Web音遊人(みゅーじん)

音楽家としてのキャリアを切り拓く!チャンスをつかんだフレッシュな音楽家たちの「成功の秘訣」

10人の音楽家による「成功の秘訣」をまとめた『音楽で生きていく!』は、演奏家、指揮者、作曲家、さらには三弦奏者も含む多彩な顔ぶれの若き音楽家たちのインタビュー集だ。日頃は音楽で思いを伝えている表現者たちが、みずからのキャリアという、音楽誌などであまり語ることのないテーマを、飾ることなく率直に語っていて興味深い。
著者は、文筆家としても知られるピアニスト、青柳いずみこ。これまで多くの著名人のインタビューを手がけ、本音を引き出す手腕への評価も高い。同じ音楽家という目線から柔軟に話題を展開し、ときにはまるでアンサンブルのような掛け合いを生みだす。本書のためにすべて行われたインタビューは、豊かな多様性をもつ青柳にしかできない、一歩も二歩も踏み込んだ臨場感と説得力に満ちている。

登場するのは、脇園彩(メゾソプラノ)、川口成彦(フォルテピアノ)、會田瑞樹(打楽器)、佐藤俊介(バイオリン)、田村響(ピアノ)、村松稔之(カウンターテナー)、本條秀慈郎(三弦)、森円花(作曲)、川瀬賢太郎(指揮)、上野星矢(フルート)。20代後半から30代前半のフレッシュな10人だ。
「新しいことや自分が知らないことを知るのを恐れない、知らない世界に飛び込むことをいとわない、何に対しても開いて向き合う」(脇園)
「自分のまわりのものに対して『なぜか』と問いかけ、自分で答えを出す」(佐藤)
「音楽のためにも芸術のためにも、架け橋をどんどん作っていきたい。芸術性を追求する信念を曲げないからこそ、それができる」(森)
こうした力のこもった言葉の数々は、音楽に限らず、将来の選択に迷っている人たちに大きな力と勇気を与えてくれるだろう。

また、固定観念に縛られることなく、独自の発想で音楽家としてのキャリアを切り拓き、躍動する彼らの姿もストレートに描き出される。
19歳でランパル国際フルート・コンクールに優勝した上野星矢は、2018年にみずからサントリーホールを借り、『Music for Children』と銘打ったリサイタルを開催。小学生から大学生まで、ふだんクラシックのコンサートに行く機会のない若者たち1000人を招待した。企業と個人、それぞれのスポンサー枠で賛同者を集めコンサートは大成功。次の年も成功をおさめ、今後は開催都市を広げていく構想だという。誰かに頼るのではなく、「自分でアイディアを出して、自分の強みを出せるスタイルで活動していく」という言葉に、「音楽で生きていく」という強い信念が感じられる。
「音楽は趣味でやったほうがいい」と言われ、一度は挫折を味わいながらも指揮者になる夢を持ち続けて音楽大学指揮科に進学。東京国際音楽コンクール2位を機にプロとしてのチャンスをつかんだ川瀬賢太郎。大学4年生の中ごろまで悶々と過ごすなか、自己カウンセリングを重ねることで、指揮を師事していた広上淳一にしだいに認められていく。そこに至るまでの日々からは、苦悩の渦中にあってもブレずに自分自身と向き合い続ける姿が映し出され、胸に迫るものがある。

青柳は、こうした音楽家たちの思考が、幼い頃の育った環境によって形成されたという視点も見逃さない。彼らがどのように夢を描き、両親はそのために何を与えたのか。子どもとの接し方や教育環境のあり方、支援の仕方などのくだりは、音楽家を目指すか否かにかかわらず、子育て世代への強いメッセージになっている。
「彼らの話を聞いて、こうやって道を切り開くこともできたのかと、いっとき落ち込んだ」(あとがきより)と記した青柳は、読者にこうも語りかけている。「本書を読む方々には、まだじゅうぶんにチャンスがある。思いがけない視野を開いてくれる彼らの言葉に耳を傾けてみよう」

■作品紹介

『〈対談〉音楽で生きていく!10人の音楽家と語るこれからのキャリアデザイン』
著者:青柳いづみこ
発売元:アルテスパブリッシング
発売日:2019年11月12日
価格:2,000円(税抜)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人:諏訪内晶子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:諏訪内晶子さん「音楽の素晴らしさは、人生が熟した時にそれを音で奏でられることです」

10142views

音楽ライターの眼

日本のジャズ・ピアノ界を代表する3人のクラシック観についての私感

2739views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

1865views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

8475views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

1472views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

4398views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

1696views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2980views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

16229views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3206views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2878views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16713views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5506views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

7036views

音楽ライターの眼

連載8[ジャズ事始め]“天下の台所”が呼び込んだ“ジャズで踊る”という最先端の流行

450views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

7339views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2896views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

6058views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

6276views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2678views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

8411views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4675views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16713views