Web音遊人(みゅーじん)

シンプルに音を並べること、それがベテランが紡ぐシューベルトの世界/清水和音ピアノ・リサイタル

1981年に弱冠20歳で難関ロン=ティボー国際コンクールを制して以来、日本のピアノ界を長らく牽引してきた清水和音の、ヤマハホールでは久々となるリサイタル。

前半の演目には、過去に全曲演奏やライヴ録音も行っている十八番、ベートーヴェンのソナタより、前期の代表作である第17番「テンペスト」と最晩年の傑作として名高い第30番が選ばれた。

幕開けの「テンペスト」は、折り目正しく優雅なテンポを基調に、一音一音を大切に噛み締めるように進み、持ち前の知的な構築性をもって聴かせる。この作品は長調から短調に移行する際にテンポとディナミークが一変するのが大きな特徴だが、清水はそれをあえて穏やかに推移させることで、全3楽章の流れや構成を俯瞰できるように浮かび上がらせていた。

続く第30番も前曲と同じく、繊細でたっぷりとした歌い回しで一筆書きのように彫琢。中でも第1楽章の組み立て方が秀逸で、最初と終わりのさりげない弱音の裏に潜む音色の変化や重厚な響きを自然な流れとバランスの中に表現していたのが素晴らしかった。また、第3楽章の変奏曲では、この楽章の頂点をなすゆったりとした第4変奏を際立たせるべく、その後の複雑な対位法で編まれた第5変奏を一糸乱れぬ超高速で駆け抜けてみせる。そんな技巧派、清水ならではの至芸も前半のハイライトのひとつだったと思う。

休憩を挟んだ後半は、晩年のブラームスの内省的な作風の象徴ともいえる、作品117の「3つの間奏曲」から。清水は2016年のデビュー35周年にオール・ブラームス・プログラムで公演し、その時もこの間奏曲を弾いていたが、今回はさらに軽やかさと深みを増した秀演。テンポは遅めだが決して重くならず、第2番の難所である複雑な対位法も楽々と完璧に処理。作曲者が「わが苦悩の子守歌」と語った本作に込められた大人の悲哀や諦観をみごとに表現していた。

そしてトリを飾ったのが、シューベルトのソナタ第14番。清水がこれまでに取り上げた機会が少ない作曲家で、またシューベルトの中期ソナタの中においても演奏機会が稀なことから、ファンには貴重な時間となった。

清水は当公演に向けてのインタビューで、「シューベルトを弾く時は、ピアニストが意図的に参加し過ぎることなく、シンプルに音を並べることで美しく弾かなくてはならない」と語っていたが、この日の演奏はまさにその言葉通り。第1楽章のモティーフの反復における巧みなメリハリ、第2楽章のしなやかでダイナミックな振幅、作曲者には珍しいカノンを用いた第3楽章の緻密な運びなどを、透明な音色と冷静な解釈で淡々と弾き進み、まるで水晶の宮殿のような世界を構築。「歌曲王」のイメージが強いシューベルトの異なる一面に、鮮やかにスポットライトをあてていた。

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

 

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

4277views

音楽ライターの眼

英国ロック&ソウルの“生きる伝説”テリー・リードが2019年6月に来日

1038views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

6173views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

12971views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

3253views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

3733views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

8494views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

901views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

3371views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

2080views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

1765views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10942views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

4624views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

10923views

ジョン・コルトレーン編<5>|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.5|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

4203views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

4849views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

4719views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

2828views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

1442views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

2069views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

7533views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1582views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2640views