Web音遊人(みゅーじん)

『スター・トレック』のカーク船長がブルース・アルバムを発表!?ウィリアム・シャトナー『The Blues』

ウィリアム・シャトナーがニュー・アルバム『The Blues』を2020年10月、海外で発表する。

TVシリーズ『スター・トレック/宇宙大作戦』のカーク船長がブルースのアルバム!?と驚く人もいるだろう。そう、まさにウィリアム・シャトナーその人である。アルバム・ジャケットではテンガロンハットを被った彼がアコースティック・ギターを背負っている。

収録されているのはブルースあるいはブルース・ロックのクラシックスだ。ロバート・ジョンソンの「スウィート・ホーム・シカゴ」、アルバート・キングの「悪い星の下に」、B.B.キングの「ザ・スリル・イズ・ゴーン」、マディ・ウォーターズの「マニッシュ・ボーイ」、クリームの「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」などを歌っている。

いや、“歌っている”というのは正確な表現ではないだろう。彼のヴォーカルは歌詞を“語る”のに近いものだ。彼は筆者(山﨑)とのインタビューでこう語っている。

「クリスマス・アルバム『Shatner Claus』が好セールスを記録したことで、レコード会社からブルース・アルバムを作らないかというオファーがあった。カナダのモントリオールで生まれ育った白人の小僧だった私はブルースを全然知らないし、どうアプローチしていいのか判らなかった。そんなとき気付いたんだ。音楽と歌詞に導かれて、心のままに表現すればいいんだってね」
「『アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー』(オーティス・ラッシュの曲)の歌詞には「when you hear me moaning and groaning(唸り、呻くのをお前が聞くとき)」という一節があった。カーク・フレッチャーのギターが私と共に唸って、呻いてくれたんだ」

実はシャトナーの歌手キャリアは長く、1968年にデビュー・アルバム『The Transformed Man』を発表している。この作品で、メロディを歌うのでなく、大仰な抑揚をつけて“語る”、ある意味スポークン・ワードに近いヴォーカル・スタイルは確立されており、『スター・トレック/宇宙大作戦』のファンや音楽ファンのみならず、“変なモノ”好きのストレンジ/モンド・ミュージック・ファンからも注目を集めてきた。

現在のシャトナーの芸風が開花したのが、2011年の『Seeking Major Tom』だ。エレクトロニック/インダストリアル・ミュージックや奇抜なラインアップによるトリビュート・アルバムで知られる“クレオパトラ・レコーズ”からのリリースとなった同作では、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディー」をジョン・ウェットンと、ディープ・パープルの「スペース・トラッキン」をジョニー・ウィンターと、デヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」をリッチー・ブラックモアと、ザ・ティー・パーティーの「エンプティ・グラス」をマイケル・シェンカーとレコーディング。無闇に豪華なゲスト・パフォーマー陣が色を添えている。

続く『Ponder The Mystery』(2013)ではスティーヴ・ヴァイやアル・ディ・メオラ、クリスマス・アルバム『Shatner Claus』(2018)ではイギー・ポップやヘンリー・ロリンズとの夢の(?)共演も実現。そんな一連の作品の成功を踏まえて今回リリースされたのが『The Blues』なのである。

過去作と同様、本作も豪華なゲスト・ギタリスト陣が参加している。サニー・ランドレスやスティーヴ・クロッパー、アルバート・リー、ハーヴェイ・マンデル、パット・トラヴァース、ジェフ“スカンク”バクスター、カーク・フレッチャー、ロニー・アールなどの実力者たちが集結。それぞれの見事なプレイを聴かせている。

ただ、だからといって自らのスタイルを崩すことがないのがシャトナーだ。本作でも大仰な“語り”を貫いており、メロディに走ったりはしていない。

1931年に生まれ、本作のリリースの時点で89歳というシャトナーゆえ、そんなゲスト陣、そしてアルバムの曲の大半は知らなかったという。B.B.キングの「ザ・スリル・イズ・ゴーン」ではリッチー・ブラックモアとの再合体が実現しているが、「リッチーは素晴らしいギタリストだね。『スモーク・オン・ザ・ウォーター』?その曲は知らないなあ」と語っている。

だが、彼にとって本作は単なる余技ではなく、レコーディングを前にしてアーサー・アダムスを自分のオフィスに招き、20世紀初めのアメリカ黒人ブルースマンが綿花を摘みながら歌うのを再現してもらうなど、あくまで本気でアプローチ。ディープなヴォイスを聴かせてくれる(アダムスは本作でアルバート・キングの「アズ・ザ・イヤーズ・ゴー・パッシング・バイ」に参加)。

なお、シャトナーがこれまで日本を訪れたのは一度のみ。2015年にアメリカのTV番組『Better Late Than Never』のロケで来日している。ぜひ彼がブルースを“語りまくる”ライヴを日本で行って欲しいものだが、新型コロナウイルスの流行、彼自身の高齢、そもそもライヴ活動をほとんどやっていないことから、実現は難しいかも知れない。

ただ、エンタープライズ号の船長として宇宙を股にかけて旅してきた彼のこと。いつかまたきっと、日本に戻ってきてくれるだろう。

■インフォメーション

ウィリアム・シャトナー『The Blues』

発売元:アメリカ・Cleopatra Records
発売日:2020年10月
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

6386views

徳永二男(ヴァイオリン)、堤剛(チェロ)、練木繁夫(ピアノ)

音楽ライターの眼

名手3人が醸し出す、音の会話の楽しさ奥深さ/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.4

2277views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

10541views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

25356views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7261views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

7047views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2200views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2762views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

17817views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6067views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3631views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15424views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

3553views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

17817views

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

音楽ライターの眼

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

3300views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

6664views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6067views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

8611views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

11380views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2775views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

16621views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3474views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15424views