Web音遊人(みゅーじん)

マリア・カラス

『マリア・カラス 伝説の東京コンサート1974』が映像アップコンバート&最新リマスター音源で登場

マリア・カラスの人気は没後40年を経た現在でも、いっこうに衰えることがない。不世出のディーヴァは世界中の人々に愛され、いまなおその個性的で表現力豊かな歌声は人々の記憶に強い刻印を記している。

特に、得意としたベッリーニの「ノルマ」、ドニゼッティの「ランメルモールのルチア」、ヴェルディの「椿姫」、プッチーニの「トスカ」などのオペラ・アリアは、他の追随を許さないほどだ。

加えてカラスの劇的な人生が私たちをひきつけ、過酷なまでの人生との戦いが全面的に反映されたその歌声に、ひとりの人間の生きざまを見る思いがし、歌から離れられなくなってしまうのである。

私がマリア・カラスのナマの歌声を聴いたのは唯一の来日公演が行われた1974年10月のこと。カラスは美しい真紅のドレスを身にまとい、共演者のテノール、ジュゼッペ・ディ・ステファノにエスコートされて優雅な笑みを浮かべながらステージに現われた。気性がはげしく、喧嘩っ早く、「雌虎」とあだ名されていたのが嘘のように楚々とした感じだったため、不思議な感覚にとらわれた。もっと情熱的な人を想像していたからである。

だが、その思いは歌が始まった途端、一掃された。カラスは「カルメン」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「ジャンニ・スキッキ」などのアリアを次々にうたったが、完全にひとつの役になりきり、オペラの舞台を思わせる迫真の演技を見せたからである。

確かに、もう声は往年の輝きを失ってはいたが、胸の奥に深い感動をもたらす印象深い歌声だった。

終演後の楽屋での様子も忘れることができない。近くで見るカラスは長身でエレガント。真っ赤な口紅とネイルカラーがよく似合っていた。楽屋を訪れた関係者や友人のひとりひとりに「ありがとう」「うれしいわ、ありがとう」といってていねいに握手をし、おだやかな笑みを見せていた。

晩年、カラスは声が衰え、恋にも破れ、孤独だったといわれているが、私にはこのときの幸せそうな姿が深く焼き付いている。

これまでカラスの録音は数多くリリースされているが、この来日公演のDVDがリリースされることになった。1974年10月19日のNHKホールにおけるライヴ映像である。ピアノは、ロバート・サザーランドが担当し、カラスとディ・ステファノを好サポート、各オペラの名アリアをたっぷりと堪能することができる。

カラスはひとつの役を徹底的に研究し、掘り下げ、楽譜の裏側に潜むものに肉薄し、完全に自分のものになるまで練習し、舞台に臨んだ。彼女は母親に愛されず、友人も少なく、恋も成就せず、ひたすら音楽に命を賭けた人生を送った。子どものころから過食症で太り気味だった自分を変えたいと、あるとき極端なダイエットを行って体重を落とし、美しい歌姫へと変貌を遂げた。
しかし、絶頂期は短く、1965年には41歳でオペラの舞台から引退している。ここに聴く数々のアリアは、いずれの曲もドラマチックで情熱的で役になりきった演技力が歌声から伝わってくる。不滅のディーヴァの貴重な記録である。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

■アルバムインフォメーション

没後40年記念企画『マリア・カラス 伝説の東京コンサート1974』
没後40年記念企画『マリア・カラス 伝説の東京コンサート1974』
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2017年10月25日
価格:6,500円(税抜)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

3923views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.6

4412views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

7635views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

26334views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

7390views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

9407views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

11705views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

4565views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

7632views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

4211views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2926views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5173views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

4303views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7283views

ルッカの生家前にあるプッチーニの像

音楽ライターの眼

フィギュア・スケートの選手たちに愛されるプッチーニの『トゥーランドット』 vol.1

10519views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

5674views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4670views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

3350views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7579views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2926views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

43588views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3842views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15161views