Web音遊人(みゅーじん)

連載3[ジャズ事始め]ジャズが芽生えるための土台は黒船がもたらしてくれた?

前回、神奈川の久里浜に上陸した黒船の音楽隊が「ヤンキードゥードゥル」を演奏したことに触れた。1853年7月14日の出来事だ。

上陸の許可を出したのは、病床の第12代将軍・徳川家慶に代わって対応した、老中首座の阿部正弘。

黒船は、一部の国にしか交易ルートを開放していなかった徳川幕府に対して、アメリカ合衆国が通商を迫るために派遣したもの。ちなみに、当時、日本と国交があったのは、朝鮮国(現在の=以下同様=大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国)、琉球王国(沖縄県)、清朝(中華人民共和国)、ネーデルラント連邦共和国(オランダ王国)のみだった。

アメリカの言い分は、限られた国にしか交易ができる権利を与えていないのは不平等であるというもので、米大統領の親書を携えてその解消、すなわち開国を迫ろうとした。

もちろん、穏便な話し合いによって折り合いを付けるのが望ましいのだろうけれど、それ以前の再三にわたるアメリカからの打診を幕府が断っていた(あるいは無視していた)こともあり、艦船を率いた海軍代将のマシュー・カルブレイス・ペリーは「武力解決もやむなし」との心づもりだったようだ。

さて、幕末史はひとまずおいて、武力行使もあり得た通商交渉団に、なぜ音楽隊が随行していたのかを考えてみよう。

実は、自軍の戦意高揚と敵軍への威嚇効果のひとつとして楽隊の演奏があることは、メフテルと呼ばれたオスマン帝国軍の軍楽隊によってすでに知られていた。

16世紀から17世紀にかけて、オスマン帝国が2回にわたりオーストリアの都・ウィーンを包囲(第1次・第2次ウィーン包囲)した際にも随行した軍楽隊メフテル。18世紀になって、その旋律がヨーロッパで流行することになる。

その影響を受けたと言われるモーツァルトのピアノソナタ第11番第3楽章「トルコ行進曲」は18世紀後半、ベートーヴェンの「アテネの廃墟」第4曲「トルコ行進曲」は19世紀初頭に作られている。

一方、西欧列強は、ラッパや太鼓で構成される威圧的な音響効果に着目し、制服で整然と行進する軍隊とともに、盟主の威信を示すものとして軍楽を活用するようになる。

ペリーはこうした前例を踏襲し、久里浜上陸時にはアメリカ国歌とともに、流行の「ヤンキードゥードゥル」もその威嚇効果を踏まえて演奏したものと考えられる。

日本もその圧倒的なリズムと音色に魅せられ、効果に気づいた幕府が長崎に伝習所(=養成所)を設置して、オランダ式の軍楽(蘭式太鼓)を習得できるようにしている。

また、開国後の1863年以降は、居留地として定められた横浜を防衛するために来日したイギリス軍やフランス軍によって、それぞれのスタイルの軍楽が日本にもたらされる。

伝習所で教えていたオランダ式は太鼓信号のみであったのに対して、イギリス式にはラッパも加わっており、これを薩摩藩が採用。後の明治政府では、海軍に引き継がれることになる。

一方のフランス式はラッパ信号のみを用いるもので、幕府のほか長州藩で採用され、こちらは陸軍が引き継いだ。

この時点ではまだジャズとの関係は見えてこないのだけれど、この軍楽に携わった人たちが、実は明治期の日本のポピュラー音楽において重要な役割を担うようになることは容易に想像できるだろう。

そして、こうした土台があったからこそ、日本では一気にジャズが開花したに違いない。

次回は、なんとか「日本のジャズの開花」にたどり着きたい……。

参考:『ブラスバンドの社会史 軍楽隊から歌伴へ』(阿部勘一、細川周平、塚原康子、東谷護、高澤智昌)青弓社、2001年

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

5653views

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

音楽ライターの眼

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

1515views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

8164views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

602views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

10172views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

5790views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

11796views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4994views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

16876views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

1732views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2971views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17553views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

3753views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7140views

音楽ライターの眼

音楽の“布地”を織り出す、それぞれに個性的な“糸”/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクト Vol.2

1831views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

7176views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1079views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

2578views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

13585views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2965views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

17680views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3666views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5015views