Web音遊人(みゅーじん)

音楽の“布地”を織り出す、それぞれに個性的な“糸”/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクト Vol.2

バッハはチェンバロ1台と弦楽合奏のための協奏曲を8曲、書き残した。そのすべてを録音し、演奏会で披露する企画を、鍵盤楽器奏者の鈴木優人とバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)が昨年から進めている。このたびそれがめでたく完結。締めくくりの演奏会に足を運んだ。今回は8曲の内、「BWV1055」「1058」「1057」「1054」を聴く。

ライプツィヒに転勤してからバッハは、同地の楽団コレギウム・ムジクムの演奏会のために、さまざまな協奏曲や管弦楽組曲を作曲した。この時期のチェンバロ1台と弦楽合奏のための協奏曲にはすべて、異なる独奏楽器による原曲が存在する。この日は冒頭の「BWV1055」を除き、いずれも元の作品がはっきりしている協奏曲ばかり。原曲と編曲とを比較できるので、楽器を移し替える際のバッハの工夫がよく見える。

たとえば2曲目の「BWV1058」。これは「ヴァイオリン協奏曲イ短調BWV1041」を原曲とする。ヴァイオリンは隣り合った弦を完全5度(半音7つ分)で調律するので、音程を飛んだり跳ねたりするのが得意。一方、チェンバロは半音または全音で鍵盤が隣り合っているので、音階を上り下りするようなパッセージで力を発揮する。バッハはそうした楽器の特性を活かして編曲している。つまり、もともとは起伏のあった旋律を、滑らかに上下するメロディーに代えている。

BCJの演奏からは、そんなバッハの工夫がよく聴こえてくる。音楽の“布地”を織り出す“糸”がそれぞれ個性的で、それでいてほかを邪魔しないからだ。各楽器ひとりの最小編成ということもあるが、それぞれのパートがきちんと方向性のある音を出すのがその理由。弦楽器奏者は弓を上下に動かすときの力加減の違いを、曲を駆動させるエンジンとして使ったり、緊張感の移り変わりを描く絵筆として利用したりする。チェンバロも弦楽器も、音域が変わると音色が変わる。奏者はそれを演奏に活かす。そうすると音域それぞれに違った個性が現れる。その違いが複数の“登場人物”を描き分けていく。

3曲目の「BWV1057」に登場したリコーダーも素晴らしかった。こちらは《ブランデンブルク協奏曲》第4番が原曲。2本のリコーダーとチェンバロが独奏を担当する。笛の細やかな息づかいが音に勢いと方向性とを与える。だから拍子のギアチェンジ(ヘミオラ)するところも、気持ちよく“ダンスのステップ”が収まる。

名手ぞろいのオーケストラを、チェンバロの独奏を受け持ちつつ引っ張っていった鈴木優人に拍手。アンコールにスペインの舞曲ラ・フォリアに基づく即興曲を弾いたことにも驚かされた。いったん退場した演奏者たちが、チェンバロ、リコーダー、コントラバスと徐々に舞台に戻ってくる。やがて即興から滑らかに「BWV1057」最終楽章のフーガへ。趣味の佳さがすみずみまで行き届いたこの企画を締めくくるにふさわしい、洒落た“ピリオド”だった。

 

澤谷夏樹〔さわたに・なつき〕
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。2003年より音楽評論活動を開始。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞受賞。2011年度柴田南雄音楽評論賞本賞受賞。著書に『バッハ大解剖!』(監修・著)、『バッハおもしろ雑学事典』(共著)、『「バッハの素顔」展』(共著)。日本音楽学会会員、 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)会員。

特集

Web音遊人_上原ひろみ

今月の音遊人

今月の音遊人:上原ひろみさん「初めてスイングを聴いたときは、音と一緒に心も躍るような感覚でした」

13897views

ニューイヤー・コンサート2018

音楽ライターの眼

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2018は、14年ぶりにムーティが指揮台に立つ

3663views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

2178views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

7458views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

5165views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

10218views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

9561views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3572views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4064views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2357views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2048views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13819views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

11962views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

6614views

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラム・プレイ、若き俊英のピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

音楽ライターの眼

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラムプレイやピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

2536views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

3914views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

2747views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

5116views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

6026views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

2466views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

10559views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

738views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13819views