2012年 4月 の投稿一覧

【Z BLOG】田中 充:楽器ケースがとりもつ縁。

スキマスイッチのツアーが沖縄で最終日を迎えました。ばんざーい!

翌日から少しオフをいただいて、慶良間諸島に行ってきました。

 那覇から高速船で1時間ほどなんですが、人も少なく、のんびりした雰囲気。青い海。

 

スーツケースと楽器と持って行ったのですが、

民宿で一緒に泊まってた人が僕の楽器ケースを見て「トランペットですか?」 と。

そこから話が弾んで、聞いてみたらその方は東京都交響楽団の楽団員さんでした。

 

あと、帰りに那覇の国際通りでスーツケースだけ預けて、楽器のケースは持ったままお土産探してたら、

そこの店員さんに「そのケースはトランペットですよね!」 と声をかけられました。

そのかたも昔かなり本気でトランペット吹かれていたようで、楽器話でかなり盛り上がっちゃいました!

 

で、そこでいっぱい買い物して、荷物預けて近くにあるオススメの沖縄そば屋さんに行ってきましたが、

ここがまた安くて美味い!僕は、ラーメンに入っているチャーシューとか豚の角煮とか、

あんまり脂っこい肉のかたまりは苦手なんですが、

ここのソーキ(豚のあばら肉)はあっさりしてて美味しかったなあ。

 

このお土産屋さんは国際通りからOPAの角を牧志公設市場の方に入って行って、市場を通り過ぎた所の「さわ」さん。

音楽好きのお姉さんだけあって、三線もあったり、他にも琉球ガラスとか普通のお土産もいっぱいありました。

で、そこで紹介してもらった沖縄そばのお店が「いなかや」さん。

楽器預けてうろうろしなくてよかった!ケースが取り持つ縁ですね。 

 

【Z BLOG】バンマスです:J’z craze live at Blues Allay Japan

15周年を迎え、より親密さを増したJ’z craze。

1997年にNHK交響楽団の佛坂さんが結成したJ’z Crazeも今年で15周年です。

 

今までは六本木STB139、南青山まんだら、中目黒楽屋を中心にライブを行ってきましたが、

いよいよジャズの殿堂、目黒のブルースアレイにデビューしました。

 

いつもよりシャキッとスーツを着込んだ3人の姿も凛々しい感じ? 

クールなイメージの佛坂さんも、今日は熱演が目立ちました。

そうそう、いつもよりピッコロトランペットをたくさん吹いてましたね。

ギターの安部一城やベースの浅井雄作の曲も素晴らしく、

3人の息のあった演奏がますます円熟してきたJ’z crazeに、お客様も満足したはずです。

 

アンコールでは、昨年(?)なくなったトランペット界の巨匠モーリス・アンドレに捧げて、

クラシック曲ではなく、ジャズの名曲で、

若くして交通事故で無くなったクリフォード・ブラウン(tp)に捧げてベニー・ゴルソンが作曲した

「アイ・リメンバー・クリフォード」を演奏しました。

こんなところもJ’z crazeらしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo:Kazuyuki Hotokezaka

 

 

【Z BLOG】三塚知貴:旅

去る4月某日、Jazz Trombone Quartet VOLTZの、CDリリース記念ライブツアーとして、

今回は広島~京都へ伺いました!

 

それぞれ現地のトロンボーン仲間が、またお仲間を呼んで頂き、

計3公演をそれぞれほぼ満席のお客様にお越し頂き、

また、楽しい空間を、一緒に作るコトができた、いや、作って頂いた感を抱きました。

 

皆様、温かく迎えてくださいました。感謝の気持ちでいっぱいです!

 

今回のツアーの為に書き下ろしたアレンジもご好評を戴いたり、

まさかのダブルアンコールを戴いたりと、我々としても嬉しい思い出になりました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下の写真は、オマケ!

旅の醍醐味は、やっぱり「食」!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

尾道ラーメンっ♥美味かった~!!

 

【Z BLOG】鈴木 圭:体育会系ブラスアンサンブル

3年ほど前からやっている、僕も立ち上げメンバーで、譜面も書いてる、

“The Brass Theater”というバンドがあります。

トランペットx2、トロンボーンx2、サックスx2、テューバ、ドラムという編成。

中野勇介さんがリーダーで、みんなJ-POPのサポートなどで活躍してるメンバーです。

歌モノのホーンセクションとかだと、録音の音をぎゅっとつぶして処理していることが多くて、

なかなか生に近い音を届けられないので、この際、管楽器だけの、

一個一個の音が見える編成でやってみようかっていう。

 

これが、なかなかきつい(笑)

ギターは、最大6音。キーボードは、10音くらい音が出せるのに、

7人でそれに近いハーモニーを表現して、ベースも、メロディもその中から捻出する・・・っていうのが。

 

今回は、チューバに佐藤和彦(新日フィル)さんだったのですが、僕と二人で、

ほとんどベースライン吹きっぱなしです(-_-;

(ちなみに、チューバのレギュラーは、古本大志くん)

 

・・・自分で譜面書いてるから、文句言えないんですけどね・・・。

 

大編成なら、「ごめん、一瞬隠れるから」とかできるし、

小編成なりの音楽で最初から作っていれば、音の薄さも表現としてできるんですが、

最初は、普通のバンドの曲のアレンジものから始まった編成なので・・・誰も休めない(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(リハ半ばのだいぶ疲れた様子)

今回ももれなく、ライブの翌日には、吹きすぎて筋肉痛になりました。

 

・・・金管は、最初から体育会系だから・・・とかのツッコミは無しでお願いします(笑

【Z BLOG】鈴木 圭:ミュージシャンの部活動

突然ですが、芸能人、ミュージシャンに限らないと思いますが、

カレー部とラーメン部が二大勢力になっています。

僕はカレー部で(笑)自分でスパイスミックスして作ったりしてます。お店には敵わないけど。

・・・あ、学校の音楽系部活動の話じゃなくてすみません(^^;

 

先日出演した、京王線柴崎駅前のさくらんぼというお店。

土曜日にはライブをやる喫茶店なのですが、このオーナーが、

僕が所属するニューハードを最近辞められた岡田澄雄さん。

 

ベーストロンボーン奏者として、数々の作品に参加して来られた方です。

ここでライブやるのは、なんかホームに帰ってきた感じで、暖かくて大好きです。

で、なにが部活動かというと、さくらんぼのカレーが絶品。

学生時代、先輩に連れられて、よく食べに来てました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブハウス行くと、ミュージックチャージもかかるので、あんまり食事されない方もいると思いますが、

音楽以上に魅力的な料理出してるお店も多いので、是非いろいろ召し上がってみてください。

 

この日は、辰巳哲也(tp)さんの三管のセクステットで、

三塚知貴さんと一緒にフロントをつとめさせていただきました。

当然、カレー食べてから、ホットな本番を!

 

・・・結局、食べ物ブログになってしまいました(T_T)

【Z BLOG】三塚知貴:広島、京都エリアの皆様っ!!

このブログの場をお借りして、ご案内であります!!m(_ _)m

広島エリア、及び、京都エリアの皆様。

大変恐縮ながら、何卒、応援のほどよろしくお願いいたします。

[Jazz Trombone Quertet VOLTZ]

初CD発売記念ツアーといたしまして、ライヴに伺わせていただきます。

もしよろしければ、遊びにお越し頂けたら嬉しいです。

 

スケジュールは、

4月20日(金) 広島

4月21日(日) 広島(福山)

4月23日(月) 京都

詳細はVOLTZ公式ブログ

 

以上のような感じになっております。

是非遊びにお越し頂けると嬉しいです!!

 

 

【Z LIVE INFORMATION】クリヤ・マコト・スーパートリオwithインクレディブル・ホーンズ

これまでに6回のヨーロッパツアーを成功させ、

オーストラリアツアー、台湾公演、エジプト公演、モロッコ公演も行うなど

世界的に活動を展開するクリヤ・マコト。

2011年にはロンドン公演の様子がBBCラジオでオンエアされ、

米国営放送局Voice of Americaのジャズサイトで特集が組まれるなど

注目を集めています。

そんなクリヤ・マコトが最強のリズムセクションを率い、

日本の誇る驚異的な二人のホーンプレイヤーとの夢の共演を

ヤマハ銀座スタジオで実現!

贅沢なひとときをお楽しみください。

 

 

■会場 ヤマハ銀座スタジオ

■開催日 2012年4月26日(木)

■時間 開場18:30/開演19:00 

■出演 

クリヤ・マコト・スーパートリオ [クリヤ・マコト(ピアノ)、納浩一(ベース)、大坂昌彦(ドラム)]

インクレディブル・ホーンズ [エリック・ミヤシロ(トランペット)、中川英二郎(トロンボーン)]                      

■入場料 4,500円

 

<チケット発売>

●チケットの電話でのご予約・お申し込み

 チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード 161-074]

●公演についてのお問い合わせ先 ヤマハ銀座ビルインフォメーション

  03-3572-3171(11:00~19:30/第2火曜定休)

【Z LIVE INFOMATION】大田区アマチュア音楽祭2012 

 [パート1 Big Jazz Day ジャズに熱狂する日]

響け!熱き想い。僕らは音楽でつながっている。

6年目を迎える「大田区アマチュア音楽祭」は、オーケストラ、吹奏楽、ジャズ、合唱など、

2,000人を超えるアマチュアの参加者が大田区に集い共に創り上げる音楽の祭典です。

 

今夏の音楽祭では、様々な公演で出演者・出演団体を募集いたします。

たくさんのご応募お待ちしております!

 【アマチュア・ジャズ&ラテンバンドによるコンサート出演団体募集】
■日時 7月8日(日)11:00開演

■会場 プラザ大ホール

■募集対象 アマチュアとして演奏活動を行っている団体

■演奏時間 1団体30分以内

■その他 終了後、プロ奏者による講評あり

■参加費 1団体=3,000円(予定)※記録用DVD付

■定員 10団体程度(出演団体は選考により決定)

■募集期間 3月1日(木)〜4月30日(月・祝)必着

 <応募について>

応募の際は必ず「大田区アマチュア音楽祭2012募集要項」で詳細をご確認ください。

募集要項は3月上旬から協会ホームページ(下記URL)にてダウンロードできるほか、

アプリコ、プラザ、文化の森各館の各窓口でも配布します。

 http://www.ota-bunka.or.jp/PDF/OAMF2012_bosyu4P.pdf

 

<応募方法>

演奏資料(CD/MD/DVD)を添えて指定の応募用紙にご記入の上、郵送または直接窓口へ持参。

 

<申し込み先・お問い合わせ>

●窓口申込:アプリコ、プラザ、文化の森 各窓口へご持参ください

●郵送申込:〒146-0092
      大田区下丸子3-1-3 大田区民プラザ内
      (公財)大田区文化振興協会2012
      「音楽祭出演者募集」係
      TEL:03-3750-1611(プラザ) 

 

 

【Z BLOG】鈴木 圭:お散歩レコーディング

たまにお仕事でデュオをやらせていただいてる、ピアノのふーみんさん。ご近所なんです。

 

朝、電話掛かってきて、「録音お願いできるー?」

僕も機材持ってるので、録音データをメールで送って納品かと思ったら、「いまから来れる?」

楽器もって、お散歩感覚でスタジオに(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントに小さくて優秀な機材ができて、超ハイファイで録りたいもの以外は、すごく便利になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りには、桜を見ながら帰ってきました。

【Z BLOG】鈴木 圭:学生の企画バンドのOBバンド

僕自身が、大学のビッグバンドサークルにいたこともあって、

周りで演奏してる管楽器のミュージシャンは、やっぱりビッグバンド出身の方が多いです。

 

大学のビッグバンドに所属したことがある方はわかると思うのですが、自分のバンド以外に、

一緒にジョイントコンサートなどを組んでるバンドからの、ピックアップメンバーのバンド。

いろんなバンドにトラ(代役)で行ったり、対バンなどで知り合った仲間とバンドを組む、企画バンド。

などがあります。

 

J-Line Jazz Orchestraも、当時、

いろんな大学のスタープレイヤーだったメンバーを集めて始めた企画バンドでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな背中のリーダー朝里勝久(bass tb)

 

いつのまにか、そのメンバーが、そのままプロになってました・・・。

リハーサルで、同窓会みたいに話が盛り上がりすぎて、リーダーが学校の先生のように諭すバンド(笑)

 

楽器ごとにも違うと思いますが、プロになる世代は、同じ年代に集まっていることが多いです。

生まれ歳で言うと、僕たちが1978年付近生まれの世代。その上は、(19)61世代。

 

上手な人が多くて、切磋琢磨できた・・・というのも当然あると思いますが、

全員が「俺たち、いけるかも?」っていう集団勘違いでプロになってしまったのもあるかもしれません(笑)

当然そこから、その勘違いを乗り越えるための大変な苦労をしてきたわけですが・・・。

 

でも、プロもアマチュアも関係なく、学生時代に一緒にやっていたメンバーで久し振りにバンドをやると、楽しいですね。

くだらない内容でもいちいち盛り上がれるし(^^)

 

学生時代に演奏して以来、楽器から遠ざかってた方も、久し振りに楽器持ってみませんか?