Web音遊人(みゅーじん)

おとなの楽器練習記 レ・フレール

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

今日は兄弟ピアノデュオ、レ・フレールが〈有隣堂 横浜ミュージックサロン〉で、トロンボーンのレッスンを体験。いつもは4手連弾で華麗にピアノを繰るふたりですが、兄の斎藤守也さん、弟の圭土さんともにトロンボーンはゼロからのスタートです。

講師の小野田友隆先生によれば、トロンボーンは唇の振動が楽器に伝わって音に変わる楽器。まずは「バズィング」という、唇で振動をつくる方法を教わり、マウスピースを鳴らしてみます。最初に音が出たのは圭土さん。「歳のせいですかね」と笑う守也さんもすぐに鳴らすことができました。さっそくマウスピースを楽器に装着して構え方を習い、音を出してみます。「ほら貝みたいな音。戦が始まる~という感じ」(圭土さん)

次に、音の高さをコントロールしてみます。トロンボーンのスライド管には7つのポジション(スライドする位置)がありますが、同じポジションでも息のスピードや出し方をコントロールすることで音の高さを変えることが可能。低音を出すためには、息のスピードを落とします。

おとなの楽器練習記 レ・フレール

まずは基本の第1ポジションのファの音にトライ。音源に合わせて4拍ずつ吹く練習を繰り返します。「長い音を出そうとすると唇とか呼吸がつらい。でも、振動がわかります」と守也さん。圭土さんも、自分の体が振動して音が鳴る心地よさを感じたようです。
続いてスライド管を動かしてみることに。今日は7つのポジションのうち、第1 ~4番までをマスター。それぞれのポジションで、先ほどと同じように4拍ずつ吹きます。音が出せたところで、「せっかくですから、曲をやってみましょう」と先生。ガーシュウィンの『ス・ワンダフル』の下のパートにチャレンジしました。「ふぅ、なんとか吹けた。いい音を出せたときは気持ちいいけれど、出せない悔しさも残りますね」と守也さん。圭土さんも「ひとりでじっくり練習したくなります」。闘志に火が点いた(?)ふたりには、時間が足りなかったよう。

「先生がおっしゃるように、歌うように吹くと音が良くなるのが不思議。ピアノも歌うように弾くと音色が変わると教わりました。どんな楽器にも共通点があるのかな」(守也さん)。「リラックスと呼吸は関係あるのかなと思いました。その感覚をピアノにも取り入れたい」(圭土さん)。ふだんとまったく違った音づくりに大奮闘するなか、数多くの発見もあったレッスンでした。


ピアノデュオ レ・フレールがトロンボーンに挑戦!

■レ・フレール

斎藤守也と斎藤圭土の兄弟によるピアノデュオ。兄弟ともに15歳からルクセンブルク国立音楽学校に留学。2002年、フランス語で兄弟を意味する「レ・フレール」として活動を開始。2006年に『PIANO BREAKER』でメジャーデビューを果たす。独創的なオリジナル楽曲と4手連弾という演奏法で、国内外で注目を集める。コンポーザーとしても各業界から厚く支持されている。
オフィシャルサイトはこちら

●アルバムインフォメーション

『レ・フレール ザ・ベスト』
おとなの楽器練習記 レ・フレール
発売:ユニバーサルミュージック
価格:3,000円(税抜)
発売日:2016年9月2日

●斎藤圭土&Axel Zwingenberger THE BOOGIE WOOGIE PIANO 2017

8月14日(月)19:00開演 フラミンゴ・ジ・アルーシャ(大阪)
8月16日(水)19:00開演 Gate’s7(福岡)
8月18日(金)19:00開演 ザ・ルーテルホール(札幌)
8月20日(日)14:00開演 音楽の友ホール(東京)
公演の詳細はこちら

●レ・フレール ニューアルバム発売記念ライブ

9月2日(土)15:00開演 三井住友海上しらかわホール(愛知)
9月3日(日)16:00開演 北上市文化交流センター さくらホール 大ホール(岩手)
9月24日(日)15:30開演 Bunkamura オーチャードホール(東京)
10月1日(日)15:00開演 たかすメロディーホール(北海道)
10月14日(土)17:00開演 長岡リリックホール コンサートホール(新潟)

●レ・フレール ーキャトル座ー

9月28日(木)18:30開演 新歌舞伎座(大阪)

最新の情報はレ・フレールオフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイトはこちら

■今回の体験レッスン会場

(株)有隣堂 横浜ミュージックサロン
住所:神奈川県横浜市西区北幸1-1-8 エキニア横浜6F
JR横浜駅西口から徒歩1分
TEL:045-290-3008
受付時間:10:00~22:00
※夏期、年末年始等で休業する場合があります。

■無料体験レッスン受付中!「ヤマハ大人の音楽レッスン」

TEL:0570-075808(9:30~17:30/土・日・祝日休)
※全国一律市内通話料金でご利用いただけます。
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小山田圭吾さん「唯一の趣味が音楽だった」

14716views

エース・フレーリー

音楽ライターの眼

2018年9月、エース・フレーリーが来日。キッスの名曲オンパレードとなるか

9184views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

3377views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

8529views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

620views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

6088views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

2339views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2237views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

10310views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

1306views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2347views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3566views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

620views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3434views

音楽ライターの眼

「ゴルトベルク変奏曲」を弦楽器で聴く歓び

885views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

11274views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1487views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

4032views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1754views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3537views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

11862views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1843views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13915views