2011年 11月 の投稿一覧

【Z BLOG】鈴木 圭:相思相愛

昔から、

ジャズミュージシャンは落語が好き。

落語家は、ジャズが好き。

っていう、不思議な両思いですが、そんな両者、一緒にやっちゃいました。

 

春風亭昇太さんの新作落語に生音で音楽をつけるっていうの。

もうね、舞台上で昇太さんにいじってもらえるなんて、

芸人としてこんな幸せなことないですよ(ちょっと違う(笑

 

この日は、霞ヶ関にあるイイノホールのこけら落としイベント、ということで、

チェロとか、コントラバスのエンドピンを刺したあとも、靴が擦れたあとも、

テープを貼ったあともひとつもないステージで、演奏させていただきました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなホールに仕事で行くことがありますが、リハが終わって開場までの空き時間、

舞台の真ん中で一人で練習させてもらうのが、至福のひとときです。

 

この新しいイイノホール、リバーブ(響き)じゃなくて、はっきりとしたディレイ(やまびこ)があって、

すごく気持ちよくて・・・いつまでも吹いていたい感じでした(贅沢)

 

ところでそんな昇太さん、静岡出身で、僕も昔から静岡のローカル番組に出ているのを見ていたので、

落語とかそんなに興味ない頃から、なんとなく好きな噺家さんだったんです。 

いまは、落語家デキシーバンドの、「にゅうおいらんず」でトロンボーンを吹かれることもあるんですが、

中学時代には、吹奏楽部でユーフォニアムを吹いてたそうです。

この日も、最後のバンドのステージに、トロンボーンをもって、ソロを吹いてくれましたヽ(´ー`)ノ

もちろんヤマハ製のトロンボーンでしたよ。いや、ホントに(笑)

 
 

 

 

 

 

 

 

 

古典も大事にしながら、時代に合わせたアレンジをして、新作もやる。

場の空気を読みながら、話のもっていきかたが変わる。

って言うのが、ジャズに通じるものがある

・・・ってよく言われますが、他の音楽もだいたい一緒だと思う、鈴木でした(^^)

【Z BLOG】鈴木 圭:僕らの

先日、ある歌手のコンサートに参加してきました。

音楽監督は、武部聡志さん。

もう説明はいらないと思いますが、僕らの音楽(フジテレビ系列)、FNS歌謡祭、

今年公開の映画「コクリコ坂から」などの音楽監督をつとめる、ポップス界を代表するプロデューサー、キーボーディスト。

そして、ボーカルは、坂本冬美さん・・・いえ、Fuyumi Sakamoto!

デビュー25周年記念の冬美さんの、”Favorite Songs”を歌う企画でした。

 

冬美さんといえば、「また君に恋してる」のヒットでもご存じだと思いますが、

普段の演歌のコンサートでは歌わないであろう曲もたくさん歌われてます。

そういう曲とかを、武部さんのアレンジで、普段演歌をあまり演奏しないであろうメンバーで演奏するのが、

とにかく楽しくて(^^)

演歌といえば、冬美さんのデビュー曲もあったので、ピッコロも吹きましたよー。


  

 

 

 

 

 

こういうときって、どんな音色で、どんなプレイが必要か、リハーサルが始まってみるまで、はっきりとは判らないことが多いので、

ケースに入ってるマウスピースとリードをいくつか試して、現場で悩むことが多いです。

悪く言えば、「ビーっ!」って鳴り切った音色の方がサウンドするのか。

「ゴー」っていう、下に広がった音色で、セクションを下から支えた方がいいのか。

演歌のテナーソロっていうと、「ばさー」っていうサブトーンのこともありますよね。

同じセッティングで全部出来るのが一番いいのですが、音楽の幅が広いときは、一長一短なことが多くて。

ステージ途中で変えたりはしたくないので、上手くあいだをとったセッティングはないか・・・といつも悩みます。

 

自分のやりたい音楽。出したい音色。

求められる音楽。周りが一緒に演奏しやすい音色。

どれも落ち着くことなく、一生悩んでいくものなんでしょうね・・・(汗

 

そういえば、僕のすぐ右隣で和太鼓を叩いてる曲があったんだけど、

あんな振動を近くで感じたのは、地元のお祭り以来かも・・・。

四尺くらいあったんじゃないかなΣ(´ロ`;

あ、太鼓とか、ベースアンプとかの低音が腹に響くと、おなかが減りませんか?(笑

【Z BLOG】三塚知貴:2011楽器フェアにて

11月5日(土)。

パシフィコ横浜にて開催された『2011楽器フェア』のヤマハイベントブース内で、
JazzTromboneQuartet VOLTZとして出演させていただきました~っ♪

本当にありがたい事に、2009年の楽器フェアに引き続き、2度目の参加でした。

前回は、まだ発売されて間も無かった
YSL-891Zのお披露目も兼ねた内容でした。

そして今回は、
そうっ☆もちろんっd(^_^o)
「ヤマハテナートロンボーンYSL-897Z発売記念イベント」と銘打たれたステージでした!!

各ステージで、897Zの構造的特徴などを織り交ぜたトークをしながら、
一生懸命演奏しましたよっ☆

たくさんのお客様に、ブースを覗きにお越し頂いて、気持ちよくステージを作れました!!
本当にありがとうございました!!

ちなみに、
今回のVOLTZメンバー使用楽器は、(写真左から。判るかな??…汗)

三塚/YSL-891Z
川原/YSL-895EN
朝里/YBL-822G
榎本/YSL-897Z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、テナートロンボーンの3人、、うまく3種類の楽器に分かれたのは、
「図らずも…」だったのです!!

な…仲が悪いわけぢゃ…、
な、ないスよ!!(^^;;

3種…いずれも特徴のある楽器。

ビビビっ♡…とキタ、(笑)相性のイイ楽器が、各々だっただけです!

楽器選びと、●●選びは、
…に、似てるっ??\(//∇//)\

【Z BLOG】田中 充:懇親会

鈴木敦史君と岡本良明君と懇親会。と称し、ただの飲み会。ははは。
今日の会場はもつ鍋屋さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ鍋がおいしい季節です。 もつがぷりぷりしててたまらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木君もヤマハプレイヤーなので、楽器の話が弾む弾む。 居酒屋で楽器出すのもどうかしてると思いますが。
ここのお店とはとても仲がいいので 大丈夫!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして店内からお客さんがいなくなると、 酔っぱらって吹き始める始末。(店員さんに吹いていいよと言っていただいてます。)

この楽器はここがこうであーでこーで・・・。

楽器の話は際限なく続きます。ご飯食べて酒飲んで楽器吹いて、最高ですね!

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

で、最後はこんな。

【Z BLOG】鈴木 圭:ジャズ祭

昔は、音楽フェスといえば、ジャズ・・・だった時代があるんですね・・・。

先日は、僕がプロ名乗れる仕事を始めた最初のバンド、“宮間利之とニューハード”(ビッグバンド)で、

お茶の水ジャズ祭2011に参加させていただきました。

 

神保彰(ds)さんのドラムソロプロジェクト

日野皓正(tp)カルテット

ニューハードにゲストとして、ジャズバイオリニストの寺井尚子さんと、大隅寿男(ds)さんを迎えて。

の、三つのグループの演奏でした。

 

明治大学の中に、こんなに立派なホールがあって、そこでジャズフェスを開催できると言うこともすごいことだと思いますが、

宇崎竜童さんをプロデューサーに、もう五回目で、こちらも学生が携わって運営されていると言うこと。

前の記事にも書いた、神戸のSWING JAZZ CRUISEもですが、運営の皆さんにはホントに頭が下がります。
 

ところで、その“宮間利之とニューハード”。

リーダーの宮間利之さんが来年90歳!
 

数年前に耳を悪くされて、一旦解散になったのですが、お元気になられて、

いまでもコンサートのときには、数曲、バンドの前で指揮を振られています。

戦艦大和に乗っていた軍楽隊出身のリーダーですから、歴史の長さも納得できます・・・(汗

卒寿記念のコンサートもありますので、ご興味のある方は是非。
 

トロンボーンの三塚さんも在籍されてますよー。

 

2012/01/11(水)
宮間利之とニューハード

宮間利之卒寿記念コンサート
@東京文化会館小ホール

開場 18:00/開演18:30
前売\5,500/当日\6,000(全席指定)
 

 

そんな宮間さんがいつも僕に掛けてくれる言葉。

「ぼかぁねぇ、鈴木くんのフリュートが大好きなんだよ」

 

・・・フ、フリュート・・・言葉の重みが違います。

【Z BLOG】田中 充:アラフォー男子の修学旅行 前橋編

さて、一夜明けて、朝8時。ごはん食べて、皆で車に分乗して前橋に向かいます。

あいにくの小雨でしたが、そこはアラフォー男子の修学旅行、朝っぱらから車中は結構盛り上がります。

そして会場入りして搬入、セッティング。前橋のコンサート会場は幼稚園!

なので、イスもカラフル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サウンドチェック済ませて、群馬といえば、とりめし弁当 !

うまかったー。ご飯と鶏肉の間にコンブが挟んであるのがたまらないんです。

僕は高校三年間、埼玉県北部の本庄市にある高校に通っていたのですが、

吹奏楽部の遠征やなんかあると、この弁当が出てたんですよね。

ああ懐かしい。

・・・にしても、池田さん、これはどういう顔!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼は園児と親御さんのためのコンサート。

後半は子供達みんな踊りまくりで、パワーにたじたじでしたが、 われわれも負けじと吹きまくり。

今日はいつものベリメリレパートリーに加えて、園歌や帰りの歌をベリメリ風アレンジで演奏して、

園児の皆さんにも一緒に歌ってもらいました。

 

夜はうって変わって大人の時間。完全にいつも通りのベリメリレパートリーから、

賑やかな曲からしっとりとしたバラードまで、目一杯演奏しました。

本当にいい時間を過ごすことが出来て幸せでした!

 

【Z BLOG】鈴木 圭:ジャズミュージシャンの旅仕事

先日、作曲家、サキソフォニストの佐藤恭子さんの主宰する、“佐藤恭子Little Orchestra”の、

大阪と神戸でのライヴに参加させていただきました。

僕の大好物の、クラシックと、コンテンポラリージャズと、ちょっとフリージャズのいいとこ取りみたいな。

ホントに素晴らしいメンバーたちと演奏できて、僕も音楽的にとても刺激されました(>_<)
さて、音楽家の旅仕事というと、新幹線とか飛行機の場合が多いのですが、

機材の多さと予算と、現地移動の都合によっては、車移動だったりすることもあるわけで・・・。

今回も、楽器の量が・・・まず僕の楽器が、バリトンサックスとベースクラリネット、そのスタンドと、エフェクタボード(管楽器用)一式・・・

っていう大荷物だったので、新幹線移動も無理だったので(^^;
みんなでわいわいいPodとか聞きながら、
途中で、横転事故に巻き込まれそうになったり(T_T) しながら、大阪に無事到着して、ライヴ。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、関西の大学生が主宰する、SWING JAZZ CRUISE in KOBE HARBORLANDというイベントに参加させていただきました。

最終ステージは、神戸ポートタワーをバックに、岸壁で大学生とセッション大会ヽ(´ー`)ノ

こんなとこで楽器が演奏できるなんて、なかなかにくい演出ですよねー(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつのイベントを企画して、出演者を募って、スポンサーをお願いして、ゲストバンドにオファーを出して・・・

大変な苦労だったと思います。

ホントにこんなに大きなイベントを、営利目的でない大学生のグループで企画されたことに頭が下がります。

はるばる東京から呼んでもらって、ありがとうございました!

今度、関西方面に行くときは、神戸でオフ日を設定して行こうっと(笑

【Z BLOG】MZです:大人の工場見学

こんにちは!MZです。

みなさん、管楽器が造られている工場を見たことがありますか?

ヤマハの管楽器メイン工場は静岡県の浜松駅から北東へ約15km、

天竜川にかかる浜北大橋のたもとにあります。

 

先日そのヤマハ豊岡工場にて雑誌取材をしました!

テーマは「大人の工場見学」。

SAXプレーヤー多田誠司さんがカスタムZサクソフォンの製造現場に迫ります(^^)/

詳しくはJAZZ LIFE 12月号にて (11月14日発売!)

書店へGO!!!

取材の模様をちらっとお見せします♪

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左よりJAZZ LIFEの方々、多田さん、ヤマハのサクソフォン開発担当者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

で、良く見たら多田さんの楽器はソプラノサックス・・・・・・完成前(笑)

【Z LIVE INFORMATION】STEFON HARRIS, DAVID SÁNCHEZ & CHRISTIAN SCOTT ”Ninety Miles”

 ステフォン・ハリス、ダヴィッド・サンチェス&クリスチャン・スコット
“ナインティ・マイルズ”
 

 

 

【日時】2011年12月17日(土)-12月18日(日)

    12.17sat.

    [1st]Open4:30p.m. Start6:00p.m. 
    [2nd]Open8:00p.m. Start8:45p.m.

    12.18sun.

    [1st]Open3:00p.m. Start4:00p.m.
    [2nd]Open6:00p.m. Start7:00p.m.

【場所】ブルーノート東京 

【出演】 ステフォン・ハリス(ヴィブラフォン)
     ダヴィッド・サンチェス(サックス)
     クリスチャン・スコット(トランペット)
     サッカイ・カーティス(ピアノ)
     ルケス・カーティス(ベース)
     ヘンリー・コール(ドラムス)
     マウリシオ・ヘレーラ(パーカッション)

【Z BLOG】三塚知貴:社会人ビッグバンド

去る10月29日(金)、
栃木県の社会人ビッグバンドの
アルバトロス・スウィングジャズ・オーケストラの定期演奏会に、
ワタクシの師匠にあたります早川隆章(tb)氏率いるT-Slidingとして、
そして、
いま大活躍中のジャズシンガー平賀マリカさんと共に、
ゲストとして出演させて頂きました。

こちらのビッグバンドは、来年で結成30周年といいます。

継続は力なり…ですね。
メンバー同士の結束力や、アンサンブル・演奏面の方向性など、
その年月から成されているんだなぁということを感じました。
良い記憶に残るステージになりました。

最近、個人的にも、社会人ビッグバンドに、ゲストとして呼んで頂く機会があります。
ありがたいです。
心から音楽が好きで取り組んでいる、多くの皆様に出会うことができます。

その度に、
その音楽に対する向き合い方について、
刺激になったり、見習ったり、
パワーをもらったりします。
いろんなことがあると思います。
でも、
楽器やバンドをやっている皆様には、
是非とも長く続けて頂きたい。
音楽は絶対に裏切りませんから。