Web音遊人(みゅーじん)

「ミ♪」と「ラ♪」に仕掛けが?!ここにしかないストリートピアノを楽しもう「ヨコハマミライト」

独自の雰囲気を漂わせ、いつの時代も人を惹きつける港町、横浜。なかでも、今も開発が続くみなとみらいは、世界中の人々が訪れる人気のエリアだ。昼と夜とでは、まったく違った表情を見せるのも魅力だろう。

夜のみなとみらいエリアをイルミネーションで鮮やかに彩る「ヨコハマミライト~みらいを照らす、光のまち~ Directed by NAKED」が、2019年11月14日から始まった。2019年は、前年よりさらにエリアを拡大。横浜駅東口からみなとみらい駅付近のさくら通りまでをつなぐ、全長約1.5キロメートルの街並みが光で包まれる。

(写真左)横浜駅東口を出てすぐの「はまみらいウォーク」、(写真右)みなとみらい地区の「さくら通り」。

横浜のイメージカラーといえば、やっぱりブルー。青い海を彷彿とさせるブルーのイルミネーションに導かれて歩を進めると、シャンパンゴールド、ホワイト、ウォームホワイトなど、趣が異なる光の演出が迎えてくれる。幻想的な世界は、あたかも港町を舞台にした光の海の物語のよう。途中にあるすずかけ通り歩道橋の階段には今回から新たにグラフィックアートが施され、アートと光のコラボも楽しめる。

すずかけ通り歩道橋の階段は、見る角度によって表情を変える。

メインエリアは、横浜美術館とマークイズみなとみらいの間をつなぐ美術広場。この空間の主役は、なんといっても光の街並みに溶け込むように設置された「トレリスストリートピアノ」だ。
ここ数年、世界中で注目され、設置が広がっているストリートピアノ。誰でも自由に演奏できるとあって、そのファンは多い。だが、このストリートピアノはふつうとはまったく違う。

ピアノを弾いてみると「!」。なんと、光が踊り出した。「プロジェクションマッピング×ストリートピアノ」という、これまでに 類を見ない試みなのだ。テーマは、光の海を旅する“Voyage(ヴォヤージュ=航海)”。海のなかに沈んで眠っている星を、ピアノを弾くことで目覚めさせるイメージなのだとか。
音を奏でるたびに、光はさまざまに変化していく。音の強弱によっても、4種類の異なる光が登場。また「ヨコハマミライト」という名にかけて、「ミ」と「ラ」を弾いたときには、特別な星が輝く。
さらにピアノを弾き始めると、まるで一緒に歌い出すかのようにサウンド・エフェクトが鳴りはじめ、次第にフェイドアウトする仕掛けも。これは、音楽を奏でられなくても、ピアノを弾くことで“何かが起こる”楽しさを感じられるよう導入したのだそう。

ピアノのまわりの“光の海”がキラキラと広がっていく「トレリスストリートピアノ」。

実は、これらはMIDIデータを使うことで光が変化するという仕組みになっている。音階や音の強さなどのMIDI信号をグラフィックソフトに取り入れ、音に応じたいくつかの映像パターンをプログラミング。演奏するとそれらのパターンを組み合わせた映像がつくられ、プロジェクターで投影される。そうした仕掛けにより、ここでしか味わえないロマンチックな演出が実現したわけだ。
ピアノは、MIDIデータが使える仕様のヤマハのアコースティックピアノ。また、ピアノが置かれたスペースの上部四隅にはヤマハのスピーカーシステム(VXS5×4)が設置され、豊かなサウンドエフェクト音を響かせている。

親子や友だち同士、カップル、そしてひとりで……。さまざまな人がここで足を止め、思い思いにピアノを弾き、音を奏でていく。演奏者がつくり出すそれぞれの景色は、弾いている本人だけでなくギャラリーの心もつかむ。

思わず写真や動画に収めたくなってしまう、ヨコハマミライトや横浜の夜景・イルミネーションを被写体としたフォトコンテストも開催されているので応募してみてはいかがだろう。また、ヨコハマミライト公式インスタグラムでは、ハッシュタグキャンペーンも実施中だ。光のまちを散策し、光をまとった音楽をぜひ楽しんでほしい。

■ヨコハマミライト~未来を照らす、光のまち~ Directed by NAKED

横浜駅東口方面からみなとみらいエリア「さくら通り」まで続く、全長約1.5kmにも及ぶイルミネーションやストリートピアノを使ったインタラクティブ型のイルミネーションなど、子どもから大人まで楽しめる。
企画・演出は、クリエイティブカンパニーNAKED(ネイキッド)。2020年2月16日(日)まで。
詳細はこちら

特集

五嶋みどり

今月の音遊人

今月の音遊人:五嶋みどりさん「私にとって音楽とは、常に真摯に向き合うものです」

9076views

Z EXPRESS BIG BAND - Web音遊人

音楽ライターの眼

スタンダードジャズから吹奏楽ナンバーまで、20人の凄腕たちが魅せた熱いステージ/Z EXPRESS BIG BAND

5171views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3616views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

17156views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6914views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

13052views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4302views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3617views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7541views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4870views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4487views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18976views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

1555views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8096views

音楽ライターの眼

ジョージアから世界の舞台へと飛翔したピアニスト、マリアム・バタシヴィリ

1925views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3555views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4870views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

8035views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

6614views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

3779views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

45222views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

3149views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18976views