Web音遊人(みゅーじん)

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

ブライアン・セッツァー・オーケストラが2018年1月、ジャパン・ツアーを行った。

古き良きロカビリー&スウィングに熱気あふれるタイムレスなリード・ギターを乗せて、元気いっぱいのステージ・パフォーマンスで世界の音楽ファンを魅了するブライアン・セッツァー。1981年、ストレイ・キャッツでの初来日以来、いったい何度日本を訪れただろうか。今回のジャパン・ツアーはブライアン・セッツァー・オーケストラの25周年を記念するアニヴァーサリー・ツアーとなった。

18人編成のビッグ・バンド「ブライアン・セッツァー・オーケストラ(BSO)」での活動についてブライアンは「人件費が大変なんだよね……」とボヤいており、「ロカビリー・ライオット」「ナッシュヴィランズ」などでの少人数のライヴ活動も行われている。だが、ゴージャスなビッグ・バンド・サウンドとギターのせめぎ合いが生み出す昂揚感は何にも代えがたい。BSOとしては2014年5月以来となる日本公演(2016年2月にはロカビリー・ライオットで来日)は札幌から福岡まで日本列島を縦断、東京では3公演が行われる大規模なものとなった。

東京最終公演となった東京ドームシティホールでのショーは、アリーナがほぼ満員。バルコニーの入りも上々で、その人気を改めて実感した。BSOのメンバーがぞろぞろとステージに上がり、最後に今晩のヒーローが姿を現すと、早くも場内の温度が急上昇する。観衆の年齢層はやや高めで、会社帰りとおぼしきお父さんやお母さんも多くいたが、彼らの心の髪型はリーゼントとポニーテイルだ。

BSOの25周年を記念するセレブレーションということで、最初から代表曲のオンパレード。「ペンシルヴァニア6-5000」「フードゥー・ヴードゥー・ドール」「ジス・キャッツ・オン・ア・ホット・ティン・ルーフ」と、ホット・ロッドのように爆音を上げて突っ走る。それからテンポを落とすが、演奏されるのがストレイ・キャッツの「気取りやキャット」なので、観衆はクールダウンする余裕を与えられず、熱くなる一方だ。彼らがようやく一息つくことを許されたのはサント&ジョニーの名曲「スリープウォーク」のレイドバックした演奏だった。

「ダーティ・ブギ」「ジャンプ・ジャイヴ&ウェイル」「ランブル・イン・ブライトン」など、アクセルを踏み込んで突っ走るショーの展開。前述の「気取りやキャット」では”お約束”の「ピンク・パンサーのテーマ」をカットするなどそれぞれの楽曲をよりタイトに凝縮したステージは、誇張でなく息をつく間もないものだった。

25周年の”お祭り”ということで、このままグレイテスト・ヒッツで最後まで行くのかと思いきや、後半からはサプライズが続き、1曲1曲のイントロごとに「おおっ!」という叫び声とも溜息ともつかない声援が上がる。

2002年にペプシのテレビCM曲として発表された「セクシー・セクシー」が久々にプレイされたのは、日本のファンへのサービスだろうか。お茶の間で流れた”イチロー・ヴァージョン”ではなかったものの、一瞬野球に絡む歌詞を挿入するなどして、さらに会場を盛り上げていた。

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

今回の来日公演では、最近亡くなったアーティストたちに捧げるトリビュート・コーナーも設けられた。8月8日に亡くなったグレン・キャンベルの「ウィチタ・ラインマン」と10月2日に亡くなったトム・ペティの「ランニン・ダウン・ア・ドリーム」はどちらもブライアンの愛情と敬意が込められており、観衆はノリながらも、思わずしんみりしていた。

だが湿っぽいムードはBSOのショーに似合わない。ここでステージにはお待ちかねのゲスト布袋寅泰が登場。「ロカビリー・ブギー」と「アイ・ガット・ア・ロケット・イン・マイ・ポケット」でブライアンとギター・バトルを繰り広げる。この共演は事前に発表されていたものの、知らなかったファンも少なくなかったようで、ワッと大きな声援が場内にこだました。

ライヴ本編ラストは「悩殺ストッキング」と「ロック・タウンは恋の街」。後者はトリオでもバッチリな曲だが、ビッグ・バンドのバックアップを得て、とびっきりデラックスなヴァージョンで締めくくった。

アンコール1曲目は、チャイコフスキーをビッグ・バンドでアレンジした「くるみ割り人形」だ。クリスマス・アルバム『ブギウギ・クリスマス』(2002)に収録された”季節もの”のナンバーだが、BSOの一種プログレッシヴな側面も感じさせるクラシック曲のカヴァーで、季節外れの嬉しいプレゼントとなった。

そして大団円は「イン・ザ・ムード」。実はこの日、ストレイ・キャッツの「セクシー&セブンティーン」やグラミー賞を受賞した「キャラヴァン」などは演奏されなかった。だが、スタンダード中のスタンダードであるこの名曲が飛び出してしまうと、もはや文句など垂れている余裕はない。ひたすら歌って踊って、人生を楽しんでしまうだけだ。

ブライアン・セッツァーの音楽には、まだアメリカが無垢だった時代のイノセンスが満ちている。彼の率いるどのバンドにも共通するのは、そのイノセンスを我々に惜しみなく分け与えてくれることだ。2018年、BSOは日本のオーディエンスにありったけのスリルとスマイルを振りまいてくれた。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

8205views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

1236views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

23484views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

14724views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2569views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

27197views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

8784views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

1611views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

10923views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

695views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

1407views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2640views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2569views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

3370views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを溶かし込んだギターとストリングスの魔術~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』解説

606views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

5039views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

1007views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

1657views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5375views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

1700views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

9194views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

915views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10942views