぃーやま
http://fukutyama.com 

私は『ふくてぃーやま』の編集長をつとめている。
こういう活動を「地元を盛り上げよう、っていうのはいいですよね」という人が沢山いるけれど、私は「いい」という感情は持っていない。
もちろん悪いとも思っていないけれど、いいとか悪いとかそういう次元の話ではなくて、好きだからやってるだけなのだ。
好きでやってることに、いいも悪いもない。
すきだから、ただただ夢中になってしまうのだ。
自分に刺激をくれる音楽を大切にすること。
自分を大切にしてくれる人を大切にすること
それを気付かせてくれる人は、そんなに沢山いるわけではない。
それは常に心に置いておきたいし、大切にされたなら、おかえしできる自分で居たいなと思う。

【Z BLOG】吉田 佐和子:ラジオのパーソナリティーを半年間勤めて感じた『船を造る』ということ

2016年の6月から半年間、東京・木場にある、レインボータウンFMで、毎週金曜日の夜10時から放送されていた『Perfect Free』という番組のパーソナリティーをしていた。

春に、一緒にパーソナリティーを務めていた方のお誘いを受けたことから始まった。

今まで、ラジオにゲストで出演することは何度かあったが、自分が番組を持つのは初めてで、最初は喋り方や相づちの打ち方、咳が出そうになった時の対処など、分からないことだらけだった。
オンエアの録音を後で聞いて、マイクに対する声の指向性などを考えたりもした。

録音された自分の声が、私はどうも昔から苦手だったけれど、毎週放送されるのだから、自分が嫌だと思うその声にも向き合わなければならない。

そもそも、嫌だと思っても、声質はもう変えられないのだから、その声で何を話すか、どう話すか、ということを考えていく方が良いだろう。

私がラジオで心がけていたのは「自分のファンに向けて喋る」ということだった。

この発言はどう思われるだろう、とか、批判的な意見を気にしていると、どうしても自分らしさがなくなってしまう。

自分のことを既に好きになってくれているファンは、基本的に私がどんなことを喋っても嬉しいのだ。

例えば、私は割と抜けている部分があるのだけど、私がドジなことをすると、ファンの皆さんは面白おかしく突っ込んでくれたりする。
ドジなこと=ちょっとミスしたところも、そのやりとりがあると生きてくる。隠しようのない自分のどうしようもない部分が、個性や魅力の1つになる、というのは、ファンのみなさんに教えてもらったことだ。

ラジオに届くお便りも嬉しかったし、TwitterやFaceBookで、ラジオ聴いてます、と言ってもらえるのも嬉しかった。
ファンのみなさんとの何気ないやりとりは、いつも自分にパワーを与えてくれた。

自分がやっていることに対して、ファンはどう思うか?
ということを、今の時代は簡単に確認することが出来る。

私はそれがFaceBookやTwitterといったSNSのツールだと考えている。

特にTwitterはとても簡単で、分かりやすい。
共感したら、いいねを押す、これはもっと誰かに知ってほしい、と思ったらRT(リツイート)する。

自分のアカウントをフォローしている人数よりも、フォローされている人数(フォロワー)の方が多い人は、限られた文字数の中で、日々人に影響を与え続けている人だ。
それが出来ていない人は、いくらい自分からフォローをしたとしても、フォロワーの人数は増えない。
自分の発言は、どれくらいの人に届いているのかを知ることが出来る、とても簡単で、分かりやすいツールだ。

音楽をやっている人は、音楽だけをやっていたらいい時代はもう終わった。
音楽を伝えるためのツールを使いこなせない人は、だんだん時代の波にのまれていく。もっとたくさんのひとに届けられたかもしれない音楽が、どんどん波に埋もれていくような気もしている。
自分で、その荒波を越えていける船を造らないといけない。
その船は、HPやブログ、そしてSNSといった無料で扱うことが出来る媒体たちだ。

お金を投入したら、良いものが出来る。
それは事実だけど、音楽を拡めることに、いつもいつも、たくさんのお金を使えるわけではない。
だからこそ、私たちは自分で船を造らなければいけないのだ。

ラジオは、手探りの中で造り上げた、1つの船だった。

船を漕いでいると、色々な出会いがある。
自分が嫌だと思っていた声を、『なんだか癒される声ですね』『落ち着きます』と、ほんの数人に言ってもらっただけで、私のモチベーションはたまらなく上がった。

自分の嫌だと思うところも好きになってくれる人がいるということが、とてもとても嬉しかった。

船を造り、そこで荒波を越えていかないと、分からないことがある。
ラジオは、そんなことを教えてくれた。

ラジオのパーソナリティーというなかなか体験出来ない経験をさせていただいた半年間。様々なことを学ぶ事ができました。

また新しい船を造り、これからも荒波を越えて行こうと思います。

【Z BLOG】吉田 佐和子:心を閉じたい時ほど言葉を紡ぎなさい

2016年があっという間に終わっていった。
今年は何があったかなぁ?と振り返った時って、出来事を思い出したりするけれど、今年は「言葉」が脳裏に思い浮かんだ。
「この世にあるものは全部、面白いか面白くないか」

「結局、自分のリトマス紙は自分自身なんだよ」
「本当に、それでいいの?」
などなど、ここに書きたいけれど書けない言葉もたくさんある。

不思議と、嬉しかった言葉よりも、自分の心に突き刺さった言葉の方が残っていた。
いつからかは分からないけど、心が苦しくなると、鍵盤に向かって、曲を作るようになった。

自分の中にある、言語化したくない言葉やうまく言語化できない言葉たちを現す音を探して、曲を完成させて、タイトルをつける時に、やっと自分の中に生まれた気持ちに言葉を載せることが出来た。
でも、それは少し遠回りしすぎていたのかもしれない。
「心を閉じたい時ほど、言葉を紡がなきゃいけない」

これが、今年最後に言われて、とても心に残っている言葉だ。

言葉を紡ぐこと。
それは、思考を止めないことだ。

思考を止めないこと。
それは、行動を止めないことだ。

絶えず、前に進みたいのなら、どんな時も、言葉を紡ぐことをやめちゃいけない。
思いを言葉にすることで、自然と気持ちが変化していくのがわかるはずだ。

それくらい、思いを言語化するということは大切なことなのだ。

2017年、みなさんはどんな1年にしたいですか?

私は、幸せでよい1年にしたいです。

シンプルだけど、そのためには、2016年までの自分では出来ないことのように感じています。

幸せな日々を送るために、まずは自分が自分を大切にすること。
そして、そんな自分を大切に思ってくれる人を大切にすること。

こうして言葉を書くのは簡単だけど、実際に行動出来るかは、自分の思考次第だ。
思考を止めずに、言葉を紡ごう。

そこから生まれた行動が、自分を幸せにしてくれる。

そんな気がしている。

私にとって、そして、このZブログを読んでくださっている、みなさんにとって、よい2017年になりますよう、心より願っています。