Web音遊人(みゅーじん)

連載21[ジャズ事始め]空前のジャズ・ブームの陰で“新しい発見”を求める同志が出逢っていた

穐吉敏子が、当時の日本のジャズ・シーンとは別の道を模索するため、アメリカへ旅立つ前の1953年(昭和28年)。

彼女が新たに作ったバンド、コージー・クァルテット(第2次)にひとりの若いサックス奏者が加わった。まだ20歳になったばかり。高校卒業後に栃木・宇都宮から親に2年という猶予をもらって上京し、東京や横浜の外国人向け社交場や箱根のホテルなどへの出演でメキメキと頭角を現していたのがその人、渡辺貞夫だ。

「渡辺貞夫は、私の知る限りでは、日本で最初のチャーリー・パーカー系統のプレイヤーで、音はどちらかというとジャッキー・マクリーンに近かった。素晴らしいテナー・サックス奏者、ジェイムス・ムーディが『アイム・イン・ザ・ムード・フォー・ラヴ』という流行歌を使った『ムーディズ・ムード・フォー・ラヴ』という演奏があったが、それをそっくりそのまま演奏していた。そのようなプレイヤーは当時、彼一人だったように思う」(引用:穐吉敏子『ジャズと生きる』岩波新書)

ところで、コージー・クァルテットの“cozy”とは「和気あいあい」を意味する。このころの穐吉はそれまで夢中で練習に励んでいたスウィング・スタイルから、輸入され始めたビバップ・スタイルへと興味が移り、「毎日毎日ダンスのための演奏をするのが嫌になってきていた」(引用:前掲書)という心境だったようだ。

自分が興味をもったスタイルのプレイを披露できる場はほとんどなく、強行すればクビになるという繰り返し。渡辺貞夫も同様で、こうした“志はあるが不遇な演奏家”にとっての“居心地の良いバンド”を作りたいという穐吉の想いが吐露されたネーミングだったのではないだろうか。

渡辺貞夫側から見たコージー・クァルテットは、「(その演奏スタイルは)ビ・バップから抜け出たものであり、マイルス・デヴィス九重奏団による『クールの誕生』やMJQの一連の演奏に注目し、グループ・サウンドの重要性をしきりに説いてい」て、「入ったときは夢中で、毎日が新しい経験の連続だった。毎日毎日、自分が進歩していくのがわかるという感じで、日々新しい発見があり、勉強することも山ほどあった」(引用:渡辺貞夫『ぼく自身のためのジャズ』徳間文庫)と、共感していたことが伝わる文章でその印象を綴っている。

ちょうどこの時期、日本では“空前の”と形容されるようなジャズ・ブームが巻き起こっていたのだけれど、前述のようにブームのそれとは異なるスタイルに傾頭していた穐吉敏子や渡辺貞夫にスポットライトが当てられるわけではなかった。

そのことが本稿のテーマに深く関係していそうなので、次回からそのあたりを掘り下げてみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

5374views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.1

2547views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

13475views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

39332views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5420views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

17938views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

5040views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5905views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18441views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

2128views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3340views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19253views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2673views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6967views

音楽ライターの眼

2019年11月来日。エレクトリック・ギターの名手ジミー・ヘリングが原点となったギタリスト達を語る

3230views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

3412views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5732views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

4851views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3918views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3027views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

70129views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

704views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6536views