Web音遊人(みゅーじん)

ゆとりある時間と“学びたい欲”をオーケストラコンサートで/新日本フィル「大人のためのコンサート」

クラシック音楽シーンにおいては、ここ10年ほどを振り返っただけでも、年配の音楽ファンをターゲットとした企画が充実。平日昼間に開催されるコンサートも増加・定着し、平日夜のコンサートには足を運びにくくなった聴衆にやさしく手を差し伸べるものが多くなった。

2022年に創立50周年を迎えようとしている新日本フィルハーモニー交響楽団(以下、新日本フィル)の新シリーズ「大人のためのコンサート」も、そうした世相を反映しつつ、コンサートへ足を運んで生のオーケストラを聴くことが人生の新しい楽しみになるよう提案をする企画だといえるだろう。

「会社で長く仕事をしてきた方が定年を迎えるなどして新しい人生を送るようになり、ゆとりある毎日の中でご自身の充実感をどこに求めるのか、どうやって過ごしていくのかということがあると思います。その選択肢のひとつに、心を豊かにしてくれる音楽があり、オーケストラによる生の演奏を聴くことで豊かな感性を育んだり、幸せな気分を味わったりしていただけたら素晴らしいというのが、このコンサートの趣旨です」(新日本フィル 事務局企画担当者)

たしかに平日昼間のコンサートには、年配のご夫婦やお友達連れが多い。中にはこれまでクラシック音楽にさほど興味を抱かなかったが、のんびりと癒やされるような印象から足を運び始め、結果的に新しい知識を得る喜びも味わっている方も増えていると聞く。作曲家の時代背景や曲の成り立ちなど、クラシック音楽は知識欲を軽く刺激してくれるという側面もあるため、大人になってからあらためて学ぶ意欲をおぼえている人たちには注目されているのだ。

「若い頃は、クラシック音楽を聴くことに興味がなかったり、学校の勉強の延長に感じられたりした方がいらっしゃるかもしれませんが、社会人生活を送る中で趣味嗜好が変わったり、新しい世界に魅力を感じるようになることもあるでしょう。また、子どもの頃にレコード鑑賞で聴いた音楽が、いつまでも記憶に残っているという方もいらっしゃるはず。そういった方々に、生のオーケストラによるクラシック音楽体験をしていただけるとうれしいですね」(同担当者)

コンサートはおよそ1時間。ナビゲーターとして登場する好本惠(元NHKアナウンサー)が、演奏の合間に指揮者やソリストと楽しいトークを行い、堅苦しさを感じさせない雰囲気を演出する。また、通常はコンサートが少ない平日の午後(15時開演)であることも、このシリーズの特徴だろう。チケットの価格も一律で3,500円(全席指定)という、リーズナブルな金額であることもポイントだ。

2019年6月24日(月)に行われた第1回のコンサートは、世界各国の王室などに関連したクラシックや、上皇陛下と上皇后陛下のご成婚を祝って作曲された団伊玖磨の『祝典行進曲』など、平成から令和への改元をテーマにクラシックの名曲などを演奏。約1,800席のすみだトリフォニーホールがほぼ満員となる盛況ぶりだった。

新日本フィルは、かつて山本直純が司会を務めたテレビ番組『オーケストラがやって来た』のホスト・オーケストラでもあったため、あの楽しい雰囲気を懐かしく思い出す方がいるかもしれない。新しい趣味を開拓したい方、お友達とアートや演劇鑑賞などを楽しんでいる方などにもおすすめだが、ご両親へのプレゼントなどにも喜ばれそうだ。

第1回のコンサートの様子。左から、元NHKアナウンサーの好本惠、メゾ・ソプラノ歌手の田中展子、指揮の円光寺雅彦。

第2回は『自然と音楽 川は流れる』と題して、2019年9月30日(月)に開催。ベートーヴェンの『田園』交響曲の《小川のほとりの情景》やスメタナの『モルダウ』ほか、川をテーマにしたクラシックの名曲が演奏される。平日の午後のひととき、「大人のためのコンサート」は充実した一日を約束してくれる大切な時間になるだろう。

第2回の指揮を務める鈴木織衛とナビゲーターの好本惠。

■大人のためのコンサート ~豊かな時間のために~

会場:すみだトリフォニーホール(東京都墨田区錦糸1-2-3)
出演:新日本フィルハーモニー交響楽団
料金:3,500円(全席指定/税込)※墨田区内在住・勤・学の方は3,000円(新日本フィル・チケットボックス お電話での取扱い)

第2回 自然と音楽 川は流れる
日時:2019年9月30日(月)15:00開演
指揮:鈴木織衛
ナビゲーター:好本惠(元NHKアナウンサー)
詳細はこちら

第3回 愛と憎しみ 名曲で綴る愛憎劇場
日時:2020年2月6日(木)15:00開演
指揮:中田延亮
ナビゲーター:好本惠(元NHKアナウンサー)
詳細はこちら

■【参加者募集】楽器体験イベントTOUCH & TRY特別版 「川の流れのように」を一緒に演奏してみましょう!

新日本フィルハーモニー交響楽団とヤマハミュージックジャパンとのコラボレーションイベントの開催が決定。
ヤマハの楽器体験イベント“TOUCH & TRY”の特別版として、『川の流れのように』を皆さんで合奏します。
楽器はバイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、トランペットの計5種です。
ヤマハの専任デモンストレーターが楽器の持ち方から音の出し方まで、ていねいにレッスンします。
日時:2019年9月30日(月)12:30~13:30
応募締切:2019年9月25日 (水) 23:59
詳細はこちら

特集

沖仁さん

今月の音遊人

今月の音遊人:沖仁さん「憧れのスターに告白!その姿を少年時代の自分に見せてあげたい」

7794views

ジミ・ヘンドリックス

音楽ライターの眼

ジミ・ヘンドリックス“新作”『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』をエクスペリエンスせよ

3947views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

93942views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

5984views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

5738views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

11068views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

7810views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4106views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6509views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2794views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3007views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17685views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

4294views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7977views

音楽ライターの眼

映画『ワンダーウーマン1984』を音楽で語ってみよう

618views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

7796views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

3680views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

10264views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

3043views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

4933views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

17667views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6240views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5990views