2012年 11月 の投稿一覧

【Z BLOG】バンマスです:佛坂咲千生、ジャズ化計画第2弾始動!

Scanp live at  オルガンジャズ倶楽部 11月23日

2010年に発表したJ’z Crazeの3rdアルバム『One』では、プロデューサーにエリックミヤシロを迎え、

さらに進歩した佛坂さんを聞くことができましたが、結成15周年の今年、

活動範囲をさらに一歩広げた新しいユニット『Scanp』をスタートさせました。

このユニットはギターの安部一城がウッドベースの河上修を参加させ、よりジャズテイストあふれるユニットを作り上げました。

ベーシストの河上修は2010年に音楽活動歴40年を迎えたベテランジャズベーシストで、

74年には渡辺貞夫バンドでメジャーデビューした人です。

 

ベースがエレクトリックの浅井雄作からウッドベースの河上修に変わっただけでも、ジャズを予感させるものですが、

選曲もNight in Tunisia、My Funny Valentine、Blue in Greenなどを取り入れた上、

選曲だけではなくアレンジでも佛坂さんの演奏部分をかなり拡大し、

ジャズトランペッターとしての佛坂咲千生を意識したアレンジとなりました。

 

次のライブは決まっていませんが、楽しみに待っていましょう! 

さらに進化した佛坂さんを聞くことが出来るかも?

【Z BLOG】中島あきは:日本食って素晴らしい

日本食が、日本食が恋しいです・・・

寮に入ってる学生は、寮費に学校のカフェテリアでの食事代も含まれているので

毎日そこでご飯食べてるんですけど、

ピザもパスタもハンバーガーもマカロニチーズもほんまに食べ飽きました!!

しかもバイキング形式なので謎に食べ過ぎてしまうし(笑)

寮の部屋にはキッチンが無いので料理することもできないのです。

私は普段からみんなに味覚音痴って言われるし、食にこだわりが無い人なんですが

そんな私でも結構なストレスになってきました。

 

ということで、友達と近くの日本料理屋さんに行ってきました。

その名も「UMAI」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーモンどん頼みました。

やばい(T_T)めっちゃおいしい(T_T)

私の舌、アメリカの食事に侵されてたんですけど蘇りました(笑)

日本茶も出してもらっちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高や〜〜〜〜〜

日本食はアメリカでは決して安くはないので、そんなに頻繁には行けません。

月イチくらいのご褒美にしようかなぁ。

 

明日からまたカフェテリアです。

こんな食生活続けてたらぜっっったい太るので、というかもうすでに太っているので

日本に帰ったときみなさんびっくりしないでください。

運動すればいい話なんですが、運動キライなので、出来ません。笑

【Z BLOG】Kari:浜松ジャズウィーク バイオリン編

はじめまして、kariです。

初めてここでブログを書きます。よろしくお願いします。

 

11月4日に、「The 21st ハママツ・ジャズ・ウィーク」の「ヤマハジャズフェスティバル」に、

世界屈指のジャズ・バイオリニストのクリスチャン・ハウズが出演しました!

バトルジャズビッグバンドと、クリスチャン・ハウズのコラボ演奏は、鳥肌がたつくらいすごかったです!

 

これに関連したイベントとして、11月2日~4日に「Pop-music Strings Camp 2012」が開催されました。

ジャズをはじめ、ロックやフュージョンなど、

譜面にとらわれず自由に音楽を表現できるオルタナティブ・バイオリンを学ぶことができるセミナーです。

 

この講師がなんとクリスチャン・ハウズ!

そして、日本でジャズバイオリンの輪を広げる活動をしている北床宗太郎氏がアシスタント講師として指導をサポートし、

充実した3日間のセミナーとなりました。

 

セミナーは2日間コースと3日間コースとあり、受講生は総勢20名。

初級者から上級者まで集まりました。

クリスチャン・ハウズの実演も入れながらのレッスン、

北床さんによる分かりやすくかつ楽しい指導…スタッフの私もついレッスンを熱心に聞いてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしてセミナーを受けた受講生は、

なんと3日目には「ストリートジャズフェスティバル」に全員が出演し、

全員がソロを演奏しました!

 

アンサンブルの楽しさを味わえたことはもちろん、

ジャズ初心者でもこうしてステージに立ってソロを演奏できたということが、

受講生にとって大きな満足と進歩につながりました。

みなさん素敵な笑顔でした。

私もジャズバイオリンにチャレンジしてみたくなりましたね!

見に来られていた方の中にも、そう思われていた方もいるかもしれません。

 

最後は、クリスチャン・ハウズと北床宗太郎氏のライブ@ハァーミットドルフィン。

「ヤマハジャズフェスティバル」に出演した、宇関陽一氏(Pf)、楠井五月氏(B)、

今回東京からこのセミナーのために駆けつけてくれた小山田和正氏(Dr)という素敵なバンドメンバーによるライブは、

浜松での最後の夜を魅力的なものにしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャズバイオリン…その魅力にとりつかれそうです!

【Z BLOG】田中 充:札幌でライブします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11/28(水)20時から、札幌のライブハウスLazy Birdでピアニストの泉谷さとみさんとライブします。

 

札幌には昔から縁があるんです。

はじめてビッグバンドで札幌に行った時仲良くなった方々に呼んでいただいたり、

ここ数年はタイガー大越さんのグルーブキャンプにアシスタントとして参加したり、

毎年なにかしらで札幌に行っています。

 

いつも行く度に、皆さんにとても良くしていただいて、札幌大好きです!

今回のライブもスタンダードジャズとオリジナル織り交ぜて、ほっこりとやりたいなあと思っております。

 

お近くの方、是非おこしください!

【Z BLOG】M9です:浜松ジャズウィーク 管楽器編

M9です。ひっさしぶりのブログです。

最近例の新商品でバタバタしていて、全く休めず。。。

 

これはなんとかしなくては、という事でとっても秋晴れだった11月4日の日曜日、

浜松で行われたヤマハジャズフェスティバル2012に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年で21回目と国内では老舗になってきたフェスティバル。

実は10月27日から11月4日までハママツ・ジャズ・ウィークというイベント名で

浜松市内いたるところでジャズの演奏が同時開催されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も東京からの新幹線を降りた浜松駅前で、早速大学生によるビッグバンドの演奏に遭遇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の演奏スケジュールを見ると浜松のアマチュア演奏家によるイベントがびっしり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにジャズフェスの会場であるアクトシティ大ホール前ではゴスペルのリハーサル中でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや~、あらためて浜松って音楽の街なのだなぁ、と実感。

しかも大好きなジャズのイベントが一週間も行われるなんて、素晴らしい!

 

早速イベントパスをもらい、楽屋へ潜入。
と、いましたよ、本ブログでもおなじみの方々が。
まずは中々お目にかかれないリラックスした感じのテナーサクソフォン奏者、鈴木圭氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車で来たそうです。さすがは地元が静岡!

 

続いて、トランペット奏者の田中充氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの朝食が美味すぎて、”うなぎ”食べれなかったそう。

次回是非一緒に行きましょう(笑)!

 

さらに、最近ますます大きく、、、いやご立派になった(!?)、朝里勝久氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おニューのYBL-822が光ってますね。

 

 

彼らは3部のバトルジャズビッグバンドで出演。

他にも1部の大西順子トリオの皆さまとか、2部の小林桂+4の方々が楽屋に控えておられました。

さてさて、13時からの本番は多くのお客の熱気に包まれてスタート。

大西順子さん、これが最後のホールコンサートだそうです。

すっごい良かったです。

学生の時からの憧れでした。またどこかで聴けるといいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2部の小林桂さんは、さすがボーカル。

会場全体が癒されモードになりましたね。

スタンダードな曲満載で気持ちがホッとなりました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、3部のバトルジャズビッグバンド!

実はメンバーの多くがお世話になっている方々で、

本当はみなさん紹介したい気持ちはあるのですが、

そうはいかない(泣)、、、。(Z系楽器、宜しくお願いします(笑)。)

ドラムの丹さんソロからはじまり、あっと言う間の1時間。

最初から最後まで早い、難しい、凄いの3拍子でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学バン思い出すなあ。。。すげ~よかった。 やっぱ管楽器っていいですね。

 

 

ちなみに3部はゲストでクリスチャン・ハウズ氏が登場。

バイオリンでもあんな事できちゃうんだ、と思える超絶技巧でした。

こちらは別担当者によるブログを読んでくださいね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に出演者に挨拶して、ふとはいった居酒屋にこう書いてあったら、帰れないですよね~(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜松の夜は長いのでした。

【Z BLOG】田中 充:祝!シングルリリース!

僕の所属するバンド、木原健太郎withベリーメリーオーケストラの新譜

「So many stars」がiTunes Music Storeでリリースされました!

ベリーメリーオーケストラは、

アルトサックス、テナーサックス、トロンボーン、トランペットの4管と、ピアノ、ベース、ドラムという編成のバンドです。

この曲はフリューゲルホルンでレコーディングしてます。ぜひ聞いてみてください!

 

【Z BLOG】田中 充:前橋演奏旅行、後編

前編から続く

 

朝10時には会場となる清心幼稚園に入り、楽器の位置決めをしてセッティング。サウンドチェックをします。

とてもきれいなホール!さすがに幼稚園の椅子は小さいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、トランペット3人、トロンボーン3人、ベース、ピアノ、ドラムという編成で、

ちょっとマニアックなスタンダードジャズや僕のオリジナル曲をアレンジしています。

クラシックの近刊アンサンブル風のイントロを付けてみたり、

ビッグバンド風の押しまくるアンサンブルがあったりアドリブももちろんあったり、と、欲張りな(笑)バンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は幼稚園での公演ということもあり、「幸せなら手をたたこう」は、

手をたたくゲームを間に挟むアレンジに、「崖の上のポニョ」はジャズのビッグバンド風味でスタートして、

途中、管楽器全員が会場に散らばってソロを吹く、というアレンジにしてみましたが、

これが大ウケしてました。あーよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで記念撮影。

の前に髪型を気にする朝里勝久君となんだかよく分からないポーズを決めている川上鉄平君。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非このバンドで都内でもライブやりたいなあという気になってきました。

来年やろっかな。

【Z BLOG】三塚知貴:ひみつのウォーミングアップ場所?

大きなホールでの仕事の際、往々にして、

楽屋ではスタッフが打ち合わせをしていたり、

ステージ上では音響や照明がセッティングをしている場合があるので、

居場所のない(笑)管楽器奏者は、

ロビー等で、こっそりウォーミングアップをします。(←会場にもよるのですが。注)

 

椅子などの配置とか、

窓から見える風景とか、

…覚えてるものですねぇ(笑)。。。

以前に来たことがある!…と、思い出すわけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そう!ココも来たことがある!、、、みたいな。(^^;;

色々なお仕事をさせて頂いているうちに、知らず知らず(?)、

ほぼ全国各地の主要ホールの、

…ロビーを制覇(?)してきましたぁ(爆)。

 

ちなみに、楽屋やステージの風景などは、

あんまり覚えてませんけど…(笑)

 

あとは、その土地で、美味しかったラーメン屋や居酒屋の記憶こそ、

…バッチリっ!(爆)

【Z BLOG】中島あきは:Hurricane !!

みなさんこんにちは!

昨日からバークリーは中間試験真っ最中です。

バークリー入ってはじめての試験!!のはずだったんですが。

 

なんと巨大ハリケーンのせいで学校がお休みになってしまって試験が延期になりました。

 

ハリケーンに遭遇するのはもちろん初めてだったのでちょっと怖かったー。

停電に備えてキャンドルとか買って、友達の家に避難しました。

幸いボストンはたいした被害はなかったんですが(ほんとにあっけなかった)

ニューヨークあたりはかなりの被害のようです。友達がみんな無事か心配。。。

 

とりあえず勉強できる時間が増えたので、おとなしく家で勉強しようと思います。

バークリーはとにかく課題の量が多いです~。

しかも、全然音楽に関係ない授業とかもあるのでそれの課題が一番きついです。

 

友達といつも私たち音楽勉強しにきたのに!ってぶーぶーいいながらやってます。

でもとにかくやらないといけないので。やるしかないです。笑

 

ふぁいとーーー。いっぱーつ。。。 !

 

【Z BLOG】田中 充:前橋演奏旅行、前編

先日、群馬県前橋市にプチ演奏旅行してきました。

一泊二日の旅でしたが、とても密度の高いものでした。

 

メインは10月27日の前橋市にある清心幼稚園でのコンサート。

これは久しぶりに僕のジャズ・ブラス・アンサンブルで出動しました。

 

しかし、その前日夜に、

スケジュールの空いているメンバーで前橋のカフェレストランで軽くジャムセッションして下さい、

という話が来まして、僕とトロンボーンの川原聖仁君、ピアノの山田貴子さんの3名を中心に、前橋に向かいました。

 

途中、関越自動車道の事故大渋滞にはまり、ひょっとしたら本番に間に合わないのではないか!

という目にも遭いましたが、7時10分に到着、エレピとアンプを搬入、セッティングして7時半から本番!

という綱渡りも見事にこなし、ジャムセッション本番・・・のはずでしたが、

我々が思い描いていた「レストランの隅で軽くBGM程度に演奏」というイメージとは全く違い、

完全に「ライブ」でした。お客さん、ちゃんと聞いてるし。

 

というわけで、急遽ではありましたがライブのスタイルで演奏しました。

なんの打ち合わせもせずにはじめたのですが、

「枯葉」「Fly me to the moon」「酒とバラの日々」「What a wonderful world」などのジャズスタンダードを

とてもいい感じで演奏出来ました。

トランペットとピアノの掛け合いやトロンボーンのアドリブの盛り上がり具合、

はたまた、その後駆けつけてくれたドラムの能村君とトロンボーンの川原君との掛け合いも楽しかったなあ。

その場その場でアレンジを組み立てながら演奏出来るのもジャズの面白いところですね。

 

2ステージやりきって、その後は続々と東京からやってくるほかメンバーも合流。盛大に飲み会となりました(笑)。

 

さてみなさん、明日は早起きして昼1ステージ、夜2ステージあるんですよ!ほどほどにね。

 

後編に続く。