2016年 1月 の投稿一覧

【Z BLOG】三木 俊雄:2/7相模原市民会館「ジャズイイネ」

現在、首都圏にジャズ科(専修)を持つ音大は国立音楽大学、洗足学園大学、昭和音楽大学、尚美学園大学の4校がある。比較的最近のこととは言え、15年以上が経過しそれぞれ質、量ともにかなりのプロのジャズプレーヤーを輩出している。
それまでは早稲田や慶応といった一般大学のジャズ研やビッグバンドからプロになるケースが多くあり、それを生み出す背景として存在するのが学生のビッグバンドコンテスト。
例えば山野ビッグバンドコンテストなどは最も歴史と伝統のあるコンテストであり、そこで最優秀ソリストに選ばれこの世界に入ったプレーヤーは数多くいる。



しかしその一方で、音大がジャズコースを設けるようになって以降、ジャズを専門的に学んでいる音大のビッグバンドが毎年優勝するのは如何なものかという議論もあり、現在国立音大は山野ビッグバンドコンテストへの出場を辞退している。
そしてその一つの代替案として上記の4大学のみで開催の「Jazz festival at Conservatory」という新たな試みもなされている。



僕の個人的な意見としてはアメリカの大学がそうである様に、いずれ早稲田や慶応といった一般総合大学に音楽学部が設置され、その中にジャズコースがあるというふうになれば良いと思っている。
ジャズに限らず音楽はそれ単体で存在するわけではなく、それを届ける社会的、ビジネス的仕組みが必要だ。
卒業後に社会の各分野で活躍するであろう学生の幅広い繋がりを育むと言う意味でも、音楽大学と一般大学の垣根を越えた交流は望ましいと思う。



そして今回、相模原市民会館からその様な趣旨のコンサートへのゲスト出演のオファーを頂き、とてもうれしく思う。



出演するのは国立音学大学ニュータイド・ジャズオーケストラ、早稲田大学ハイソサエティー・オーケストラ、明治大学ビッグサウンズソサエティー・オーケストラ、横浜国立大学ベイサウンド・ジャズオーケストラの4校。いずれも非常に優秀な学生ビッグバンドとして知られている。



是非多くの方にお越し頂きたいと思います。



http://sagamiharashimin-k.jp/event/498.html



【Z BLOG】中山 浩佑:ゲストコンサート

先日、長野県は松本市にて、アマチュアビッグバンドのコンサートにゲストプレイヤーとして出演してきました〜!!
Music of Toysという松本市の中高生を中心に結成されているアマチュアビッグバンドで、僕とは今年で2年の付き合いがあります。
バンド全体のレッスンやTpの子達をレッスンしたり、昨年のコンサートにEricさんとダブルゲストで呼んで頂いたりしました。



この団体を仕切っている人が、Ericさんの大ファンでEricさんが日本に来られた時からおっかけをされていたそうです。
そして、10年くらい前から若い時代の僕の存在を知ってくれていて、
若くしてEMBANDでセクションに入れてもらって演奏していたり、ソロを吹いたりしてたのを見ていてくれた人でした。



ひょんな事でご縁を頂き、是非Toysに教えに来ていただきたいです!とコールを頂き、今に至ります。



子供達の成長は本当に早く、教えていて僕も沢山勉強になりますし、逆に刺激を沢山もらっています。
そして好きなことに向かっていく力。そしてキラキラした部分。いろんな事が若い頃の自分と重ねて見えることも沢山あって、
彼ら、彼女らに何か大切なものを伝えあげられているならすごく光栄だと思っています。だからこそ僕もいつも全力で関わらせています。



話が少し逸れてしまいましたが、コンサートでは僕のオリジナルを沢山やらせて頂きました。
他にもMFナンバーもリクエストがあったので演奏しました。
オリジナルの他にもオリジナルアレンジ書き下ろしでこのバンドの為に書きました!!



お客さんにもすごく喜んでいただけて一安心でした。子供達も本当に一生懸命頑張ってくれてとてもかっこいい演奏になりました!!
ゲストステージがコンサートの真ん中だったのですが、僕のステージが終わった時にお客さんから
「中山さーーん!!アンコール!」という嬉しい掛け声も頂き、温かいお客さんに包まれました。



そしてコンサート開催にあたり、裏方をやって頂いたスタッフの皆様。
そして親御さんや、バンドのOB、OGの皆様の力で開催できたコンサートです。
これからも子供達がキラキラできるようなコンサートが続いたらいいなぁと思います。
いい環境をみんなで作り上げている素敵な団体だと思います。



本当に素敵なコンサートでした!皆様、お疲れ様でした!!







【Z BLOG】古屋 ひろこ:リンダリンダ





こんにちわ。
今日は私の好きなアーティストを、なんだかんだエピソードを交えながらご紹介させてくださいませ。



私古屋ひろこ、1985年4月16日、山梨生まれ甲本ヒロト育ちと言っても過言ではないほどのロック好き、
殊に日本が生んだ不朽不滅のロックスター、甲本ヒロト氏と真島昌利両氏なくして私の音楽人生は語れません。



私には6歳上のとても敬愛する兄がおります。小さい頃から憧れてなんでも真似っこしたものです。今でもです。
そんな彼がとても彼らを愛聴していた為、幼少の頃より毎晩子守唄のように聴いていたTHE BLUE HEARTSのアルバム。



その時は既にピアノもトランペットを夢中でやっておりましたので、それからエレキギターやベースやらを始めることはございませんでしたが、夢中で歌ってましたよね。登下校の最中やら、お風呂で、とかそりゃたくさん。



そして田舎の小娘だった私が、初めてライブを見たのが中学二年生の時、赤坂BLITZにて行われた↑THE HIGH-LOWS↓のライブ。
生まれて初めて体験する大爆音と、目の前のロックスターにブルブルと心が真っ白になって大泣きしたものでした。
後に大人になって、職業的ミュージシャンになっても、この体験は生きるスタンスとして己の糧になっていると気付くのです。
三つ子の魂百までってやつですかね、ちょっと違うか。
THE BLUE HEARTSから↑THE HIGH-LOWS↓、そしてザ・クロマニヨンズに進化し続けて尚ライブに通いCDを買い続けています。
圧倒的なメロディとパワー、ステージでの爆発的なパフォーマンス、本当にすごい。
小さい頃から私もいつも意識の中にロック魂が深く根付いております。
ピンチの時や願掛けの時はもちろん、神様仏様ヒロト様ー!ってな具合ですね。



世の中に『好きなものを聴く』と、『それを専門に演奏する』が伴っている人もたくさんいますが、
私はそれとは少しだけ違っていたようで、『これが好き』、だけど『演奏するのはあれもこれも好き』、といった具合でして。



後にビッグバンドジャズを始めてからと言うものの、好きなミュージシャンはとても増えましたね。
トランペットだとRoy Hargrove(あのオシャレな佇まいとホクホクの音色がたまらない)のCDをかけながらノリノリで踊りながら聴いたり、
ピアニストだとKieth Jarret(JazzのCDでは彼のThe Melody At Night, With Youが一番好き!、
ベーシストだとRichard Bonaを薄暗い部屋でワインなんか呑みながらしみじみ聴くのが好きだったりします。
他にももうたくさんのジャズジャイアントの皆様を敬愛しておりますよ。
もちろんCount BasieやBuddy Richの楽団もそりゃあもうたくさん聴きましたし。今でも大好きです。



結局あれもこれも大好きー!という感じになってしまいましたが、いい音楽にはジャンルとか境界線なんかないんですね。
毎日毎日好きな音楽が聴けて、しかも音楽を演奏することを生業としていること、大変幸せに思います。そんな、年明け。

【Z BLOG】吉田 佐和子:ヤマハマウスピースパッチの魅力

クラリネットを吹く際に、セッティングについて悩むことは多々あります。
本当にほんの少しの変化を加えることで、音色や吹奏感に違いが生まれまれるためです。



私も日々、試行錯誤を繰り返しています。
特に口元に近くなる程、影響力も大きくなるという点からみても重要となってくるのがマウスピース。
そんなマウスピースについているマウスピースパッチ。



マウスピースパッチの役割はマウスピースに歯が当たって傷つかないようにすることだけではありません。



音色にも大きく影響があるのです。
現在、いろんな種類のマウスピースパッチが販売されていますが、
その中でも音色が柔らかくなり、輪郭が太くなるようのが、ヤマハのソフトタイプのもの。



ヤマハ マウスピースパッチ Mサイズ 0.5mm ソフトタイプ
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/accessories/support-tools/mppam5s/?mode=model



0.5ミリと0.8ミリがあります。



厚さが増すと抵抗感も増します。
私は0.5ミリを自分にあった形に少しアレンジして使用していますが、是非どちらもお試しになっていただけると良いと思います。



試したことがない方は是非お試しください。

【Z BLOG】三木 俊雄:学習院大学生涯学習講座

ミュージシャンの主たる仕事は演奏とレッスンであるが、たまに頼まれるものに「講演」がある。「公演」ではない。
つまり人々の前で1時間なり2時間なり話をするというもの。
今まで経験したのは自治体の「生涯学習プログラム」いわゆる市民講座である。
そして今回頼まれたのは大学の生涯学習講座。しかも学習院大学。学習院…僕にとっては何とも遠い響きである。



この話、もともと依頼されたのはピアニストの佐山雅弘さん。
彼が日本経済新聞に短期連載していた「ジャズの歴史」が評判を呼び是非とも、となったのだが、その時点では本人は大きな手術を終えられたばかりで、健康上の理由から見送くらざるを得なかった。
そして佐山さんはいつも困った事があると僕に相談してくるという悪い癖があり、「何とかならんか?」という連絡が入った。



大学ではもう15年ほど教えているので、人前でしゃべるのはかなり慣れているつもりだ。
しかし大学の学生は皆、音楽を専門にしている二十歳前後の若者であるが、この手の講座は大抵、リタイアした高齢者が多くそのほとんどは音楽に関する専門的な知識はない。しかし中には非常に詳しい方もいたりする。
そのような人生の大先輩の前で話をするというのは何度やっても冷や汗をかくものだ。初めてやったときは本当に足が震えた。
しかも皆さん非常に熱心でノートなども取っている。



最初は受講者の反応はおろか時間配分もままならず、無我夢中の内に終わったものが何度かやっている内にペースも掴めてくるもので、軽口の一つも叩けるようになってくる。
何とかうまい具合に佐山さんにバトンをお返しすることが出来ればと思っているが、幸い受講申し込みは盛況とのこと。
興味のある方はこちらをどうぞ。

http://open.gakushuin.ac.jp/course/detail/2015/C/S01/



【Z BLOG】フジイヒロキ:槌音プロジェクト・チャリティーコンサート





僕は東日本大震災後、主宰するバンドでのチャリティーライブを開催したり、時々被災地を訪れたりという活動を続けています。



http://hirokifujii.com/charity



昨年の3月に「楽器 for Kids」の活動の一環として、岩手県大槌町を訪れ、現地の「大槌ウィンドオーケストラ」(http://otsuchiwind.jimdo.com)さんとも一緒に演奏させていただいたのですが(一番下の写真)、そのご縁で、東京のサントリーホールで開催された「槌音プロジェクト・チャリティーコンサート」に足を運んで来ました。



NHK交響楽団や東京交響楽団といった、日本を代表するオーケストラのプレイヤーや、世界を股にかけて活躍するバイオリニストやピアニスト、アマチュアの合唱団など、多くの方が出演されていて、とても心のこもった温かいコンサートでした。



出演者の多くは、今も大槌町へ出向き、コンサートや子供たちの音楽指導を続けているようです。素晴らしいですよね!



自分自身、微力ながらチャリティー活動を続けていて思うのは、
震災から4年以上が経ち、このようなチャリティーコンサートを開催する演奏家や団体は随分減ってしまったな、という事です。



現地に行くと、震災当時の爪痕は今もほぼそのまま残されていますが、このような報道も確実に減って来ていますよね
(写真は昨年3月、現地で僕が撮った写真です)。











前述した「大槌ウィンドオーケストラ」さんは、地元の中学校や高校の吹奏楽部のOBが集まっている若い団体のようですが、
震災後いろいろな事情で町を離れてしまう若い人たちも多く、メンバー集めすら大変なようです。



震災当時は、生きるために必要な物質的な支援が優先されたかも知れませんが、
長期で考えると、「音楽を楽しむ環境」とか、もっと精神的な支援が必要とされて来ると思います。
音楽家に出来る支援はむしろ、これからなのかも知れません。



今回のチャリティーコンサートを主催した「槌音」(http://tsuchioto.com)さんでは、「音楽ホールを作ろう」という夢もあるそうです。
僕も何かお手伝いが出来たらと思っています。



ちょうどこの日、サントリーホールの大ホールは「ディズニー・オン・クラシック」が華やかに開催され、カップルや家族連れで賑わっていました。
もちろんそれ自体も素晴らしい事ですが、このようなチャリティーコンサートが今も開催されている事や、
今もなお、今だから出来る被災地と音楽との関わり方が一人一人にあるという事をこの場を借りてお伝え出来れば幸いです。



【Z BLOG】中山 浩佑:めでたい出来事

いつもブログを読んでくださっている皆様。
ありがとうございます。
「Webで書いている記事見てますよー!」と声をかけていただくことがあり、嬉しく思っています。
これからもお楽しみいただけたら嬉しいです。



さて、今回はいつもブログを見てくださっている方々に僕の嬉しい報告のお裾分け?です(笑)



2月と3月のブログで少し。ほんと僅かにですが触れて書いていた事がありました。
僕たちの仕事の難しいところなのですが、守秘義務という契約があり、自信を持って人前でどんな仕事をしているのか書けない事が殆どです。
その中でも、ご紹介できる事はここで紹介しています。



で、その過去に書いたブログにうっすら紹介した制作仕事がありました。



僕はブラスアレンジャー、そしてブラストレーナーとして関わらせていただいていた仕事だったのですが、
その仕事がなんと11月に世界一の賞を受賞しました。



なんの世界一かと言うと、IAAPA(International Association of Amusement Parks and Attractions)という、テーマパークや常設アミューズメント施設の国際的業界団体があるんですが、そのコンテストで世界一になりました!



ショー運営にかかる予算額や、ショーの種類などで様々なカテゴリーがあるらしいですが、
このカテゴリーの中で、僕が関わらせて貰っていた仕事が世界一として認定されました。



そんな嘘みたいな栄誉ある出来事に関わらせていただけたのでした。



いろいろ写真など載せられないのが残念ですが。。
皆さんも関西方面に遊びに出かけた時に運よく見かけた人も中にはいるかと思います。



本当にみんなの力があってこそ取れた賞なので僕の力というよりは、現場の演者さん達。そしてスタッフの力によるものです。
本当に優秀な人たちに囲まれていて幸せです。
そして、こうして少しでも関われたのは嬉しかったので、嬉しさのお裾分けでした。



また次回!

【Z BLOG】古屋 ひろこ:秋の思い出 2015

夏に引き続き、秋と初冬の思い出をまたまたピックアップしてご紹介させて頂きたく思います。



⚫️THE OMATSURIES名古屋公演







私のホームバンド、THE OMATSURIES
夏にも何度かライブしましたが、9月の連休に行ってきました名古屋!
やっぱりライブハウスの爆音は燃えますね!
安心のメンバーと共に味噌カツと味仙(台湾ラーメン発祥の店)も決まったところでステキなライブが出来ました!
とっても楽しかったです。



⚫️青春歌謡バンド金ちゃん







浜離宮朝日ホールで行われましたこのバンドのコンサート。もう、このバンドったらもう皆様凄腕な上とてもユニーク。
写真面白すぎて載せきれないので集合写真をば。ハロウィンの時期とあってホール内の飾りがとってもキレイでした!
今年10周年とかでおめでとうございます♪コンサート、とっても盛り上がりました。



⚫️東京アクティブNEETs レコーディング月間











アレンジからレコーディング、撮影までもを自分達で行うスーパーバンド東京アクティブNEETs。
またこちらのブログでご紹介させて下さい。12/30に新譜が出ます!その名も東方爆音ジャズ9!


⚫️サルサバンド ソンレイナス







静岡県沼津市、淡路島で演奏して参りました。
どんな会場においても最後は総立ちの総踊りにしてしまうソンレイナス。この日も大盛り上がりでした!
淡島にある、世界のカエル館もいろんなカエルがいて可愛かったです(^O^)



⚫️もう7年続く、ピアニスト吉村隆行くんとのduo







私たちのduoは歌謡曲が多目ですね。アンコールでは会場中を巻き込んでの大セッション!
2016年にはCDをリリースすることを目標に日々励んでおります。新宿のLive Bar Strengthにて。



⚫️第一回目から呼んでいただいてます、港南台訪問の家で行われました第六回愛ひかりフェスタ







毎年私はリーダーとして、毎回違ったバンドで出演する!を目標にしており、
今年は夏に行われた渋谷ズンチャカ!でのメンバーを中心に結成したヒロコマンwith ワイワイオーケストラにて出演!
地区のゆるキャラいたちのたっちー君もダンスで参加してくれました。
アンコールでは一つ手前の枠で出演していた、サファリパークduoのお二人も加わってそりゃもうワイワイ!来年も出たい!笑
ありがとうございました(^O^)



⚫️好きです札幌







ビックバンドのゲストとして呼んでいただきました!
食べ物美味しすぎるし人は優しいし温泉とろっとろだし、ライブではリードプレイにソロにとおいしいところをたくさん頂きました(^O^)1/15,16とまた札幌でライブがあるのでそちらも楽しみです♪



⚫️やっぱりしました、BBQ!







この日は大人のBBQとやらで、漫画でしか見たことないようなお肉がてんこ盛りでした。
秋風に吹かれ、これまた秋風に吹かれる稲穂を見つめながらのBBQ、最高でした!

【Z BLOG】吉田 佐和子:1ヶ月で200枚販売達成!音楽は人をつなぐ

昨年の11/27に2ndアルバム『Letter』を発売しました。
発売日は母の誕生日。今までの感謝の気持ちを込めてその日を選びました。



リリースツアーでは『4日間で100枚アルバムを販売する!』と決めて取り組み、達成することが出来ました。
その時のことはZブログでも記事にさせていただきました♪



【Z BLOG】吉田 佐和子:2ndアルバムリリースツアー終了!
http://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/author/yoshida-sawako/



この時に私は『夢と目標を共有すること』の大切さと楽しさを知り、
目標を達成したあとすぐに、『年内に200枚販売する!』という目標を立てました。



それから、FaceBookやツイッターのSNSを使って進捗状況を伝えたり、
ラジオと映像が一緒になったようなツイキャスという動画配信サイトを使ってみることにもチャレンジしました。
その結果、大晦日の31日の朝には、200枚販売という目標達成まで残り22枚まできました。
22枚、なかなか多い枚数です。
でも、1度決めた目標を何とか達成したい、と思い文章を書きました。



すると、昼前に公開した記事を見て沢山がアルバムを購入してくださり、目標を達成する事が出来ました!!
2015年最後の私の夢が叶いました。
支えてくださった皆さんに心から感謝するとともに、挑戦して本当良かったと思いました。



最近、自分の夢を誰かと共有することの面白さを凄く感じています。
1人では達成が難しいことも、誰かが応援してくれてたら出来る。



夢を掲げてみんなでそれを達成すると、凄く楽しいんです。
今回アルバムを買ってくださった皆さんとは、リアルに繋がってる人もいれば、SNSのみで繋がってる人もいました。
SNSを見て買ってくださった方は、今回の目標達成に向けてのドキドキと、達成した時のワクワクの両方を味わっていただけたと思います。



2016年はこういう『皆さんと一緒にワクワクすること』にもっと取り組んでいきたいと思っています。
失敗も沢山したけど、2015年の最後にとても幸せな気持ちになれて本当に嬉しかったです。



2016年もさらに挑んでいく年にしていきます。
皆さんにとって、素敵な1年でありますように。



2ndアルバムの購入はこちらから
吉田佐和子WEB SHOP
http://sawakocla.shopselect.net/items/2238026

【Z BLOG】三木 俊雄:謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



このブログも3年目を迎えました。
いま読み返ししてみると、丁度去年の一月後半くらいからアクセスが伸びたようです。



このブログの執筆依頼については「ヤマハZブログにふさわしい内容で400〜800字程度の記事と写真」とのこと。
「ヤマハZブログにふさわしい内容をヤマハZブログに書く」というのはなかなか頭痛が痛い話ではありますが、最初は楽器の事、ライブやコンサートの事などを中心に書いてました。
案の定いまいち反応は薄く、それならばと、普段フェイスブックに書いているような内容にしたところ、結構なアクセス数になっているようです。



このZブログにはコメント欄がありませんがこれを転載しているフェイスブックにはコメントできますのでフェイスブックをご利用の方はお気軽にどうぞ。
ただし、もちろん炎上を望んでいる訳ではありませんよ。
幸い現在のところそのような事象は起きておりませんが、食べ物とペットの写真と怪しげなシェアに埋め尽くされたフェイスブックの中で一服の清涼剤となれば幸いです。
https://www.facebook.com/mikitoshio



今年も何卒よろしくお願いいたします。



写真は母の入院する介護病院の書き初め。