Web音遊人(みゅーじん)

離れていても音楽でつながっている~2020年のPMFは、修了生たちの演奏動画をWebで配信!

20世紀を代表する指揮者・作曲家、レナード・バーンスタインによって札幌に創設された国際音楽教育祭、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)。1990年の創設以来、未来のクラシック音楽シーンを担う若手音楽家の育成に貢献するとともに、札幌に夏の訪れを告げる風物詩として多くの人々に愛されてきた。
しかし、2020年は新型コロナウィルスの影響で、30年にわたる歴史のなかで初めて中止が決定。一方で、こんな時期だからこそ生まれた取り組みもある。人々に勇気や希望を与える音楽の力を信じて立ち上げたオンライン・プロジェクトPMF Connectsだ。

PMF修了生が作成したPMF Connectsのロゴ。この修了生は、PMFの期間中いつもホワイトボードなどにユニークなイラストを描いていたので、ロゴの作成を依頼してみたところ、快諾してもらえたそう。

例年ならば、7月上旬に幕開けし、約1か月にわたって開催されるPMF。期間中は、厳しいオーディションで選抜された若いアカデミー生たちと、彼らを指導する一流の教授陣が世界中から札幌に集まる。教育の成果は、札幌を中心に開かれるさまざまな演奏会で披露。公演数は毎年40回ほどにもおよび、札幌が誇るコンサートホールKitaraや野外ステージなど多彩な会場で、オーケストラ、リサイタル、室内楽などを楽しむことができる。アカデミー生たちによる演奏だけでなく、主要オーケストラの首席奏者らで構成される教授陣の演奏を気軽に聴くことができるのもPMFならではの魅力。美しく短い札幌の夏を彩るこの音楽祭を、2020年も心待ちにしている人は多かったはずだ。

PMFの開催は中止になったけど、なにかできることはないだろうか。PMF Connectsは、組織委員会スタッフのそんな思いから生まれた。目指したのは、その名の通り、音楽でつながること──。
きっかけは、PMF教授陣のひとりであり、ベルリン・フィルのホルン奏者であるサラ・ウィリス氏が、2018年PMFの修了生と一緒にアンサンブルの動画を作成してSNSに投稿したことだった。ほかにも修了生や教授陣のアーティストたちが、演奏動画や音楽でこの状況を乗り越えようというメッセージなどを発信。そこで、世界中にいるPMF関係アーティストや修了生に声をかけて動画を寄せてもらい、配信することになった。

(画像左)遠く離れたメンバー同士の演奏動画をひとつにまとめ、アンサンブルのように。(画像右)過去のPMFの演奏動画も公開。こちらは2018年に札幌コンサートホールKitaraで収録されたもの。

配信は2020年4月20日にスタートし、投稿は日々増加中。82件、のべ147人のアーティストたちが参加している(同年6月8日現在。今後もどんどん増える予定)。これまで約30年にわたり、世界77の国と地域に3,700人を越える優秀な音楽家を輩出してきたPMFだからこそできるプロジェクトだろう。世界中にいる修了生たちはPMFでの経験を大切に思い、また離れていても音楽でつながっているということを、たとえこのような状況下になかったとしても常に感じているのだという。
動画はほとんどが数分程度で、多彩な楽器の演奏を手軽に楽しめるのはオンラインならでは。遠く離れたアーティストがアンサンブルしていたり、ひとりで何役もこなしたりするなどリモートでしか叶わない演奏もアップされている。アーティストの普段着の姿が見られるなど、奏者との距離が近く感じられるのもうれしい点。また、バーンスタインの曲や祈りを込めた曲などPMF Connectsのために選曲された演奏動画も見どころ、聴どころのひとつだ。さらに、過去のPMFの動画も配信されているので、じっくり音楽鑑賞するのもいいだろう。
「演奏だけでなく、寄せてくれたメッセージがたくさんある」。「今年のPMFがここで行われているようでうれしい」。閲覧者からはそんな声が聞かれる。
人と人とをつなぐ音楽の力をあらためて感じさせてくれる──それがPMF Connects。そして、そのすばらしい音楽を今度は生で楽しみたくなること間違いなしだ。

■PMF Connects

PMFの過去の演奏やPMF教授陣・修了生などから送られた演奏・メッセージなど、90本近くの動画が公開されている。
(2020年6月現在)
詳細はこちら

特集

岩崎宏美さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岩崎宏美さん「中学生のころ、マイケル・ジャクソンと結婚したいと思っていたんですよ」

5730views

ジョン・コルトレーン編<5>|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.5|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

5803views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

7928views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

805views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

6388views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

3590views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7413views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2865views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8087views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

2171views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2543views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5044views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

5815views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

13441views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

5711views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

5742views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

3622views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

9150views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2131views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2543views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

55315views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2569views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5044views